バットマン3部作 ダークナイトシリーズ(トリロジー)はこの順番でみるべし

この記事で解決できる要点
  • シリーズの基本情報
  • シリーズの考察&裏話
  • ジョーカーに学ぶ人生の教訓

ジョンさん

読者が知りたいダークナイトシリーズのポイントを全て網羅しました。日本一わかりやすいダークナイト解説記事です。

映画ライフ楽しんでますか?

今回はダークナイト シリーズに初挑戦する人向けに、分かりやすく解説します。

このシリーズを見ずして何を見るのだと。

バットマンといえば、DCコミックス。

近年のアメコミ映画は、マーベル勢が猛威をふるっています。

マーベルの親会社はウォルト・ディズニーでして、元々は独立した会社でしたが、ウォルトディズニーが約3700億円で買収済み(2019年)

まず、上記の2つを頭に入れておきましょう。

MEMO
 

MCU〜マーベルコミックスに登場するキャラクターたちが、架空の同じ世界観を共有し展開される作品群の総称。

MEMO
 

DCEU〜DCコミックスに登場するキャラクターたちが、架空の同じ世界観を共有し展開される作品群の総称。

ダークナイトシリーズについてSNSでアンケートを取ってみました。

圧倒的にダークナイト人気が高いですね。

本記事を読むことで、あなたもダークナイトシリーズをマスターできます。

さあ、本題スタートです。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ダークナイトシリーズ(トリロジー)

ダークナイトシリーズ

©ダークナイト

通称、ダークナイト・トリロジーThe dark knight trilogy

クリストファー・ノーラン監督により製作された、一連のバットマンシリーズ3部作を指します。

歴代バットマンシリーズにおいて、最も評価されている3部作です。

シリーズ作品は次の通り。   

  1. バットマン・ビギンズ(2005)
  2. ダークナイト(2008)
  3. ダークナイト・ライジング(2012)

3部作全てにおいて、ストーリーが繋がっています。

ダークナイトの評価が異常に高い理由もあり、パート2からシリーズに挑戦する人が多い印象が強い。

スーパーマンに匹敵する歴史あるキャラクターバットマンの歴史を知っておくと、本シリーズの楽しみ方が増えます。

 

バットマン ビギンズ(作品情報)

バットマンビギンズ

©バットマン ビギンズ

公開日

2005年6月18日

原題

Batman Begins

上映時間

141分

キャスト

  • クリスチャン・ベール
  • マイケル・ケイン
  • ケイティ・ホームズ
  • モーガン・フリーマン
  • ゲイリー・オールドマン
  • キリアン・マーフィー
  • リーアム・ニーソン
  • 渡辺謙

予告編

公式サイト

バットマン・ビギンズ

考察レビュー

デヴィッド・S・ゴイヤーが脚本に加わり、クリストファー・ノーラン監督とタッグを組んだシリーズ第1弾。

彼はブレイドの脚本を書いたことで有名な人物です。

ブレイドはマーベル映画初のヒット作品として知られおり、ダークナイト・トリロジーはこのバットマン・ビギンズなしに語ることは出来ません。

全ての始まりはバットマン・ビギンズなのです。

ケイティ・ホームズは、ヒロイン役にふさわしかった。

バットマン・ビギンズの原作に唯一、登場しないキャラクターがレイチェル・ドーズです。

正直、ツッコミどころは多くありました。

バットマンは人を殺さない信条ですが、余裕でやっちゃってますしね。

例えば、劇中クライマックスシーン。

マイクロ波放射器で下水を気化させて幻覚剤の拡散を防いだシーンがありました。

人間も普通に考えて気化しますよね。(人間は身体の7割以上が水分で構成されているため)

とはいえ、バットマン・ビギンズのゴッサム・シティ描写はよかったです。

霧が立ち込めるオレンジがかった風景、どんよりとした描写が最高でした。

ダークって感じがします。

DC映画は、ダークがよろしい。

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.5)

1 2 3 4 5