バットマン3部作 ダークナイトシリーズ(トリロジー)はこの順番でみるべし

シリーズ最終章であるライジング。

シリーズ最長の上映時間でして、完成度は高い。

3部作となれば1作品くらいは駄作と思う作品があるんですけど、ダークナイト トリロジーは違いました。

僕は、全て面白いと思いましたね。

ダークナイト・ライジング

 The Dark Knight Rises

公開日

2012年7月28日

上映時間

165分

キャスト

  • クリスチャン・ベール
  • トム・ハーディ
  • アン・ハサウェイ
  • マイケル・ケイン
  • モーガン・フリーマン
  • ジョセフ・ゴードン・レヴィット
  • ゲイリー・オールドマン

予告編

公式サイト

ダークナイト・ライジング

コメント

ダークナイト・トリロジー最終章。

キャッチコピーは、伝説が、壮絶に、終わる 

上映時間は驚愕の2時間45分。トイレにもいけません。

新たな顔ぶれであるキャット・ウーマン、ベイン、ジョン・ブレイクが登場し、ダークナイトから8年後が描かれます。

ゴッサム・シティを救うため、爆弾と共に爆発したバットマン。

世間から死んだと思われていましたよね。クリスファー・ノーラン監督らしい最後でしたね。

1人の監督がアメコミ映画シリーズ3部作を全て撮りきったのは、サム・ライミ監督のスパイダーマン3部作以来、史上2人目です。

映画『 インセプション 』をみた人なら分かると思いますが、最後にコマがテーブルの上でグルグルと回っていたシーン。

それが現実なのか?非現実なのか?わからないまま終わりました。

エンディングで執事のアルフレッドは、カフェでブルース・ウェインを見かけるんですよね。

これが現実か非現実かは、観客の想像にお任せという形で映画が完結するのですが、後になってバットマンを演じたクリスチャン ベールは、これは現実だという意見を明らかにしました。

あなたはどう思いますか?

ぼくは、現実だと思いました。

トリビア

トリビアについて、まとめました。

主にヒース・レジャー中心のトリビアです。

ダークナイトの病院爆破シーンは、ヒース・レジャーのアドリブといわれていましたが、アドリブではないことが判明しました。

誰だよアドリブの話を広めたのは(笑)

  • 犯行声明ビデオは、ヒース・レジャーが撮影
  • ジョーカーのナース服ネームプレートは、ヒース・レジャーの娘マチルダちゃんの名前
  • 尋問シーンは、本気で殴っている
  • ジョーカーのメイクはヒース・レジャーが考案
  • トルコに存在するバットマンという地名。バットマンの市長は、無断で地名を利用したとしてクリストファー・ノーランとワーナーブラザーズ相手に訴訟を起こした
  • ヒース・レジャーは役作りのため部屋に6週間こもってジョーカー像を作り上げた
  • ノーラン監督は、1台数億円のIMAXカメラを撮影中に壊す
  • ヒース・レジャーはアカデミー賞 助演男優賞を受賞(コミック映画史上初の演技部門受賞)
  • 多くの本物の警察官たちがエキストラに参加

まとめ

DCEUシリーズではないですが、めちゃくちゃ見応えのあるシリーズです。

クリストファー・ノーラン監督は、もともと3部作を構想していたわけではなかったのをご存知でしょうか?

彼は、続編にふさわしいストーリー構成がない限り、続編制作は困難だったと語っています。

続編のストーリーラインが定まったのは、2008年頃と言われており、デヴィッド・S・ゴイヤーのスクリプトをもとに、ノーラン監督の弟ジョナサンが脚本を作りあげました。

紆余曲折をへて、完結したダークナイト トリロジー。

映画史に残るシリーズです。

シリーズをまだ全てみていないそこのあなた。

是非、シリーズを制覇しましょう。

DC単独映画ジョーカー新バットマン公開が決定しています。

新バットマンは3部作構想でして、バットマンを演じるのは、ロバート・パティンソンです。

今後のDC映画に注目です。