バットマン3部作 ダークナイトシリーズ(トリロジー)はこの順番でみるべし

ダークナイト

The Dark Knight(2008)

公開日

2005年8月9日

上映時間

152分

キャスト

  • ブルース・ウェイン役(クリスチャン・ベール)
  • ジョーカー役(ヒース・レジャー)
  • アルフレッド・ペニーワース役(マイケル・ケイン)
  • レイチェル・ドーズ役(マギー・ギレンホール)
  • ルーシャス・フォックス役(モーガン・フリーマン)
  • ハービー・デント役(アーロン・エッカート)
  • ジェームズ・ゴードン役(ゲイリー・オールドマン)

ダークナイト3部作の中でも最も評価の高い作品が、ダークナイトです。

『闇の騎士』ダークナイトは、バットマンビギンズから9ヶ月後のストーリーを描く。

シンプルに表現するのであれば、ジョーカーの映画でありヒースレジャーの映画です。

ヒースレジャーの凄まじい演技により、主役のバットマンが霞んでますw

どのアメコミヒーローにもヴィランと呼ばれる悪役が存在。

その中でも例えば、スーパーマンの宿敵 レック・スルーサー、スパイダーマンの宿敵 グリーン・ゴブリンといった、いわば、生涯最大の敵のような悪役ヴィランが必ず存在します。

これはダークナイトに登場するジョーカーにも当てはまるでしょう。

ジョーカーは、バットマンにとっての生涯最大の宿敵です。

歴代のバットマン映画でジョーカーを演じた俳優は5人いますが、こればかりは個人的な好き嫌いが分かれるところです。

僕はヒースレジャーのジョーカーが一番好きです。理由はジョーカーとしての完成度が一番高いからです。

詳しくは前回の記事で詳しく紹介しましたので是非、参考にしてください。

DC映画の歴代最高ジョーカーは誰なのか。バットマン最大の宿敵ジョーカーを語る。

ダークナイトの良さがわからないという人がいますが、これは間違いなくアメコミ映画史に残る作品です。

作品の好き嫌いは人それぞれなので、駄作と思うのなら、それはそれでありだと思いますはい。

ただ、これを駄作と呼ぶそこのあなた!相当センスがないですよw

ヒースレジャーが生きていたら続編でジョーカーが登場していた可能性は、かなり高かっただけに残念です。

コミックス原作の映画で俳優がオスカー像を受賞したのは、ヒースレジャーが史上初です。