▶︎▶︎映画・アメコミ情報の無料メルマガ

DC映画の歴代最高ジョーカーは誰なのか。バットマン最大の宿敵ジョーカーを語る。

パブロくん

今回は、歴代ジョーカーについて語っていくよ。時間があったらみてくれ。

シーザー・ロメロ

歴代ジョーカーといえば、ジャック・ニコルソンから始まるイメージが強いですが、初代はシーザー・ロメロ

1966~1968年にかけて放送されたTVドラマ 『バットマン』(邦題は怪鳥人間バットマン)。

ジョーカー役として出演したのが、シーザー・ロメロ。

DCコミックスがシリアス路線になったのは、1980年代からです。

1960年代は、まだまだコメディ的な要素が強かった時代。

初代ジョーカーのシーザー・ロメロを知らない人がほとんどですね。

バットマンの歴史、旧バットマンはこの順番でみるべし

ジャック・ニコルソン

1989年公開 ティム・バートン監督作品『バットマン』

ジョーカーを演じたのは、ジャック・ニコルソン。

今につながるジョーカー像を作ったのがジャック・ニコルソンといっても過言ではありません。

顔を白く塗りたくるメイク、口が裂けるメイク、独特な高笑い。狂った感がでていてよかったですよね。

ティム・バートン版バットマンは、少しコメディ要素が含まれてましたよね。

今ほどアメコミが世間的に認知されていない時代。

しかも大物俳優がアメコミ映画にヴィラン役(悪役)で登場するのはかなりレアなことでした。

ジャックニコルソンは、ジョーカーの狂気を見事に演じます。

ヒース・レジャー

2008年公開 クリストファー・ノーラン監督作品『ダークナイト』にてジョーカー役を演じたヒース・レジャー

歴代のジョーカーで、最も高い評価を受けたヒース・レジャー。

ヒース・レジャーは、ジャック・ニコルソンが作り上げたジョーカーのイメージを圧倒的な演技力により、レジェンド化することに成功。

ダークナイトについては賛否両論あり、作品が好きな人、嫌いな人にかなりハッキリ分かれます。

今回は、作品の良し悪しは触れないでおきますね。

ヒース・レジャーが演じたジョーカーについては、完成度がマジで高いです。

ヤバイですよこの人。

もうジョーカーそのものに完全になりきってましたね。

残念ながらダークナイト公開前に急死したヒース・レジャー。

彼は死後、アカデミー助演男優賞(オスカー)を受賞。故人のオスカー受賞は史上2人目の快挙。

ジャレッド・レト

2016年公開 デヴィッド・エアー監督作品『スーサイド・スクワッド』にてジョーカー役を演じたジャレッド・レト。

ヴィジュアルは最高なジョーカーだったと同時にもっとも残念だったジョーカーでもあります。

残念というのは、出演時間ですよ。

映画を通しておそらく10分もジョーカーが登場しなかったですよね。

ジョーカー登場するシーン自体はかなり撮影したそうですが、無念の大幅カット。

彼も本当にストイックな俳優ですからね。

ジョーカーを演じたジャレッド・レトは、相当悔しかったはずですよ。

スーサイド・スクワッド自体がかなりの駄作だっただけに、ジョーカーのシーンまで大幅カットとはこれは本当に残念な映画でしたね。

本当にジョーカーめちゃくちゃかっこよかったのにね。

ガーディアンズオブギャラクシー3(GOTG3)の無期限延期とジェームズガン騒動の結末。アベンジャーズ4への影響は? ジェームズガンがDCへ転職!スーサイドスクワッド新作の脚本担当に決定!監督の可能性もあり

ホアキン・フェニックス

トッド・フィリップス監督作品『ジョーカー』

2019年10月4日より米国公開予定。日本公開は未定。

ジョーカー役はホアキン・フェニックスが演じます。

ジョーカー姿の写真も公開されていますが、ヒースレジャージョーカーに風貌が近いですね。

DC単独映画『ジョーカー』気になるジョーカー役とDCEU作品との関連性は?ジョーカー誕生の秘話が明かされる。

彼の演じるジョーカーがどう評価されるのか。来年以降に明らかになります。

新たなジョーカー像を見せてくれることでしょう。大いに期待しましょう。

まとめ

簡単に歴代ジョーカーを振り返ってきました。こうして振り返ってみるとジョーカー役を演じる俳優は、かなりの名優揃いであることがわかりますね。

初代シーザー・ロメロ、2代目ジャック・ニコルソン、3代目ヒース・レジャー、4代目ジャレッド・レト、5代目ホアキン・フェニックス。

DC映画(DCEU)はこの順番でみるべし

 ↓ ↓ ↓