映画ライター募集中

DC映画の歴代最高ジョーカーは誰なのか、バットマン最大の宿敵ジョーカーを語る

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

ジョーカーは、バットマン最大の宿敵。

人気の高いキャラクターだけに、演じる俳優にも注目が集まりますね。

今回は歴代のジョーカーを演じた俳優を紹介していきます。

永久保存版ですよ!

サクッといきましょう。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
  (アイキャッチ画像含む)

 

シーザー・ロメロ

歴代ジョーカーといえば、ジャック・ニコルソンから始まるイメージが強いですが、初代はシーザー・ロメロです。

1966~1968年にかけて放送されたTVドラマ 「 バットマン 」(邦題は怪鳥人間バットマン)

ジョーカー役として出演したのが、シーザー・ロメロ。

DCコミックスがシリアス路線になったのは1980年代でして、1960年代はまだまだコメディ的な要素が強かった時代でした。

初代ジョーカーのシーザー・ロメロを知らない人がほとんどかと思います。

ジョーカーを語るうえでバットマンの歴史は無視できません。

ジャック・ニコルソン

1989年公開 ティム・バートン監督作品「 バットマン 」

ジョーカーを演じたのは、ジャック・ニコルソンです。

現在につながるジョーカー像を作ったのがジャック・ニコルソンといっても過言ではありません

顔を白く塗りたくるメイク、口が裂けるメイク、独特な高笑い。

狂った感がでていてよかったですよね。

ティム・バートン版バットマンは、少しコメディ要素が含まれてましたよね。

今ほどアメコミが世間的に認知されていない時代。

大物俳優がアメコミ映画にヴィラン役(悪役)として登場するのはかなりレアなことでした。

ジャック・ニコルソンは、ジョーカーの狂気を見事に演じたのです。

ヒース・レジャー

2008年公開 クリストファー・ノーラン監督作品「 ダークナイト 」にてジョーカー役を演じたヒース・レジャー

「 ダークナイト 」は、歴代のジョーカー作品で最も評価が高い。

ヒース・レジャーは、ジャック・ニコルソンが作り上げたジョーカーのイメージを圧倒的な演技力により、レジェンド化することに成功。

ダークナイトについては賛否両論あり、作品が好きな人、嫌いな人にかなりハッキリ分かれます。

今回は、作品の良し悪しは触れないでおきますね。

ヒース・レジャーが演じたジョーカーについては、完成度がマジで高いです。

もうジョーカーそのものに完全になりきってましたね。

残念ながらダークナイト公開前に急死したヒース・レジャー。

彼は死後、アカデミー助演男優賞(オスカー)を受賞。故人のオスカー受賞は史上2人目の快挙です。

 

 

ジャレッド・レト

2016年公開 デヴィッド・エアー監督作品スーサイド・スクワッド 」にてジョーカー役を演じたジャレッド・レト

ヴィジュアルは最高なジョーカーだったと同時に、もっとも残念だったジョーカーでもあります。

残念というのは、出演時間のこと。

映画を通しておそらく10分もジョーカーが登場しなかったですよね。

ジョーカーの登場シーンは多く撮影されましたが、無念の大幅カット。

彼も本当にストイックな俳優ですからね。

ジョーカーを演じたジャレッド・レトは、相当悔しかったはずです。

スーサイド・スクワッドは駄作だった上に、ジョーカーのシーンまで大幅カットされて本当に残念な映画でしたね。

クリストファー・ノーラン監督のダークナイトシリーズ(トリロジー)をまとめました。

ホアキン・フェニックス

トッド・フィリップス監督作品「 ジョーカー 」

本国アメリカでは社会現象にまで発展。

日本国内においては、過去10年間で公開されたアメコミ映画の中では、エンドゲームに次ぐ歴代2位の興行収入を記録しています。

ジョーカー役はホアキン・フェニックスが演じます。

ジョーカー姿の写真も公開されていますが、ヒース・レジャーのジョーカーに風貌が近いですね。

新たなジョーカー像を見せてくれました。

▶︎ ジョーカー(レビュー)

1 2