さあ、映画ライターになろう

【 考察・解説 】映画「 TENET テネット 」黒幕の正体とアルゴリズム、エントロピー増大の法則を理解するべし

TENET テネット

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

超話題作「 TENET 」を見てきました。

面白かったのか?

面白くなかったのか?

結論、1度目はあんまり面白くなかった。これには理由があります。

クリストファー・ノーランは、時系列シャッフルオタクとして有名でして「 メメント 」「 インセプション 」が分かりやすい例です。

僕が歴代ノーラン作品で最も難解だと感じた作品は「 インターステラー  」でしたが、今作はその上を行く超難解作品。

これはいくら何でもやりすぎ(笑)

1度で理解する作品ではなく、少なくとも3回は見ないと楽しめない作品だと感じました。

ノーラン作品だから面白い!

傑作だ!

と言えばそれまでなのですが、僕は自分の感情を素直に文章にしたい人間なので、SNSで「 TENETヤバイ最高!」とかですね、

そういうのを見て便乗して「 TENET傑作じゃん!」とはならないんですよね。

一晩明けてTENETがどうなったのか?

と自問自答したらですね、

つまらなかった

という結論に至りました(笑)

「 お前はノーランを分かっていない 」と思われるでしょう。

誤解されたくないので説明すると「 つまらなかった 」というのは、あくまでも1度目を見た後の感想ですよ。

超難解すぎて理解不能なり、作品を感じようとしましたが、色々考えすぎて感じる間もなく終わったというのが本音です。

2、3回と見ていくうちに面白い作品だと思える作品ですよこれは。

テネットよりもノーラン作品の「 ダークナイトシリーズ 」の方が好きだけど。

恐らくノーランは、観客が今作を1度で理解してくれる想定はしていません。

何度も見る前提で「 テネット」を製作しているはずなので、2度目はIMAXで見てきました。

これ程のレビューを書いたのは、去年の「 ジョーカー 」以来。

本記事を読んで少しでも多くの人が「 TENET テネット面白いじゃん! 」となれば嬉しいです。

これで僕のTENET任務は完了しました。

前置きが長くなりました。

サクッといきましょう。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより引用 
(アイキャッチ画像含む)

TENET テネット(作品情報)

TENETTENET テネット

公開日

2020918

上映時間

151分

キャスト

  • クリストファー・ノーラン(監督)
  • ジョン・デヴィッド・ワシントン
  • ロバート・パティンソン
  • エリザベス・デビッキ
  • ディンプル・カパディア
  • クレマンス・ポエジー
  • ヒメーシュ・パテル
  • マイケル・ケイン
  • ケネス・ブラナー

予告編

公式サイト

TENET テネット

作品評価

勝手に評価
映像
(5.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(5.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(5.0)

複数回みないことにはレビューしようがないという珍しい作品ですね。

という意味でリピード度は5にしました。

クリストファー・ノーラン作品(一覧)

ノーラン作品は、過去にレビュー記事を書きましたので是非チャレンジを。

どの作品もノーランスタイル炸裂って感じです。

「 TENET テネット 」を見る前にノーラン作品を全て制覇している人にとっては、今作がノーランの集大成だと実感することでしょう。

  1. Following2001
  2. メメント(2001
  3. インソムニア(2002
  4. バットマン ビギンズ2005
  5. プレステージ(2006
  6. ダークナイト(2008
  7. インセプション(2010
  8. ダークナイト ライジング2012
  9. インターステラー(2014
  10. ダンケルク(2017
  11. TENET2020

 

ネタバレ・感想レビュー

TENET テネット

好きだった点

今までに見たこともないような斬新な映像でした。

「 理解するより感じろ 」がノーラン作品なので、1度目は感じる間もなく映画が終わってしまいました(笑)

エリザベス・デビッキ可愛すぎました。

TENET テネット

彼女は、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.2で女王アイーシャを演じていました。

渋谷のTOHOシネマズで見たのですが、終わった後にエスカレーター逆行している人いましたよ。

嫌いだった点

難解すぎて目と頭が疲れてしまった。

これほど難解にする必要が果たしてあるのだろうか?

ノーランの伝えたいメッセージがあるのだろうけれど、楽しむにはハードルが若干高いと感じました。

苦手な人は苦手なのかなとも。

恐らく、1度見てまた劇場へ!

もう2回目はいいかな!

というパターンに分かれる作品ですね。

過去のノーラン作品を制覇している人は、また見たいと思うんじゃないですかね。

見どころ

やはり時間逆行でしょう。

現在軸と過去軸で進むタイムライン。

過去軸に行った人間は、全てが逆行に見えるという。

今作のような映画が過去にあったかと聞かれたら恐らくない。

それほど斬新な作品であったのは間違いない。

IMAXで見るべし

1度目は通常の劇場で、2度目はIMAX劇場にて観賞。

通常の劇場でも楽しめますが、感じるならIMAX一択。

臨場感や迫力が全然ちがいます。

IMAXで見るのであれば、中央の後方がベスト。

是非IMAXで「 TENET テネット 」を楽しむべし。

1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。