▶︎▶︎映画・アメコミ情報の無料メルマガ

バットマンの歴史、旧バットマンはこの順番でみるべし

DCコミックス

TVドラマ 

皆さんはDCコミックスのヒーローといえば誰を思い浮かべますか

きっと多くの人が、バットマンと答えるでしょう。

近年でいえば、クリスチャン・ベールが演じたバットマン、ベン・アフレックが演じたバットマンが有名ですね。

バットマンが広く知られるようになったのは果たしていつからなのでしょうか?

1966~1968年にかけて放送されたTVドラマ バットマン。(邦題は怪鳥人間バットマン)

主人公のバットマンと相棒のロビン。

2人は陽気なキャラクターとして共にテレビに登場。

このTVドラマ バットマンが少しずつ多くの人に認知され広まっていきました。

シリアス路線へ


DC映画といえば、マーベル映画に比べてシリアスなイメージが強いですよね。

DCコミックスがシリアス路線へ舵を切ったのは、1980年代のです。

もっと明確にいえば、1985~1986年にかけてDCコミックスからクロスオーバー作品『クライシス・オン・インフィニット・アース / Crisis on Infinite Earth』が出版され、

DCコミックスは、DCユニーバースの歴史をないものとして、全作品をリブートしました。

要は今までのストーリー構成やキャラクターたちの背景などを1度リセットしたわけです。

これ以降、DCコミックスは現代に至るまでシリアス路線で展開されてきました。

DCコミックスの重要人物

フランク・ミラー

現代のバットマン像を強固なものにした人物がいます。

バットマンの歴史を語るうえで覚えておきたい人物、コミックライターのフランク・ミラーです。

現代最高のライターとも呼ばれる人物。

『バットマン・ダークナイト・リターンズ』(1986)

『バットマン・イヤーワン』(1987)

フランク・ミラーはこの2つのストーリー構成を担当し、ダークナイト・リターンズでは作画も担当。

DCコミックスのバットマンの他にも、マーベルコミックスのデア・デビルもフランクミラーの作品です。

フランク・ミラーの描くバットマンが超絶的な人気を獲得したことで、

様々なコミックライターによるバットマンコミックスは増えていくことになります。

バットマンのコミックスでいえば、

アラン・ムーア

1988年にはアランムーア作『バットマン・キリング・ジョーク』が出版。

この中にはバットマンやジョーカー、ゴードン警部補、娘のバーバラ(バット・ガール)が登場します。

ジョーカーが狂気のキャラクターとして描かれています。

アラン・ムーアは、フランク・ミラーと同じく現代最高のコミックライターと言われています。

1989年にはグラントモリソン作『バットマン・アーカム・アサイラム』が出版。

これはコミックスですが、絵を見てるだけで満足できるほど、絵が芸術の域です。

1度みてみることをおすすめします。

このようにコミックスから始まったバットマン人気は、やがて実写版の映画制作まで進展していくことになります。

旧作バットマン

ティム・バートン版

バットマン(1989)

1989年、ティム・バートン版バットマンが公開。

バットマン役はマイケルキートンが抜擢されます。

バットマン リターンズ(1992)

1992年、バットマン リターンズが公開され、キャットウーマンとペンギンがヴィランとして登場。

ジョエル・シュマッカー版

バットマン フォーエバー(1995)

1995年、監督はティム・バートンからジョエル・シュマッカーに交代。バットマン役も交代となります。

バットマン&ロビン Mr フリーズの逆襲(1997)

1997年、バットマン&ロビン Mr フリーズの逆襲が公開。

これは、興行的に大失敗に終わります。

主人公バットマン役は、同じ俳優で固めるべきでしたね。

クリストファー・ノーランが『ダークナイト・トリロジー』としてバットマンシリーズをリブートさせるまで、

第1作品~第4作品までの一連のバットマンシリーズは幕を閉じます。

1997年~2005年のバットマン・ビギンズまでの8年間、何の作品も公開されていなかったのかというと、そうでもありません。

バットマン3部作 ダークナイトシリーズ(トリロジー)はこの順番でみるべし

TVアニメシリーズ

この空白の8年間に大車輪の活躍をみせたのが、DCコミックスのTVアニメシリーズです。

テレビアニメ版

TVアニメ

『バットマン』
(1992~1995年、1997~1999年)

『スーパーマン』
(1996~2000年)

『バットマン・ザ・フューチャー』
(1999~2001年)

『ジャスティス・リーグ』
(2001~2006年)

DCコミックスは、抜け目なくTVアニメシリーズでもバリバリ営業していましたね。

『バットマン・ザ・フューチャー』ではハーレイ・クイン が登場します。

今では超人気キャラクターですが、ハーレイ・クインは、アニメ版から原作コミックスへの逆輸入なのです。

まとめ

このようにフランク・ミラーから始まった原作バットマン〜ティム・バートン版バットマン、

クリストファー・ノーラン版ダークナイト・トリロジーまでのバットマン歴史を振り返ってきました。

時代と共にバットマンのイメージ像もきっと変化していくことでしょう。

DC映画(DCEU)はこの順番でみるべし