スーパーマンの歴史【 DCコミックス 】

今では、マーベルとDC映画の人気により、たくさんのアメコミキャラクターたちが世間に認知されるようになりました。

アメコミの時代を作った立役者であるスーパーマン。

今回は、SFブーム〜スーパーマンについて解説します。

画像の引用元:IMDb公式サイトより引用 

SFブーム到来

1970年代

1970年代のアメリカは、当時SFブームの時代。

未知との遭遇、スター・ウォーズが公開された年でもあります。

未知との遭遇

スター・ウォーズ

今ではアメコミ映画やSF映画にスター俳優が多く出演していますよね。

当時のSF映画はいまでいうB級映画の扱いだったため、スター俳優が出演するジャンルではなかったのです。

1970年代にスターウォーズが大ヒットしたものの、大スター級の俳優がSF映画に出演することはほぼ皆無だったのです

スーパーマン

クリストファー・リーヴ

スーパーマン制作にあたり難航したのが、スーパーマン役は誰がやるのかという事でした。

最終的にスーパーマン役を手にしたのは、当時無名俳優だったクリストファー・リーヴ

スーパーマン

ひと昔前の映画世代では、スーパーマン=クリストファー・リーヴというほど、抜群の知名度を誇ります。

紆余曲折を経て公開されたスーパーマン(1979)は世界的大ヒットとなります。

スーパーマンの音楽を担当したのが、ジョン・ウィリアムズ。

ジョン・ウィリアムズ

作曲家なのですが、この人はガチな天才です。

天才とはこの人みたいな人をいうんです。

皆さんが聞いたことある映画のテーマ曲に彼の作曲した曲がほぼ間違いなく入っています。

代表的な曲でいえば、

ジョーズ、スター・ウォーズ、スーパーマン、ホーム・アローン、ET、インディー・ジョーンズ、

ジュラシック・パーク、ハリー・ポッター、他にも数えきれないほどです。

日本国内でも公開されその年の洋画部門では1位となっています。

1970年代の日本はアニメブームがあった時代で、実写版のヒーロー映画の存在感はかなり薄かった時代。

まとめ

過去のヒーロー実写ブームがスーパーマン(1979)公開により、再び日本でも盛り上がりを見せはじめたのでした。

というわけで、スーパーマンは本当にすごいんです。

スーパーマンが果たした役割はかなり大きい。

そんなスーパーマンを忘れてないであげてください。