さあ、映画ライターになろう

【 スーパーマンの歴史 】マン・オブ・スティールの原点はここにあり!

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

ではマーベルとDC映画の人気により、多くのアメコミキャラクターが世間に認知されるようになりました。

アメコミ時代を作った立役者であるスーパーマン。

スーパーマンと言えば、映画「 マン・オブ・スティール 」を思い浮かべる人が多いでしょう。

「 マン・オブ・スティール 」の原点が初代スーパーマン。

初代スーパーマンの存在がなければ、DCEUシリーズのマン・オブ・スティールはなかったと。

今回は、SFブーム到来~スーパーマン誕生までを解説します。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより引用 
(アイキャッチ画像含む)

スーパーマン(SFブーム到来)

スーパーマン

1970年代

1970年代のアメリカは、当時SFブームの時代。

未知との遭遇、スター・ウォーズが公開された年でもあります。

Close Encounters of the Third Kind道との遭遇

Star Wars
スターウォーズ

ではアメコミ、SF映画にスター俳優が多く出演しています。

しかし、当時のSF映画は今でいうB級映画扱いであったため、スター俳優が出演するジャンルではなかったのです。

1970年代にスターウォーズが大ヒットしたものの、スター級俳優がSF映画に出演することはほぼ皆無でした。

スーパーマンの原点

Superman

クリストファー・リーヴ

スーパーマン製作にあたり難航したのが、スーパーマン役は誰がやるのかということでした。

最終的にスーパーマン役を手にしたのは、当時無名俳優であったクリストファー・リーヴ。  

ひと昔前の映画世代では、スーパーマン=クリストファー・リーヴというほど、抜群の知名度を誇ります。

紆余曲折を経て公開されたスーパーマン(1979)は世界的大ヒットとなります。

スーパーマンの音楽を担当したのが、ジョン・ウィリアムズ。

ジョン・ウィリアムズ

作曲家なのですが、この人はガチな天才です。

代表曲は下記の通り。

他にも数えきれないほどです。

「 スーパーマン 」公開当時、その年の国内洋画部門で1位となりました。

日本人が初めてアメコミを認知した瞬間。

1970年代の日本はアニメブーム時代でした。

実写版ヒーロー映画の存在感が弱かった時代背景をおさえておきましょう。

まとめ

史上初のアメコミヒーローたち

過去のヒーロー実写ブームがスーパーマン(1979)公開により、再び日本でも盛りあがりを見せはじめたのでした。

というわけで、スーパーマンは本当に凄いのです。

スーパーマンがアメコミ歴史に果たした役割はかなり大きい。

そんなスーパーマンを忘れてないであげてください。

ただダサいコスプレしたヒーローじゃないのです。  

▶︎ アメコミファンの勢力図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。