映画ライター募集中

「 ジュラシック・パーク〜ワールド 」シリーズはこの順番で見るべし

ジュラシックパークシリーズ

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

↓ ↓ ↓ ↓

マイクル・クライトン原作、恐竜少年でもあったスピルバーグ監督が、最新の映像技術と情熱を注いで完成させた「 ジュラシック・パーク 」

27年経った今でも映画ファンや恐竜ファンに限らず、大人から子どもまで楽しめるシリーズとして世界中で愛されています。

ジョン・ウィリアムズ作のテーマ曲は、恐竜たちの待ち受ける壮大な冒険への始まり。

▶︎ おすすめ映画シリーズ(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

 

ジュラシックパークシリーズ(公開順)

ジュラシックパークシリーズ

公開順

  • ジュラシック・パーク(1993年)
  • ロスト・ワールド / ジュラシック・パーク(1997年)
  • ジュラシック・パークIII(2001年)
  • ジュラシック・ワールド(2015年)
  • ジュラシック・ワールド / 炎の王国(2018年)
  • ジュラシック・ワールド / ドミニオン(2021年予定)

ジュラシック・パーク

Jurassic Park ジュラシックパークシリーズ

公開日

1993717

上映時間

127

キャスト

  • スティーヴン・スピルバーグ(監督)
  • サム・ニール
  • ローラ・ダーン
  • ジェフ・ゴールドブラム
  • アリアナ・リチャーズ
  • ジョゼフ・マゼロ
  • リチャード・アッテンボロー
  • マーティン・フェレロ
  • BD・ウォン
  • ボブ・ペック
  • サミュエル・L・ジャクソン
  • ウェイン・ナイト

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

恐竜遭遇の驚きと感動は、27年前に初めて劇場で見た時と全く変わらなかったです。

映像による恐竜のリアルさは言うまでもないですが、サウンドにも注目したいところ。

ティラノサウルスの鳴き声は、象、ワニ、虎、鯨の噴気孔の音、他にも数種類の動物。

そして、ブラキオサウルスには鯨の歌声が使用されています。

ストーリー展開も緊張と緩和のバランスが絶妙ですよね。

主役の2人アラン(サム)とサリーローラ)が一見地味な印象ですが、恐竜が主役なので引き立て役として素晴らしい演技をしていました。

ロスト・ワールド ジュラシック・パーク

The Lost World Jurassic Park ジュラシックパークシリーズ

公開日

1997712

上映時間

129

キャスト

  • スティーヴン・スピルバーグ(監督)
  • ジェフ・ゴールドブラム
  • リチャーズ・アッテンボロー
  • ジュリアン・ムーア
  • ピート・ポスルスウェイト
  • ヴィンス・ヴォーン
  • アーリス・ハワード
  • リチャーズ・シフ
  • ヴァネッサ・リー・チェスター

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

コスタリカの孤島イスラ・ヌブラルでのジュラシックパーク事件から4年後。

「 サイB 」と呼ばれる孤島イスラ・ソルナでは、パーク以外の恐竜たちが放置され繁殖していた。

前作の準主役であったイアン・マルコム(ジェフ)は、捜査チームと共に島を訪れるのですが、娘が隠れてついてくるという計算外の出来事に。

このシリーズでは、子どもが重要な位置を占めています。

だからこそ、スクリーンを見つめる少年少女たちは、夢中で恐竜の姿を追ったり必死で逃げ回ったりできるのでしょう

ジュラシック・パーク III

Jurassic Park III ジュラシックパークシリーズ

公開日

200184

上映時間

92

キャスト

  • ジョー・ジョンストン(監督)
  • サム・ニール
  • ローラ・ダーン
  • ウィリアム・H・メイシー
  • ジョン・ディール
  • マイケル・ジェッター
  • ティア・レオーニ
  • ジュリア・オスカー・メチョソ
  • トレヴァー・モーガン
  • アレッサンドロ・ニヴォラ

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

前2作の後日談。

ポスターには、恐竜の化石ロゴがT・レックスではなくスピノサウルスになっており、翼竜プテラノドンの影も映っています。

10年の時を経て、古生物学者のアランとサリーが再登場(シリーズ最新作にも登場予定)

2人のその後が分かるのが嬉しいですね。

今回はアランが行方不明の少年を探すために「 サイト B 」を訪ねる展開に。

映像技術の発展により、恐竜たちの種類や動きが格段にアップしているのがパート3の見どころと言えます。

 

 

ジュラシック・ワールド

Jurassic World ジュラシックパークシリーズ

公開日

201585

上映時間

125

キャスト

  • コリン・トレボロウ(監督)
  • クリス・プラット
  • ブライス・ダラス・ハワード
  • ジュディ・グリア
  • ケイティー・マクグラス
  • ニック・ロビンソン
  • ヴィンセント・ドノフリオ
  • ローレン・ラップカス
  • ブライアン・ティー

予告編 

公式サイト

なし

感想レビュー

1日に2万人が訪れる島イスラ・ヌブラル。

未完成のパークは、20年の時を経て総合リゾート施設ジュラシックワールドとしてオープン。

新種の最強種「 インドミナス・レックス 」はシリーズ最凶。

調教師オーウェンとヴェロキラプトルの交流は見どころポイントです。

元祖へのオマージュもたっぷりでして、これこそ正当なシリーズの続編!

ジュラシック・ワールド 炎の王国 

Jurassic World Fallen Kingdom ジュラシックパークシリーズ

公開日

2018713

上映時間

128

キャスト

  • JA・バヨナ(監督)
  • クリス・プラット
  • ブライス・ダラス・ハワード
  • ジェフ・ゴールドブラム
  • BD・ウォン
  • トビー・ジョーンズ
  • レイフ・スポール
  • ジャスティス・スミス
  • ジェームズ・クロムウェル

予告編

公式サイト

ジュラシック・ワールド 炎の王国

感想レビュー

ジュラシックワールドの放棄から3年。

イスラ・ヌブラルの休火山が活性化したため、最後の恐竜たちは絶滅の危機に瀕していた。

恐竜保護団体の代表クレアは、恐竜たちを救うためにオーウェンと共に島へ向かいます。

ストーリー前半、火山噴火の脱出劇は圧巻。

後半は、恐竜たちの競売会場となったロックウッド邸でして、檻から逃げ出した殺戮マシーン 「 インドラプトル 」は、まさに恐竜の姿をした悪魔そのものです。

ラストのマルコム博士演説は、まるで今の世の中を予言しているようでした。

ジュラシック・ワールド ドミニオン

Jurassic World Dominion ジュラシックパークシリーズ

公開日

2021611 日(撮影中断中)

上映時間

未定

キャスト

  • コリン・トレボロウ(監督)
  • クリス・プラット
  • ブライス・ダラス・ハワード
  • サム・ニール
  • ローラ・ダーン
  • ジェフ・ゴールドブラム
  • BD・ウォン

予告編

未発表

公式サイト

なし

感想レビュー

現在、コロナの影響により撮影が中断中となっています。

最新作ラストで、

「 我々の暮らしは非日常的な事故によって激変します。あるいは、人知を超えた不治の病も暮らしを変えます。しかし、激変が日々の暮らしの一部になることもあるのです 」とマルコムが話す。

まるで現在のコロナ騒動のことのようにも感じます。

シリーズ最終作は、恐竜と共に暮らし始めた新世界になることを暗示しているよう。

注目点は、元祖ジュラシックパークの主演 2 人(もう地味とは言いません)が再登場し、 ジュラシック・ワールドの主演2人と共演するため、恐竜と俳優からも目が離せません。

考察・疑問点

ジュラシックパークシリーズ

ジュラシック・パークの原作は?

マイクル・クライトン原作のフィクション。

クライトン作品は、科学的根拠に基づいている架空の物語が多いです。

シリーズ時系列は関連があるのか?

全て繋がっており公開順が時系列となります。

パート①、②、③の舞台は90年代。

パート④、⑤の舞台は2010年代。

各作品ごとに主人公が変わる?

  • アラン、サリー、マルコム
    (パート①)
  • マルコム(パート②)
  • アラン(パート③)
  • オーウェン、クレア(パート④)
  • オーウェン、クレア(パート⑤)

アラン、サリーは、パート⑥でも登場予定。

最強種インドミナスレックスのDNA

インドミナス・レックスは、複数の恐竜DNAを組み込んで人工的に誕生した最強種。

組み込まれたDNAは次のとおり。

  • テリジノサウルス
  • ギガノトサウルス
  • カルカロドントサウルス
  • ルゴプス
  • カエル
  • コウイカ
  • アベリサウルス
  • マジュンガサウルス
  • カルノタウルス
  • ヴェロキラプトル

シリーズの舞台は?

パート①、④、⑤の舞台は孤島イスラ・ヌブラル。

パート②、③は「 サイトB 」と呼ばれる孤島イスラ・ソルナが舞台です。

Youtubeチャンネル

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

    • 最新の映画情報
    • 映画グッズの通販情報
    • お得な割引クーポン
    • プレゼント企画

お友達に追加する

 

 

 

まとめ

ジュラシックパークシリーズ

ジュラシック・パークシリーズ最大の醍醐味は、ド迫力の恐竜映像とサウンドです。

パート①を劇場スクリーンで見て度肝を抜かれて以来、全作を劇場の前席で見るようにしています。

最新作はぜひ劇場で見てください!

自宅でシリーズを復習する時は、ヘッドフォンなどを着用して可能な限り大画面で観賞することを推奨します。

▶︎ 映画ライター投稿記事(まとめ)

↓ ↓ ↓ ↓(以下、管理人コメント

今回は、ペンネーム(@ジョナ)さんからの投稿レビューでした。

初めてジュラシックパークを見た時のことを今でも鮮明に覚えています。

大雨の降る日に親戚のお姉さんに連れられて、車内ラジオの音源と共にデパート駐車場の大スクリーンで見ました。

今で言うドライブインシアターですね。

あまり知られていないですが、パート①でCGはほぼ使用されていません。

スピルバーグが特にこだわったと言われているのがアニマトロニクス技術でして、巨匠スタン・ウィンストンからシリーズを通して受け継がれてきた技術でもあります。

この技術によりスクリーンに登場する恐竜たちがリアルに見えたわけであります。

▶︎ アニマトロニクス技術