「 ハンニバル 」シリーズはこの順番で見るべし

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

「 日々、コツコツ淡々と 」をモットーに今日もブログを更新です。

今回は「 ハンニバル 」シリーズについて。

犯罪心理学者でありながら、猟奇的連続殺人事件の犯人であるハンニバル・レクター。

人間を食べるというハンニバルの行動に多くの人が恐怖を感じたのがハンニバルシリーズです。

アカデミー賞を獲得した「 羊たちの沈黙 」を始め、ハンニバル・レクターを描いた作品はどれも恐ろしく、一度見たら忘れることは出来ません。

▶︎ 最高の映画シリーズ(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

「 ハンニバル 」シリーズ

ハンニバルシリーズ

©ハンニバルシリーズ

公開順

  1. 羊たちの沈黙(1991年)
  2. ハンニバル(2001年)
  3. レッド・ドラゴン(2003年)
  4. ハンニバル・ライジング(2007年)

時系列順

  1. ハンニバル・ライジング(2007年)
  2. レッド・ドラゴン(2003年)
  3. 羊たちの沈黙(1991年)
  4. ハンニバル(2001年)

羊たちの沈黙

ハンニバルシリーズ

©羊たちの沈黙

公開日

1991614

原題

The Silence of the Lambs 

上映時間

118

キャスト

  • ジョナサン・デミ(監督)
  • アンソニー・ホプキンス
  • ジョディ・フォスター
  • スコット・グレン

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

ハンニバル・レクターという名前を世界に広めることになったのが、この「 羊たちの沈黙 」

FBI実習生のクラリスが元連続殺人犯バッファロー・ビルを捕まえる物語ですが、犯人逮捕よりもクラリスとハンニバル2人のシーンが印象に残る作品です。

犯人のバッファロー・ビルよりもハンニバル・レクターに対する精神的恐怖を強く感じました。

ハンニバル

ハンニバルシリーズ

©ハンニバル

公開日

200147

原題

Hannibal 

上映時間

131

キャスト

  • リドリー・スコット(監督)
  • アンソニー・ホプキンス
  • ジュリアン・ムーア
  • ゲイリー・オールドマン

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

「 羊たちの沈黙 」から10年後の世界を描いたのが「ハンニバル」です。

今作は何と言ってもラストに衝撃的なシーンが待っていました。

男の頭を切断し、脳みそが丸出しになってしまうという強烈なシーンは忘れることができません。

しかも頭を切断されても男は生きていて、会話を続けるという驚愕の内容。

レッド・ドラゴン

ハンニバルシリーズ

©レッド・ドラゴン

公開日

200328

原題

Red Dragon 

上映時間

124

キャスト

  • ブレット・ラトナー(監督)
  • アンソニー・ホプキンス
  • エドワード・ノートン
  • ハーヴェイ・カイテル

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

「 羊たちの沈黙 」につながる内容になっていたのが「 レッド・ドラゴン 」です。

彼を捕まえたFBIで優秀な捜査官ウィル・グレアム。

ハンニバルによって精神的にも肉体的にも落ちいつめられた彼は、一度捜査官の任務を離れます。

そして彼もまたハンニバルの協力により、新たな殺人事件の犯人を捕まえます。

ハンニバルとウィルの知恵比べのような物語になっていました。

 

ハンニバル・ライジング

ハンニバルシリーズ

©ハンニバル・ライジング

公開日

2007421

原題

Hannibal Rising

上映時間

121

キャスト

  • ピーター・ウェーバー(監督)
  • ギャスパー・ウリエル
  • コン・リー
  • ドミニク・ウェスト

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

ハンニバル・レクターがなぜ人肉を食べるようになったか?

その理由は「 ハンニバル・ライジング 」にて明らかとなります。

これまで恐怖しか感じなかったハンニバル・レクターですが、彼が受けた幼少期の体験を知ると、彼の心が壊れてしまったことも理解できます。

戦争によって恐怖と化した人間が、1人の純粋な少年を殺しモンスターを誕生させたのです。

1 2