さあ、映画ライターになろう

「 ゴッドファーザー 」シリーズはこの順番で見るべし

ゴッドファーザーシリーズ

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

映画シリーズを極めし称号を得るため日々トレーニングしています。

特別なことは何1つしていません、はい。

今回は、見るほどに味のでるスルメ映画「 ゴッドファーザー三部作 」について。

はい、今日もサクッといきましょう。

▶︎ おすすめ映画シリーズ(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ゴットファーザーシリーズ(事前知識)

ゴッドファーザーシリーズ

本シリーズ原作は、マリオ・プーゾのベストセラー小説「 ゴッドファーザー 」

フランシス・フォード・コッポラがシリーズを通じて監督をつとめます。

彼は「 カンバセーション盗聴… 」1973年)「 地獄の黙示録 」(1979年)などで有名ですね。

ゴットファーザーシリーズ(公開順)

  • ゴッドファーザー(1972年)
  • ゴッドファーザー partⅡ(1975年)
  • ゴッドファーザー partⅢ(1991年) 

ゴットファーザーシリーズ(時系列順)

  • ゴッドファーザー partⅡ(1975年)
    ヴィトー・コルレオーネの青年時代
  • ゴッドファーザー(1972年)
  • ゴッドファーザー partⅢ(1991年)  

 

 

ゴッドファーザー

The Godfatherゴッドファーザーシリーズ

公開日

19723月15 

アカデミー賞において、作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞。

上映時間

177

キャスト

  • フランシス・フォード・コッポラ(監督)
  • アル・パチーノ
  • ジェームズ・カーン
  • ロバート・デュヴァル 

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

物語の舞台は終戦直後の1945年。

NY5大ファミリーの一角で、最大勢力を誇るイタリア系マフィア「 コルレオーネ・ファミリー 」

ドン・コルレオーネ(ヴィトー)を中心としたファミリーのお話です。

今作最大の魅力は、数々の名俳優が出演している点。

知性溢れるアル・パチーノの演技、マーロン・ブランドの威厳ある演技が素晴らしかったです。

マーロン・ブランドを照らす照明も素晴らしい(あえて頭上から照明を当てたそうです)

冒頭結婚式シーンでは、照明によって「 暗 」と「 明 」が対照的に描かれます。

 ゴッドファーザー part 

The Godfather Part IIゴッドファーザーシリーズ

公開日

1975年4月26

アカデミー賞において、作品賞・監督賞・助演男優賞・脚色賞・作曲賞・美術賞を受賞。

上映時間

200

キャスト

  • フランシス・フォード・コッポラ(監督)
  • アル・パチーノ
  • ロバート・デュヴァル
  • ダイアン・キートン
  • ロバート・デ・ニーロ

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

物語の時系列はかなり複雑でして、脚本が成り立っているのが信じられない程です。

前作でコルレオーネ・ファミリーを継承したマイケルのその後と、その父ヴィトーがイタリアから移住して力を手にするまでが平行して描かれます。

今作の素晴らしい点は、全く異なる時系列の話を違和感なく対比的に語っている点。

時間を使って「 明 」と「 暗 」を対比的に描いています。

栄華を極めていくヴィトー・コルレオーネと、裏切りや崩壊に苦しむマイケル・コルレオーネ。

セリフやナレーションに頼るのではなく、俳優の演技や作品の魅せ方にこだわった演出。

「 語るより魅せる 」そんな演出が本当に素晴らしい

2人のコルレオーネが魅せる「 明 」と「 暗 」に注目しましょう。

ゴッドファーザー part

The Godfather Part IIIゴッドファーザーシリーズ

公開日

1991年3月9

上映時間

161

キャスト

  • フランシス・フォード・コッポラ(監督)
  • アル・パチーノ
  • ダイアン・キートン
  • アンディ・ガルシア
  • タリア・シャイア
  • イーライ・ウォラック

予告編

公式サイト

なし

 感想レビュー

コルレオーネ・ファミリーのドンとして、絶大な権力を握ったマイケル最晩年の物語。

part1 」「 part2 」の冷酷で非情なマイケルではなく、彼の苦悩や懺悔、弱さが中心に描かれます。

part1 」「 part2 」には劣るものの、「 part3 」も面白い。

マフィア映画ではありますが、今作で多く描かれるのは家族についてのお話です。

マイケル・コルレオーネの懺悔や後悔、元妻のケイ、ヴィンセントとメアリーの関係性など。

そして、過去2作で描かれてきたコルレオーネ・ファミリーの大河ドラマとは違い、孤独と老いを描いた悲しいドラマでもあります。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。