▶︎ さあ、映画ライターになろう

「 ゴッドファーザー 」シリーズはこの順番で見るべし

ゴッドファーザーシリーズ

ゴッドファーザー シリーズ(考察)

ゴッドファーザーシリーズ

© ゴッドファーザーシリーズ

三部作を通して描かれる‘‘家族の愛‘‘

ゴッドファーザー三部作は、「 コルレオーネ・ファミリー 」の繁栄から衰退をヴィトー・コルレオーネとマイケル・コルレオーネを中心に描いた大河ドラマでした。

マフィア作品でもあり、家族作品でもあります。

ドンとなった2人のコルレオーネは、もともと普通の人間。

ヴィトーは真面目に仕事をし、マイケルもマフィアを嫌い大学へ行き、戦争の英雄にもなりました。

しかし、彼らは愛する家族や ‘‘ファミリー‘‘のために、冷酷で非情な人間に変貌していきます。

彼らは愛する家族 ‘‘ファミリー‘‘の存続と成長を願っていて、だからこそ、ファミリーの存続が危ぶまれると残酷になるのです。

part1 」でのヴィトーは、ファミリー存続のためにマイケルをマフィアの残酷な道に引きずり込み、

part2 」でのマイケルは、家族のためにファミリーのために妹の最愛の夫を殺すという残酷な選択をします。

ヴィトー、マイケル両者の顔に影が落ち、表情がわからない。

数々の粛清をしてきた闇なのでしょうか。

彼らは冷酷で恐ろしく見えますが、どこか悲哀を滲ませているようにも思えます。

闇を背負い、罪を全て引き受けて生きていく。

コルレオーネ・ファミリーの冷酷で非情なマフィアの物語ですが、全てはファミリーを想う愛が根本にあり、素晴らしい‘‘家族の愛‘‘(大河ドラマ)なのです。

ゴッドファーザートリロジー 」のロゴ

ゴッドファーザーのロゴといえば、あの操り人形が印象的かと。

操る側か、操られる側かというものを意味していると思います。

生前、ヴィトーはマイケルに「 コルレオーネ議員だとか、コルレオーネ知事だとか操る側になれ 」と語っています。

マイケルはいつからドンの決心がついたのか

マイケル・コルレオーネは、マフィアを嫌い大学へ行き戦争の英雄にもなりました。

しかし、「 part1 」ラストでマイケルはドンとなります。

いつ気持ちが変わったのでしょうか。

「 父さん僕が守るよ 」と発言していることから、病院で襲われた父と再開した時だと思われます。

ドンとしてファミリーを守ると決心した瞬間なのではないでしょうか。

マフィアの起源

その発祥は、中世 シチリア島のガベロットと呼ばれる農地管理人から。

彼らは農地を守るため武装し、農民を搾取しつつ、大地主や政治的支配者と密接な関係を結んでいきました。

マフィアの一部は、アメリカ大陸へ移民として渡り、同様の犯罪組織を結成し定着。

構造、形態が日本ヤクザとの違いです。

マフィアは、複合企業体という会社のような形態をとっていまして、一方で、ヤクザは互助会的な親睦団体で組合のような形態をとっているのが特徴。

 

まとめ

ゴッドファーザーシリーズ

© ゴッドファーザーシリーズ

「 ゴッドファーザー シリーズ 」は、冷酷で非情なマフィアの物語と家族の愛についてを描きます。

それだけでなく「 アメリカ 」についての映画でもあるのです。

part2 」で描かれるキューバ危機とマフィアのお話。

part3 」は、史実を基にしたローマ法王の事件。

映画とは、時代を映す鏡のようなもの。

映画の裏側にあるもの、映画の豊かさを「 ゴッドファーザー シリーズ 」を通して考えてみてはいかがでしょうか。

今回は、ペンネーム(@ミツ夫)さんからの投稿レビューでした。

1 2