【 DCEUシリーズ 】「 ワンダーウーマン1984 」宿敵ヴィラン&ラストシーンに登場した人物は誰なのか? | ジョンシネマ
▶︎ 限定コラムは公式LINEより

【 DCEUシリーズ 】「 ワンダーウーマン1984 」宿敵ヴィラン&ラストシーンに登場した人物は誰なのか?

ワンダーウーマン1984

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

劇場で「 ワンダーウーマン1984 」見てきました。

久しぶりに僕自らレビューします。

レビューなんぞ思ったこと、感じたことを徒然なるままに書けばいいんですよねー。

そうしないとオリジナリティが生まれないから。

結論よかったのか?

よくなかったのか?

度重なる公開延期の末、ついに公開された映画「 ワンダーウーマン1984 」

心待ちにしていたファンの期待を裏切るがごとく面白くなかった。

前作を制覇している人の多くは、同じ考えの人が多いのではないでしょうか?

なぜに面白くなかったのか?

今回はその理由について深ぼりしていく新たなスタイルで記事を書いていきます。

面白かった作品をレビューしていくのが常ですが、僕はあえてTENETします。

「 TENETする 」は逆行するという意味です。

分からない人はTENETでも見てくださいね。

以降ネタバレ含みますので、自己責任でお読みください。

サクッといきますぞ。

▶︎ DCEUシリーズ(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ワンダーウーマン1984(事前知識)

ワンダーウーマン1984

©DC

まず今作を鑑賞するにあたり、事前に知っておくべき情報をサクッと書いておきます。

これなしに今作を見ると、恐らく理解不能だからです。

スティーブ・トレバーの死

前作「 ワンダーウーマン 」は、DCEUシリーズ第4弾として登場。

今作は前作の続編となります。

前作でダイアナ・プリンス(ワンダーウーマン)の恋人スティーブ・トレバーは、戦闘機と共に爆発して死亡。

まるでダークナイトライジングのバットマンですね。

愛する恋人を失ったダイアナ・プリンスは、悲しみに暮れた状態で今作「 ワンダーウーマン1984 」に登場します。

願いが叶う石に「 スティーブを生き返らせてほしい 」と願った理由は、この伏線を知っていないと面白くないかと。

さすがに回想シーンの描写が登場するかと思いきや、全くなしでしたね。

ワンダーウーマンはDCキャラクターの中でも歴史が最も古い部類に入ります。

詳しくは前回の記事で説明していますので、読んでみてください。

▶︎ 史上初のアメコミヒーロー

ワンダーウーマン1984(作品情報)

ワンダーウーマン1984

©DC

公開日

20201218

原題

Wonder Woman1984

上映時間

151

キャスト

  • パティ・ジェンキンス(監督)
  • ガル・ガトット
  • ペドロ・パスカル
  • クリス・パイン
  • クリステン・ウィグ

予告編

公式サイト

ワンダーウーマン 1984 

作品評価

勝手に評価
映像
(4.0)
脚本
(2.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(1.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(2.0)

 

ワンダーウーマン1984(感想レビュー)

ワンダーウーマン1984

©DC

好きだった点

聖闘士星矢を彷彿とさせるゴールドアーマー。

「 インモータルズ神々の戦い 」で登場したゴールド戦士よりも純金でしたね。

ラスト20分は面白かった。

嫌いだった点

空をリアルに飛んでいたのはビックリでした。

アーマーの羽で飛ぶならいいんですよ画的に。

翼で飛ばんのかーいって思いましたね。

印象に残ったシーン

ゴールドアーマーはセンスいいよね。

せっかくなら黄金戦士を複数登場させてほしかったな。

ワンダーウーマン1984(考察レビュー)

ワンダーウーマン1984

©DC

腕時計の意味は?

劇中に登場した腕時計は、前作「 ワンダーウーマン 」でスティーブ・トレバーが身に付けていたモノです。

ダイアナ・プリンスがスティーブ・トレバーを生き返らせてほしいと願ったため、時計が動き出しました。

時計が動く描写はスティーブ・トレバーの復活を意味します。

猿の手とは?

イギリスの小説家「 W.W.ジェイコブズ 」という人物がいまして、彼の有名作品に短編小説「猿の手」があります。

その物語の中では、3つの願いを叶える代わりに大きな代償を伴うという一説が登場。

今作「 ワンダーウーマン1984 」に登場する「猿の手」描写は、上記がモチーフとなっていますね。

ダイアナ・プリンスに課された代償は、彼女の超人パワー剥奪。

事前に見ておくべきDC作品は?

少なくても前作「 ワンダーウーマン 」を見ておくべき。

これを見ないとストーリーを理解できないからですね。

上記はDCEUシリーズで、ワンダーウーマンが登場する作品群です。

ラストに登場した女性は誰?

エンドロールに登場した人物は、リンダ・カーター。

往年のファンであれば嬉しいシーンなのでは?

歴代ワンダーウーマンを演じた女優は下記の3人。

  • リンダ・ハリソン
  • キャシー・リー・クロスビー
  • リンダ・カーター

認知度が最も高いのはリンダ・カーターですね。

ダイアナ・プリンスは空を飛べるのか?

ゴールドアーマーに翼が生えていたので、それで飛ぶと思っていたらそのまま飛びましたね。

アーマーいらなくね?

あれは正式には飛んでいるのではなくて、高くジャンプして降下しているだけです。

チーターって誰?

ワンダーウーマン1984

©wonderwoman公式Instagram

今作のヴィラン。

スミソニアン博物館の考古学者バーバラ・ミネルヴァは「 最強の捕食者になりたい 」と願いました。

最強の捕食者がチーターなのか?

と思うかもしれませんね。

原作では敏捷性と獰猛性を兼ね備えたダイアナ・プリンスの宿敵ヴィランです。

本当は超強いけど実写版ではそんなに強くなかったね。

結局スティーブは死んだのか?

結局のところ、スティーブはもとの状態(=死んだ状態)に戻りました。

あっけなさすぎました。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

ワンダーウーマン1984

©DC

度重なる延期の末に公開された「 ワンダーウーマン1984 」

期待していましたが、少しガッカリした作品でもありました。

前作を見ない状態で今作を見た場合、コスプレしている美人女優がただ暴れ回っているだけじゃんと感じる人多いんじゃないかな。

ワンダーウーマンは今後のDCEUにも登場するし、DCEUメインキャラクターとなってファンの期待に応えてくれるでしょう。

DCEUは面白い・面白くないがハッキリ分かれる作品が多い印象。

「 アクアマン 」、前作「 ワンダーウーマン 」は面白かったね。

▶︎ アクアマン(危険なヴィランたち)