【 キャスト・あらすじ 】「 ワンダーウーマン 」続編に期待

ワンダーウーマン
  • URLをコピーしました!

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@ジョナ )さんからの投稿レビューです

ブラックパンサー 」が黒人の黒人による新しい世界観を生み出した名作だとすれば、DCEU「 ワンダーウーマン 」は女性の女性による新しいスーパーヒーローの時代を生み出した名作でした。

ワンダーウーマンは、1941年の「 All Star Comics 」でのデビューから、来年(2021年)で80周年を迎えます。

本記事では、今作の魅力と、年末に公開予定の「 ワンダーウーマン 1984 」との繋がりにおける疑問点について、考察してみたいと思います。

目次

ワンダーウーマン

ワンダーウーマン
©ワンダーウーマン

公開日

2017年8月25日

上映時間

141分

キャスト

  • パティ・ジェンキンス(監督)
  • ガル・ガドット
  • クリス・パイン
  • ロビン・ライト

予告編

公式サイト

ワンダーウーマン

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

好きだった点

ヘミングウェイ短編集「 女のいない男たち 」という作品があります。

それと正反対の「 女だけの世界 」が、燦々と輝く太陽の光に反射して煌めく海に囲まれたセミッシラ島にありました。

鎧をまとった女戦士たちが「 300 スリーハンドレッド 」の女性版を思わせるごとく、馬に乗り弓や剣と盾を持ち、訓練しているシーンが印象的でした。

引き締まった身体に、統制のとれたフォーメーションに見惚れてしまいました。

女性たちの中で輝いているのが、ダイアナ・プリンスです。

彼女の魅力については、後述します。

男性中心社会における男女の格差を、女性だけで育ったダイアナの視点から切り込むアプローチが好きです。

男性だらけの軍部会議で、ダイアナが啖呵を切るシーンは、特に痛快でした。

ガル自身が「 ワンダーウーマンの凄い点は、男女の差を考えないこと。誰もが同じ人間なの。素敵ですよね 」

とコメントしていましたが、同感です。

嫌いだった点

特にありませんでした。

あえて挙げるとすれば、ダイアナが魅力的過ぎて、細部に目が行かないようになってしまう所ですかね。

ダイアナが強すぎるので、戦闘シーンではあまりハラハラしませんでした。

見どころ

何と言ってもガル・ガドットの演じるワンダーウーマン。

ルッキズムを推奨する訳ではないのですが、「 世界で最も美しい顔100人 」にも選ばれたミス・イスラエルでもあり、DCのプロデューサーが、初めてワンダーウーマン姿のガルを見た時、

あまりの神々しさに号泣したというエピソードがあるほど、ぴったりハマっています。

自らが演じるアクションシーンも見ものでしたが、良い意味で世間知らずなために、試着室に入る前に服を脱ごうとしたり、

アイスクリームを初めて食べて感激のあまり、売り子に「 誇りに思うべきよ 」と伝えたりするのも面白かったです。

緩急あるギャップが見どころでもありますね。

そして、彼女の魅力を引き立てているのが、スティーブ・トレバー。

「 人は不正を目にした時、何もしないか、行動するかだ 」という言葉で、外の世界へ飛び出す後押しをしています。

しかし、彼は毒ガスを大量に積んだ戦闘機で飛び立ち、多くの人を救うために自爆してしまいます。

考察レビュー

ワンダーウーマン

年末に公開予定の、次回作「 ワンダーウーマン 1984 」が70年後の「 1984 」であるのに、どうしてダイアナと、もう1人のヒーローであるスティーブ・トレバーが歳を取っていないのか。そもそもスティーブは、どのようにして復活したのか?

ダイアナ自身はゼウスの子「 ゴッドキラー 」という設定なので、歳は取っても見た目は、ほとんど変わらないという説明ができます。

ところが、普通の人間であるスティーブは、どのように復活したのでしょうか?

タイムループ、クローン説などが挙げられそうですが、セミッシラ島で救助された際に、温泉に浸かっていたのが、伏線となっている気もします。

温泉に何か特別な効能があり、不老不死もしくは、超人化したとか?

ジョージ・オーウェルの小説「 1984 」、映画は「 1984(マイケル・ラドフォード)」に描かれたようなビッグブラザーが支配するディストピア世界が描かれるのか?

それとも単に80年代的な懐かしさを前面に出すのか、その辺も楽しみですね。

詳細が明かされていないので、想像を膨らませながら公開を楽しみにしたいと思います。

まとめ

ワンダーウーマン
©ワンダーウーマン

ガル版ワンダーウーマンが登場するのは、今作の他に「 バットマンvsスーパーマン 」「 ジャスティスリーグ 」があります。

最新作「 ワンダーウーマン 1984 」を観る前に、予習しておくのも良いかも知れませんね。

ワンダーウーマン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次