【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

【 完全ネタバレ・感想レビュー 】アベンジャーズ エンドゲームの疑問点、今後の展開を考察【 MCU最高傑作 】

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

レイトショーでエンドゲームを観てきました。

MCU史上最高傑作と断言してもいいでしょう。

この作品の為だけにシリーズ作品を展開してきたマーベル。感服しました。

完全ネタバレ解説で振り返っていきます。

ぼくは、事前に出回っていた本物のリーク動画をみてしまっていた状態でしたが、全く問題なかったですね。

エンドゲーム以降は、フェイズ4へ突入します。

サクッと作品情報から紹介していきます。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

Endgame

公開日

2019年4月26日

上映時間

3時間2分

主なキャスト

  • ロバート・ダウニー Jr.
  • クリス・エヴァンス
  • クリス・ヘムズワース
  • ブリー・ラーソン
  • マーク・ラファロ
  • ポール・ラッド
  • スカーレット・ヨハンソン

予告編

公式サイト

エンドゲーム 

考察・疑問点

ローニン

前作の指パッチンで家族を失ったクリント・バートン(ホークアイ)は、怒りによってローニンとなります。

目の前で愛する家族を失った彼の悲しみは計り知れません。

エンドゲームでは、最後までガントレットを守った姿が印象的でした。

ジョー・ルッソ監督は、今作でのエモーショナルだったシーンの一つにこの冒頭シーンを選んでいます。

トニー・スターク救出

エンドゲーム公開前から、トニー・スタークとネビュラは誰に救出されるのかといった考察がされてきました。

結論、宇宙船の酸素がもう残りわずかというところでキャプテン・マーベルに救出されます。

なんとそのまま宇宙船ごと地球に持ち帰ります。

それを迎えるのが、夜空を見上げるアベンジャーズたちです。

そこにはペッパー・ポッツの姿もありまして、トニー・スタークと感動的な再開を果たします。

もちろん、スティーブ・ロジャースとトニー・スタークは、シビルウォー以来の再開。

ここで無事に両者の和解と思われましたが、ちがいました。

トニー・スタークは、アベンジャーズ基地でスティーブ・ロジャースと言い争います。

こうなったのは君のせいだとスティーブを責めたてるトニー・スターク。

スティーブもめっちゃ申し訳なさそうにしてましたね。

とはいえ、無事に和解は成立し、彼らがアベンジャーズを勝利へと導くのでした。

サノス死す

使命を終えたサノスは、農園で生活を始めていました。

トニー・スタークの生還直後、彼をのぞいたメンバーたちは、サノスの場所を突き止め宇宙船でサノスのいる星に直行。

ゆっくり老後の生活を楽しんでいたサノスをフルボッコするメンバーたち。

すでにインフィニティ・ガントレットを使った反動でヘロヘロに弱っているサノス。

ガントレットを使って実際に指を弾いいた人物は、MCUシリーズにおいて3人。

ブルース・バナー(ハルク)、トニー・スターク(アイアンマン)、帝王サノスです。

ガントレットを使うとインフィニティ・ストーンの反動により身体に致命的なダメージを負ってしまいます。

すいません、少し話はそれました。

なんとサノスの首をソーがぶった切ります。

おいおいマジかよってなりましたね。

殺さなくてもよかったのに。

これほど残酷なシーンは、今までのMCUシリーズですと、映画『 ドクター・ストレンジ 』にて書庫の番人がカエシリウスにより、首をはねられたシーンぐらいかと。

早々にサノスが死ぬという衝撃的な展開に唖然としました。

サノスの死から5年が経過しますが、深い悲しみから立ち直れないアベンジャーズたち。

そんな彼らの前にスコット・ラングという希望の光が現れます。

量子世界

アントマン&ワスプで量子世界に閉じ込められてしまったスコット・ラング。

どのように量子世界から脱出したのか?

偶然、装置にネズミが乗り、スイッチが起動したことで脱出に成功します。

アントマンの脱出はただの偶然だったというオチ。

量子世界は、アベンジャーズ唯一の勝利条件だったのです。

タイムトラベル

やはり量子世界はタイムトラベルが鍵でしたね。

量子世界から生還したスコット・ラングは、アベンジャーズたちとトニー・スターク宅に向かいます。

過去に戻り、消えた皆を生き返らせたいアベンジャーズたち。

量子世界からの脱出はただの偶然であり、タイムトラベルすることは不可能だと主張するトニー・スターク。

そして絶対に協力しないと言い張るトニー・スターク(この時点でまだスティーブに怒ってる

しかし彼は、ある閃きから不可能だと思っていたタイムトラベル理論を完成させます。

さすが天才。

和解

再開を果たしたトニー・スタークとスティーブ・ロジャースは、しばらく仲直り出来ずにいました。

タイムトラベル理論を完成させたトニー・スタークは、アベンジャーズ基地に戻りスティーブと無事に握手を交わし和解します。

その時にシールド(盾)をスティーブに渡します。

シビルウォー以来の仲直りですね。

新スーツ

これは予想通りタイムトラベルする時のスーツでして、アベンジャーズたちが装着していた腕時計のような装置は、GPSでした。

それにしてもスーツダサすぎましたよね(笑)

ソウル・ストーン

過去にタイムトラベルして、インフィニティ・ストーンを集めることに成功したアベンジャーズ。

ソウルストーンは、犠牲を必要とするので、以前から誰かが死ぬという予想はしてました。

ヴォーミアに向かったのは、ナターシャ・ロマノフ、クリント・バートン組。

結果的に自ら命を投げ出したのは、ナターシャでした。

さすがにこれは予想できなかったですねえ。

おれが、私がといって両者譲らず。

ダチョウクラブのどうぞどうぞ状態でしたよほんとに。

 

 

プロフェッサー・ハルク

1年半かけて、筋肉と知性を融合させることに成功したブルース・バナー。

今作でプロフェッサー・ハルクとして登場。

セル戦の前に精神と時の部屋から出てきた悟空とご飯状態でした。

インフィニティウォーでサノスにボコボコにされたので、サノスにリベンジと期待していたファンも多かったと思います。

見事にサノスにワンパンチもしなかったですね。

Say Green〜やかましいわ。

インフィニティ・ガントレット

無事、過去にタイムトラベルしてストーンを集めたアベンジャーズ。

インフィニティ・ガントレットを作るという展開に、驚いたファンも多いことでしょう。

ガントレットを装着したハルクは、指を弾きます。

その直後、過去から現代にタイムトラベルしたサノス軍団のミサイル攻撃により、アベンジャーズ基地周辺は粉々になります。

過去のサノスは、未来から来たネビュラを捕らえてサノス自身が首を落とされるシーンを目撃します。

使命は成し遂げたと誇らしげなサノス。

もちろんアベンジャーズ殲滅のため未来の地球に向かうのでした。