【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

【 エンドゲーム 】アントマンの量子世界は、アベンジャーズ唯一の勝利条件だった

アイアンマンから始まり、長きに渡って続いてきたMCUシリーズ。

フェイズ1〜フェイズ3までの総称をインフィニティ・サーガといいます。

フェイズ3は、6月公開のファー・フロム・ホームを最後に完結。

以降は、フェイズ4へ突入します。

今回は、アントマン作品の重要性について、サクッとみていきましょう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

量子世界

エンドゲーム公開前から、多くのファンは、量子世界が重要なポイントになるだろうと予想しました。

この予想は、正しかったですね。

量子世界は、アベンジャーズ唯一の勝利条件でした。

想像してみてください。

もし、アントマン作品をみていない状態で、エンドゲームを鑑賞したらどうなりますか?

おそらく、理解に苦しむシーンが多く登場しますよね。

過去にタイムトラベルして、ストーンを集める事に成功したアベンジャーズ。

量子世界は、ストーン集めに必要不可欠な要素でした。

どちらかといえば、アントマン(2015)よりも、アントマン&ワスプの方が重要な作品といえるでしょう。

ピム粒子

タイムトラベル時に装着する新スーツの動力源は、ピム粒子でした。

このピム粒子、アントマン作品において、ほとんど言及されていませんでした。

スーツが小型化するテクノロジーは、アントマン(2015)に登場します。

スコット・ラングは、ピム粒子の数に限りがあるので注意するようにと発言。

スペース・ストーン(テッセラクト )奪還に失敗したトニー・スターク、スティーブ・ロジャースは、ピム粒子とストーンが同時期に存在する時点までタイムトラベルしました。

このシーンは、エンドゲームにおいて、非常に重要なシーンだったといえます。

S.H.I.E.L.D.

ハワード・スターク

ここで少し説明します。

トニー・スターク、スティーブ・ロジャースは、1970年代にタイムトラベルします。

理由は、スペース・ストーン、ピム粒子が同時期に存在したからです。

そこでトニー・スタークは、父であるハワード・スタークと遭遇。

なぜ、スペース・ストーン、ピム粒子が同時期に存在するの?と疑問に思った人もいたかと。

よーくMCUシリーズを、思い出してください。

アントマン作品から得た知識が役立ったシーンでもありましたよね。

ハワード・スターク、ハンク・ピム博士は、かつてS.H.I.E.L.D.で共に働いていた同僚です。

ルイスの愛車

ルイスの愛車バン。

まさか、エンドゲームの最終バトルで登場するとは思わなかったです。

戦争状態だった場所に、バンの音が鳴り響きます。

軽快なメロディが流れて、バンの場所をアベンジャーズたちに知らせたスコット・ラング。

サノスにガントレットを明け渡す前に、バンに乗りこみ、過去にストーンを戻す必要がありました。

しかし、サノスのソード(剣)によってバンは粉々になります。

まとめ

結論、エンドゲームを楽しむために、アントマン作品を必ずみましょう。

むしろ、見ないとエンドゲームを理解できません。

量子世界なしに、アベンジャーズ勝利なしです。

MCUシリーズにおいて、もっとも重要な作品は、アントマンと言っても過言ではありません。

ありがとう、スコット・ラング。

エンドゲーム ネタバレ感想レビューについて、まとめました。