【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

エンドゲーム前に最低限みておくべきMCU作品はこれです

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

エンドゲーム公開により、勢いを増し続けるマーベル。

しばらく勢いは止まらないかと。

現在も、劇場公開中ですが、久しぶり何回もみたいなと思った作品でした。

エンドゲームといえば、11年間にも渡って続いてきたMCUシリーズの集大成ともいえる作品でして、これまでのシリーズを総称してインフィニティ・サーガといいます。

アンソニー・ルッソ監督は、エンドゲーム前にみておくべきものとして、下記の作品を紹介しました。

 

  • キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー
  • キャプテン・アメリカ シビルウォー
  • アベンジャーズ インフィニティウォー

 

この3つの作品は、全てエンドゲームに直結しているといえるでしょう。

ウィンターソルジャーは、主にスティーブ・ロジャース、ナターシャ・ロマノフを中心に描かれます。

シビルウォーは、トニー・スターク、スティーブ・ロジャースの分裂。

インフィニティウォーは、最強ヴィラン サノスの登場。

とはいえ、上記の3つだけが最重要かと聞かれたら、答えはNOですよね。

MCUシリーズは、22本(ファー・フロム・ホーム含めると23本)

エンドゲームをみようと思っているのですが、何の作品から見たらいいのかわからないので、教えて欲しいというメッセージが、多くきます。

よって今回は、新たに最低限みておくべき、MCU作品4本を紹介していきます。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

アベンジャーズ

Avengers

公開日

2012年8月14日

上映時間

143分

キャスト

  • ジョス・ウェドン(監督)
  • ロバート・ダウニー・Jr
  • クリス・エバンス
  • マーク・ラファロ
  • クリス・ヘムズワース
  • スカーレット・ヨハンソン
  • ジェレミー・レナー

予告編

公式サイト

アベンジャーズ

コメント

フェイズ1最終章として公開された作品。

世界興行収入は、15億ドルという凄まじいヒットを記録しました。

日本よ、これが映画だというキャッチコピーは覚えてますか?

アベンジャーズ結成までの流れが把握できる作品といえます。

そして、インフィニティ・サーガ(フェイズ1〜3)最大の敵 サノス軍団を目撃する最初の作品でもあります。

エンドゲームにおいて、MCU初代アベンジャーズ(アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ホークアイ、ブラック・ウィドウ)は、重要な役割を果たします。

そして、アベンジャーズとサノス軍団(チタウリ軍団)の戦いは、ニューヨーク決戦と呼ばれまして、エンドゲームで登場する重要なシーンといえますね。

エイジ・オブ・ウルトロン

Avengers Age of Ultron

公開日

2015年7月4日

上映時間

141分

キャスト

  • ジョス・ウェドン(監督)
  • ロバート・ダウニー・Jr
  • クリス・エバンス
  • マーク・ラファロ
  • クリス・ヘムズワース
  • スカーレット・ヨハンソン
  • ジェレミー・レナー
  • ドン・チードル
  • エリザベス・オルセン
  • ポール・ベタニー
  • アーロン・テイラー・ジョンソン
  • アンソニー・マッキー
  • サミュエル・L・ジャクソン

予告編

公式サイト

エイジ・オブ・ウルトロン

コメント

エイジ・オブ・ウルトロンは、アベンジャーズの団結力を知ることができる作品。

この作品に多くの、キャラクターストーリーが登場します。

例えば、武器商人ユリシーズ・クロウ、ワカンダ、ヴィジョン、スカーレット・ウィッチ、クイック・シルバーといったキャラクターたち。

セプター(マインド・ストーン)登場は、重要な要素といえますね。

また、トニー・スタークが見た悪夢(ヒーロー全滅の夢)は、インフィニティウォーでの敗北を示唆していたものでした。

トニー・スタークとスティーブ・ロジャースの衝突は、エイジ・オブ・ウルトロンから、すでに始まっていました。

事実エンドゲームにおいて、トニー・スタークは、こんな言葉をスティーブ・ロジャースに言っています。

あの時に、アーマースーツを世界中に配置すべきだったと。

たしかに〜!(笑)

 

 

バトルロイヤル

Thor Ragnarok

公開日

2017年11月3日

上映時間

130分

キャスト

  • タイカ・ワイティティ(監督)
  • クリス・ヘムズワース
  • トム・ヒドルストン
  • ケイト・ブランシェット
  • イドリス・エルバ
  • ジェフ・ゴールドブラム
  • テッサ・トンプソン
  • カール・アーバン
  • 浅野忠信
  • マーク・ラファロ
  • ベネディクト・カンバーバッチ
  • アンソニー・ホプキンス

予告編

公式サイト

バトルロイヤル

コメント

バトルロイヤルのハルクは、もはや凶暴なモンスターではなくなっていまして、知性を身につけ少し会話もします。

ハルクは、怒りを超越したのです。

とはいえ、インフィニティウォー冒頭でサノスにボコボコにされて敗北。

以降は、トラウマによりハルクになることが出きない状態が続きましたが、無事プロフェッサー・ハルクとしてエンドゲームに登場。

プロフェッサー・ハルクになる前のハルクは、どんなキャラだったのか?とならない為に、見ておきたい作品ですね。

アントマン&ワスプ 

Ant-Man and the Wasp

公開日

2018年8月31日

上映時間

118分

キャスト

  • ペイトン・リード(監督)
  • ポール・ラッド
  • エバンジェリン・リリー
  • マイケル・ペニャ
  • マイケル・ダグラス
  • ハナ・ジョン・カーメン
  • ローレンス・フィッシュバーン

予告編

公式サイト

アントマン&ワスプ 

コメント

この作品が最も重要な作品といっても過言ではないでしょう。

アントマン&ワスプに登場する量子世界は、アベンジャーズ唯一の勝利条件だったからです。

死んでしまったヒーローを復活させるには、過去にタイムトラベルしてインフィニティ・ストーンを集める方法しかありませんでした。

とはいえ、そう簡単にタイムトラベルが可能になるとは思えませんよね。

最終的にトニー・スタークがタイムトラベル理論を完成させるのですが、その理論は、量子世界なしに意味を成しえませんでした。

アントマン&ワスプを見ない状態で、エンドゲームを見てしまうと、理解に苦しむシーンが登場するかと。

まとめ

インフィニティ・サーガ(フェイズ1〜3)は、ファー・フロム・ホームを含めると計23本です。

サクッとまとめます。

エンドゲーム鑑賞前に最低限おさえておきたいMCU作品は、ルッソ監督おすすめの3本に加えて、ここで紹介した4本。

 

  • ウィンター・ソルジャー
  • シビルウォー
  • インフィニティウォー
  • アベンジャーズ
  • エイジ・オブ・ウルトロン
  • バトルロイヤル
  • アントマン&ワスプ 

22本中の7本ですね。

7本くらいであれば、見れない数でもないですよね。

エンドゲームが世界的話題になっていまして、マーベル映画に詳しくない多くの層が、エンドゲームをみていると予想されます。

まだまだ続くマーベルの快進撃。

いつまで続くのでしょうか。

今後のMCUシリーズについて、まとめました。