【 ネタバレなし 】「 ブラックパンサー ワカンダフォーエバー 」考察レビュー

ブラックパンサー ワカンダフォーエバー
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

前作「 ブラックパンサー 」は、大絶賛を受けた名作でした。

ところが、突然の主役ブラックパンサー演じるチャドウィック・ボーズマンの訃報。

今作では、彼の遺志がどのように受け継がれるのでしょうか?

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)
目次

ブラックパンサー ワカンダフォーエバー

ブラックパンサー ワカンダフォーエバー
©︎ブラックパンサー ワカンダフォーエバー

あらすじ

物語の舞台は、国王ティ・チャラの亡き後 – ワカンダ王国。新たな敵対勢力(海の王国タロカン)の侵略から国を守るためにシュリたちは戦う。

公開日

2022年11月11日

原題

Black Panther: Wakanda Forever

上映時間

161分

キャスト

  • ライアン・クーグラー(監督)
  • レティーシャ・ライト
  • ルピタ・ニョンゴ
  • ダナイ・グリラ
  • ウィンストン・デューク
  • フローレンス・カサンバ
  • ドミニク・ソーン
  • ミカエラ・コール
  • テノッチ・ウエルタ・メヒア
  • マーティン・フリーマン
  • ジュリア・ルイス=ドレイファス
  • アンジェラ・バセット

予告編

公式サイト

ブラックパンサー ワカンダフォーエバー

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ブラックパンサー ワカンダフォーエバー
©︎ブラックパンサー ワカンダフォーエバー

おなじみのMARVELロゴが登場するオープニング。

例の音楽は鳴りひびかず、無音で彼の在りし日の姿が映写されます。

チャドウィック(ティ・チャラ王)はもういないんだ。

今作は彼の追悼作品になるんだなと感じました。

前作と監督とメインキャストもほぼ同じ。

国王であり守護者であったブラックパンサーの突然の死に、ワカンダ全土が悲しみに包まれます。

そして、ワカンダ流の盛大な葬儀で彼を送り出すところから、物語は進み始めます。

演技ではなくキャストと観客が一体となって、家族の死を受け入れ、乗り越えていくというイニシエーションとして機能していました。

チャーミングで凛々しかったチャドウィックは、もう現世にはいません。

シリーズの主役が途中で亡くなるというケースは、「 ワイルドスピード 」シリーズのブライアン(ポール・ウォーカー)がそうでした。

ワイスピでは、代役(兄弟)を登場させたり、まだブライアンが作中では生きているという設定で、ヒーローの不在を乗り越えました。

しかし、今作では、代役を立てずCGも用いず、ヒーローの不在を受け入れるという選択をしました。

ティ・チャラ(チャドウィック)の代わりは、彼以外にいないのです。

今作のテーマの1つは、戦争。

戦争に正義も悪もありません。

立つ位置によって、どちらにも変わります。

ワカンダ王国と対峙することになる、敵国の王もマーベル最古のヒーロー。

どちら側にも、戦争の最中、守るべき国民たちが、日常を暮らしています。

海、陸、空を駆けめぐる戦闘シーンの迫力は、もの凄かったですが、一方が相手を屈服させるのが戦争だとすれば、果てしなく続く報復の世界が待ち受けているのでしょう。

ビアス「 悪魔の辞典 」の言葉が浮かび、悲しくなりました。

それでも映画が現代の映し絵だとしたら、新ブラックパンサーの決断に希望を見いだすことができるでしょう。

「 愚者は壁を築き、賢者は橋を架ける 」

まとめ

ブラックパンサー ワカンダフォーエバー
©︎ブラックパンサー ワカンダフォーエバー

チャドウィックの意志は、正しくワカンダ王国に継承されました。

エンドロールは必見。

新ブラックパンサーと、ワカンダの、これからに注目ですね。

ブラックパンサー ワカンダフォーエバー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次