【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

【 エンドゲーム 】ジョー・ルッソ監督が何度みても涙ぐんでしまうシーンは、意外にもあのシーンだった

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

エンドゲームは、まるでジェットコースターに乗っているかのような、感情が大きく揺さぶられる作品だったのではないでしょうか。

喜怒哀楽の要素が全てつまったMCUシリーズ最高傑作といえるほど、凄まじい完成度だったと思いました。

エンドゲームのネタバレ感想レビューについて、まとめました。

やはり、期待を大きく上回ったこともあり、ちこしあブログの人気記事< TOP3>にランクインしました。

ぼくのブログで一番読まれている記事は、X-MENシリーズでして、2番目がキャプテン・マーベルですね。

暇があったら読んでみてください。

今回のテーマは、ルッソ監督がエンドゲームで思わず涙ぐんでしまうシーンについて。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ジョー・ルッソ

Photo by IMDb

ルッソは、2人いるのでルッソ兄弟とも呼ばれています。

今回は、ジョー・ルッソ監督の方ですね。

エンドゲームは、ファンだけではなく、監督にとってエモーショナルな作品になったようです。

ジョー・ルッソ監督は、見るたびに涙ぐんでしまうエンドゲームのワンシーンがあるとEmpire誌に語っています。

彼は、意外なシーンを挙げています。

それは、ホークアイが家族と一緒に楽しんでいるシーン(エンドゲームの冒頭シーン

指パッチンの犠牲になってしまったホークアイの家族たち。

ぼくには4人の子供がいるんだけど、このシーンはとても悲劇的だったよ、これは僕が涙ぐんでしまう数少ないシーンのうちの一つなんだ。なぜなら、自分の家族を思ってしまうから。

子を持つ父親として、感情移入してしまうのでしょう。

もし、自分の家族に同じことが起きたらと考えるだけで、恐ろしいですよね。

冒頭シーン

Photo by IMDb

エンドゲームの冒頭シーンは、もともと、インフィニティウォーの最後に使われる予定でした。

実際に使われたのは、キャプテン・マーベルに救難信号を出そうとしていたニック・フューリーが消えたシーン。

フェイスブックのライブイベントでのジョー・ルッソによると、

インフィニティウォーに登場していなかったホークアイのシーンを使ってしまうことで、観客が混乱する恐れがあったため、

このシーンは、エンドゲームの冒頭に使われることになったそうです。

まとめ

インフィニティウォーでは、スコット・ラング、クリント・バートンが登場することはありませんでした。

そのため、2人が生き残っているかどうか、わからなかったですよね。

エンドゲーム冒頭シーンは、インフィニティウォーで使われる可能性があった

今となると、なるほどなあと思ってしまいますね。

エンドゲーム公開後も、このような裏話的なエピソードがでてくると思うので、楽しみです。

ガントレットを最初に守ろうとしたホークアイに拍手を送りたい。