Netflixドラマ「 三体 」第4話レビュー、シーズン2の続編に期待したい

当ページの画像はIMDbまたは公式サイトより引用
  • URLをコピーしました!

地球外生命体を崇拝する、カルト組織。

潜伏捜査に協力することを決意したチェン博士。

集会で待ち受ける衝撃の展開は、まだ始まりに過ぎない。

あわせて読みたい
Netflixドラマ「 三体 」第3話レビュー【  登場人物の相関図付き 】 リアル過ぎるVR(仮想現実)ゲームに没頭するジンとジャック。 複雑なゲームの謎解きの先に、待ちかねていたエンディングとは。 そして、明かされる三体の正体。 https:...
目次

三体

©︎3body problem

あらすじ

VRゲームに夢中になっているジンとジャックは、複雑なゲームの謎を解き明かそうと力を合わせて奮闘するが、レベルを上げていった先には、恐ろしい事態が待ち受けていた。

原題

3 Body Problem

公開日

2024年

上映時間

44分

予告編

キャスト

  • デレク・ツァン(監督)
  • ジェス・ホン
  • リーアム・カニンガム
  • エイザ・ゴンザレス

公式サイト

三体

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

相関図

©︎Netflix Japan 公式Xより引用

三体(第4話)考察・解説レビュー

©︎3body problem

お気づきでしょうか? 

Netflixを起動した時の、デデーンが、三体仕様であることに。

細部へのこだわりや遊び心には、製作陣の余裕が感じられますね。

ただ、視聴者の今作への反応は、賛否両論に分かれているようです。

否定的な意見として多かった「 分からなさ 」

しかし、それこそが魅力の1つであることは、先述した通り。

もう1つは、物語の設定を現代の価値観に落とし込んだ(人類の命運を有色人種が担った原作とは違い、ドラマでは白人社会に委ねている)ことで、ありふれたSF大作群に並んでしまっていることです。

原作では、中国の既存のイメージを覆す壮大な世界観と勢いが魅力だったので、その点に関しては、筆者も惜しく感じます。

ただし、それを差し置いても、傑作に分類されることは、確実です。様々な意見が飛び交うことこそが、作品が心に届き、感情を揺さぶっている証なのですから。

今話では、原作の2巻、3巻(ドラマではシーズン2以降に当たる)の伏線となるようなアイテムや人物が、チラッと登場しました。

まだまだシーズン1以降も製作するのだ、という意気込みを含ませたのでしょうか。

三体艦隊の地球への到着が400年後であるとして、シーズン2の製作と発表は、それよりも、ずっとずっと早く実現することを望みます。

執筆者

文・ライター:ジョナさん

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次