「 ファイナル・デスティネーション 」シリーズはこの順番で見るべし

©ファイナル・デスティネーションシリーズ
  • URLをコピーしました!

ダウニー師匠
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

「 運命 」が殺人鬼という風変わりな設定、登場人物たちの容赦ない死にざまが、20年前に人気を博したファイナルデッド(=デスティネーション)シリーズ。

名前だけそっくりの便乗作品も多数あるので、これから見る人は要注意です。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ファイナル・デスティネーション

ファイナル・デスティネーション
©ファイナル・デスティネーション

公開日

2001年1月20日

原題

Final Destination

上映時間

97分

予告編

なし

キャスト

  • ジェームズ・ウォン(監督)
  • デヴォン・サワ
  • アリ・ラーター
  • ショーン・ウィリアム・スコット

公式サイト

なし

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ファイナル・デスティネーション
©ファイナル・デスティネーション

主人公アレックスの予知夢により、飛行機の墜落死を免れたアブラハム高校の数名のクラスメイトと、死神(=避けられない死)との追いかけっこが始まります。

本来は死ぬはずだった生存者たちが、順番通りに不可解な死を遂げていく中、デスサイン(小さな予兆)を見逃さないように四苦八苦するのがお約束ですが、

視聴者も映像の中から、ヒントを探し出し(どのように死ぬのか)色々と推理するのも醍醐味の1つです。

オープニングで、部屋に映された本が「 セールスマンの死 」「 白鯨 」なのも、意味深ですね。

主人公が、予知する直前に、飛行場で見かけた車両に「 666 」という数字が記されているのも不吉。

古今東西の有名人の死に方を記した、山田風太郎「 人間臨終図巻 」が愛読書なのですが、今作では、その例に当てはまる死に方は出てきませんでした。

あまりに呆気なく、とんでもない死に方が繰り返されるので、恐怖よりも笑いが出て来そうになり、「 サウスパーク 」のケニーを思い出しました。

放映中に、ケニーは必ず死ぬのでした。

「 大変だ!ケニーが殺されちゃった、この人でなし! 」そして、彼らも。

バン!(グシャッ)エンドロール。

デッドコースター

デッドコースター
©デッドコースター

公開日

2003年7月5日

原題

Final Destination 2

上映時間

90分

予告編

なし

キャスト

  • デヴィッド・エリス(監督)
  • A・J・クック
  • アリ・ラーター
  • サラ・カーター
  • マイケル・ランデス

公式サイト

なし

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

デッドコースター
©デッドコースター

あれから1年。

新たな主人公キンバリーは、友人とのドライブ中、玉突き事故の地獄絵図を予知します。

自動車教習所で、違反者講習の際に、このシーンを見せるのはいかがでしょう(笑)

前作で何とか生き延びた主人公は、落ちてきたブロック塀で死んだことが、新聞記事でサラっと紹介されているのみ。

扱い、軽っ!(この死に対する軽さが、シリーズの魅力かも)

ところで、劇中のデスサインを探しながら、死神を出し抜くことは出来るのでしょうか?

ラジオから流れてくる、「 地獄のハイウェイ 」、子供がオモチャの車をぶつけ合わせている仕草、標識に180フィートの表示(前作の航空事故機は180便)。

これだけで、全員死亡の交通事故を予想できますか?

アパートの冷蔵庫に貼られている「 HEY E 」のマグネットの、「 H 」が取れて「 EYE 」に。これが、目が潰れて死亡の予兆だと気付いたあなたは、FD(ファイナルデッド)上級者です。

さて、新しい生命を得ることで、死の筋書(デザイン)が変わり、助かることを知った彼らに、新たな生命の予感と祝福の陽光が降り注いだ……かと思いきや、

バーン(BURN)!バーン(BAAAAAN)!(グシャッ)エンドロール。

1 2
©ファイナル・デスティネーションシリーズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次