【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

エンドゲームに登場するキャプテンマーベルの強さはMCU最強、MCU初の女性ヒーロー単独作品【 主人公キャロルダンバース 】

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

ついにインフィニティ・サーガ完結ですね。

いよいよMCUシリーズは、フェイズ4へ突入します。

フェイズ4 ラインナップは、本数が多いので頭を整理する必要ありです。

サクッといきましょう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

Captain Marvel

キャスト

  • アンナ・ボーデン(監督)
  • ライアン・フレック(監督)
  • ブリー・ラーソン
  • ジュード・ロウ
  • サミュエル・L・ジャクソン

超イチオシ女優ブリー・ラーソンがヒロイン キャロル・ダンバースを演じます。

超キュートでかわいい。しかも超実力派。

今作は、マーベル初の女性ヒーロー単独映画です。

公開日

2019月3月15日

上映時間

124分

予告編

主人公のキャロル・ダンバースは、すでに超パワーを持った状態でスターフォースの一員として登場します。

キャプテン・マーベルになった経緯は回想シーンとして登場し、キャプテン・マーベルが、どのようにマーベル最強ヒーローになっていくのかという部分が中心に描かれます。

制作費

今までのMCU作品と比較してもキャプテン・マーベルの制作費は、かなり低いです。

今作の制作費は約1億5200万ドルでして、日本円で換算すると約170億円。

制作費は、DCEUのワンダー・ウーマンとほぼ同額。

 

 

MCU世代交代

クリス・エヴァンス

エンドゲームを最後に、キャプテン・アメリカ役を演じてきたクリス・エヴァンスはMCUを卒業します。

ついにMCUヒーローに世代交代の波が到来。

ケヴィン・ファイギは、キャプテン・マーベルがエンドゲームにおいて重要な役割を果たすと発言していました。

エンドゲームでは、サノスが指パッチンする寸前でキャプテン・マーベルがそれを阻止しましたから、重要な役割を果たしたといっていいかと思います。

サノスとキャプテン・マーベルのバトルは、シビれましたねえ。

ストーリー舞台

  • 舞台は1990年代初頭
  • ニック・フューリーが眼帯なしで登場
  • アベンジャーズ結成よりも前の時系列
  • フィル・コールソンとロナン、コラスが登場

フィル・コールソン

アベンジャーズを最後に姿を消していたフィル・コールソンが登場するのですが、舞台がMCUでは初となる1990年代。

フィル・コールソンはアベンジャーズ(2012)以来の出演。

コールソンはCGで若返ってます。

また、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのロナンも今作に登場。

ロナン登場は、予想外といえますね。

ニック・フューリーが目を負傷するエピソードが描かれます。

負傷した理由は、猫のグース(フラーケンという怪物)にひっかかれたというオチ。