インフィニティウォー 世界興行収入は歴代5位、歴代映画の世界興行収入ランキングを知ろう

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、歴代映画の世界興行収入についてサクッとみていきましょう。

世界興行収入

MCUシリーズ

インフィニティウォー(2018年)は、尋常ではないスピードで世界興行収入を塗り替えました。

MCUシリーズで世界興行収入1000億を突破したのは、インフィニティウォーで6作品目です。

エンドゲームを含めると7作品にも及びます。

ランクイン作品
  • アベンジャーズ(約1500億円)
  • アイアンマン3(約1200億円)
  • エイジ・オブ・ウルトロン(約1400億円)
  • シビルウォー(約1150億円)
  • ブラックパンサー(約1340億円)
  • インフィニティウォー(約2200億

歴代の世界興行収入

歴代映画の世界興行収入ランキングは下記のとおり。(世界興行収入は約で記載)

歴代記録

アバター(約2900億)

エンドゲーム (25億ドルを突破、現在公開中)

タイタニック(約2200億)

スターウォーズ・フォースの覚醒(約2100億)

ジュラシック・ワールド(約1700億)

アベンジャーズ(約1500億)

ワイルドスピード・スカイミッション(約1500億)

エイジ・オブ・ウルトロン(約1400億)

ハリーポッター・死の秘宝パート2(約1350億)

ブラックパンサー(約1340億)

スターウォーズ・最後のジェダイ(約1330億)

アナと雪の女王(約1280億)

美女と野獣(約1260億)

ワイルドスピード・アイスブレイク(1240億)

アイアンマン3(約1200億)

インフィニティーウォー

ミニオンズ(約1160億)

シビルウォー(約1150億)

トランスフォーマー・ダークサイドムーン(約1100億)

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還(約1100億)

007・スカイフォール(約1100億)

トランスフォーマー・ロストエイジ(約1100億)

ダークナイト・ライジング(約1000億)

トイ・ストーリー3(約1000億)

パイレーツ・オブ・カリビアン・デッドマンズ・チェスト(約1000億)

ローグワン・スターウォーズ・ストーリー(約1000億)

パイレーツ・オブ・カリビアン・生命の泉(約1000億)

怪盗グルー のミニオン大脱走(約1000億)

ジュラシック・パーク3D(約1000億)

ファインディング・ドリー(約1000億)

スターウォーズ・エピソード1・ファントムメナス(約1000億)

アリス・イン・ワンダーランド(約1000億)

ズー・トピア(約1000億)

ホビット・思いがけない冒険(約1000億)

ダークナイト(約1000億)

過去に日本円換算で、1000億円を突破したのは35作品です。(エンドゲーム含む)

注目してほしいのが、MCU作品。歴代記録に7作品も入ってますね。

DCは、2作品入ってますね。DCはいずれもダークナイト・トリロジー。

スターウォーズは相変わらず強いという印象です。

際立つのが、アバターとタイタニック。

1位と2位は、いずれもジェームズ・キャメロン監督。

まとめ

インフィニティウォーの世界興行収入は、堂々たる歴代5位という結果でした。

公開中のエンドゲームは、タイタニックを抜き去りました。

本日時点で25億ドルを突破しましたので、アバター超えはほぼ確実か。