SMU(ソニー・マーベル・ユニバース) ヴェノムの続編にカーネイジ登場か

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ソニーピクチャーズから公開されたヴェノムの続編について触れていきます。

サクッとみていきましょう。

作品情報

予告編

キャスト

キャスト

ルーベン・フライシャー(監督)
トム・ ハーディ
ミシェル・ウィリアムズ

キャストは文句なし。

トム・ハーディは、DC映画ダークナイト ライジング以来のアメコミ映画出演です。

ミシェル・ウィリアムズもヒロイン役として出演しまして、相変わらずキュート。

公開日

2018年11月2日

MCUとの関連性

今作はマーベル原作の映画ですが、MCUシリーズとは関連はありません。

ケヴィン・ファイギは、MCUシリーズとは関係はなく、ソニー・ピクチャーズ主導の単独作品となると言及。

今作はソニー・ピクチャーズ初のマーベル映画です。

サム・ライミ版スパイダーマン3でヴェノムが登場しましたが、今作のヴェノムはかなりグロに磨きがかかっています。

トム・ホランドが、スパイダーマンとして登場する噂がありましたが、1秒も出ませんでしたね(笑)

ヴェノム

誕生秘話

今作でヴェノム誕生の秘話が描かれます。

宇宙外生命体シンビオートが、エディ・ブロックに寄生したことによりヴェノムとなります。

シンプルにいうと、宇宙から飛来したエイリアンです。

能力

能力
  • ヴェノムの由来は猛毒
  • 地球外生命体のシンビオートが人に寄生することでヴェノムとなる
  • 寄生された人間は超人的なパワーとヒーリング能力が備わる
  • シンビオート自体は寄生虫ですが、意思があり寄生主と会話をすることが可能
  • 憎しみが増えれば増える程、寄生主のパワーが強大化する
  • 前の寄生主の能力を受け継ぐ

エディ・ブロックもスパイダーマンに強い憎悪を抱いいます。

シンビオート自体もスパイダーマンに憎悪を抱いているため、寄生主のエディ・ブロックとシンビオートが一体化することで凶悪なヴィランと化します。

原作でヴェノムが登場してから30年近く経過しますが、今だに根強い人気を誇ります。

サム・ライミ版スパイダーマン3では、本来ヴァルチャーというヴィランが登場する予定でしたが、制作側が選んだのは最終的にヴェノムでした。

カーネイジ

今作に複数体のヴェノムが登場するも、カーネイジは登場せず。

エンドロールで、囚人レッドがカーネイジ登場をほのめかしていましたので、続編は濃厚でしょう。

カーネイジは見た目がヴェノムとほとんど同じですが、ヴェノムが黒に対してカーネイジは赤です。

寄生主がちがうだけで、もとは寄生虫シンビオートです。

原作では連続殺人犯のクレタス キャサディに寄生したシンビオートが狂暴化してカーネイジになります。

イメージとしては、スパイダーマンとヴェノムを足した強さ。

ヴェノムにはない特徴でして、身体をあらゆる形に変形させて武器を創造することも可能です。

日本に先立って公開されたヴェノムですが、早くも全米やそれ以外の国で2億ドルをこえる超ロケットスタートを記録。

まとめ

今作は、アメコミに興味がない人が見ても、楽しめる作品だと思いました。

めちゃくちゃ良作でした。

ヴェノムからスタートするSMU(ソニー・マーベル・ユニバース)が新たに始まります。

今後、MCUのマルチバース展開も可能性としてはありますので、MCUがSMUの世界観とつながると面白いですよね。