「 ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ 」考察レビュー

  • URLをコピーしました!

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@LEDMAXIさんからの投稿レビューです。

エゴとエゴが真剣にぶつかり合うことで共生が生まれる。

エゴの強要は寄生でしかない。

追求すれば深いテーマに気付くが、MAVEL作品らしいエンターテイメントなのは間違いない。

エンターテイメントの軸になるテーマ性とMCUへのエールなのか?

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©︎ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

公開日

2021年12月3日 

原題

Venom: Let There Be Carnage

上映時間

98分

キャスト

  • アンディ・サーキス(監督)
  • トム・ハーディ
  • ミシェル・ウィリアムズ
  • ウッディ・ハレルソン

予告編

公式サイト

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

作品評価

5つ星

映像
(4.5)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

感想レビュー

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©︎ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

鑑賞者の多くが、「 ヴェノム:LTBC 」を語るのに、ブルース・バナーとハルク、ジキルとハイドのような二重人格な性質を持ったバディーの掛け合いバトルを楽しみ、

期待していたエンドクレジットで、感情は頂点になり、202217日の公開に思考を導かれたのではないか?

それはシンビオートに寄生された際の高揚感の昂ぶりなのかと思えて、敢えてに逆説的に推察してみた。

ヴェノムは1988年「 アメイジング・スパイダーマン 」第300号で生まれた。

カーネイジは1991年の同作の第345号で生まれた。

その間にもヴェノムは、ヴィランから今作のようにダーク・ヒーローへ変わっていった。

この発生を元に考えられるのは、エンドクレジットは、MARVEL作品特有のファンに向けたミスリードではと考察したくなる。

その1つに2022128日公開予定「 モービウス Morbius 」がある。

モービウスの初登場は「 アメイジング・スパイダーマン 」1971年の第101号である。

つまり、ソニー・ピクチャーズ(コロンビア)は、スパイダーマンの世界の映像化権を保有しているからとも言える。

そこで本編内での「 匂わせ」 演出の方が、今後のヴェノム・シリーズ(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の世界観の拡大拡散があると捉えたい。

モービウスはヴァンパイアだ。

ヴァンパイアは、吸血行為を行うのが定番とすれば、連続殺人鬼クレスタ・キャサディがエディ(ヴェノム)に噛みつき、血を舐め飲み込み、シンビオートを吸収しカーネイジになり得た。

もう1点注力したいのは、マリガン刑事のラストシーン。

これはカーネイジから生まれた「 トキシン」 を示唆していると考える。

ヴェノム カーネイジ トキシンと、新たに発生するシンビオートは、宿主との共生ではなく、寄生し凶暴化している。

これこそが今作品のサブタイトル「 Let There Be Carnage (さぁ、大虐殺を始めよう)」と壮絶な展開を期待したい。

まとめ

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©︎ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

エンドクレジットはリードなのか?

ミスリードなのか?

少なくとも前作「 ヴェノム Venom 」のエンドクレジットは、「 スパイダーバース Spider-Man Into the Spider-Verse 」への誘導だった。

では・・・今回は?




ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる