アベンジャーズ エンドゲーム 世界歴代興行収入2000億円を突破して歴代2位にランクイン、歴代1位のアバター超えはあるのか?

アベンジャーズ エンドゲームの人気は衰えることを知りません。

完成度でいえば、近年の映画作品の中でも群を抜いているのではないでしょうか。

以前、歴代の世界興行収入においてアバターを抜き去ることができるのかという話をしました。

ある程度の予想はしてましたね。

エンドゲームは、公開から11日で世界興業収入20億ドル(約2000億円)を突破。

これは、世界歴代興業収入において2位にランクインします。

歴代1位のアバターを超える可能性は非常に高いと思ってもいいでしょう。

マーベルはエンドゲームの宣伝費用だけでも200億円以上を投資してますから、普通の映画とは桁が違いますねもはや。

中国で5億ドル以上を稼いでいるは大きいですね。

ゴールデンウィークは上海に滞在していましたが、上海市内と地下鉄はエンドゲームの広告だらけでした(笑)

スパイダーマン ファー・フロム・ホームの予告編が公開されています。

今後のMCUに注目です。