【ネタバレ・解説】映画『 キャプテン・マーベル 』感想レビュー、エンドゲームに備えよ!

ついにキャプテン・マーベルが公開されたね。素晴らしい作品だったよ。

主人公キャロル・ダンバースを中心にわかりやすいストーリー展開でよかったわ。

ミシェルちゃん

注意

以下は、盛大なネタバレが含まれますので、まだ観てない人は絶対に読まないことをおすすめします。以下は自己責任でお読みください。

作品情報

公開日

2019年3月15日

上映時間

124分

あらすじ

元パイロットのキャロル・ダンバースは、爆発事故により記憶を消失してしまう。クリー人の惑星ハラでスター・フォースとして戦闘訓練に明け暮れる。ある日、救出ミッションに向かうもスクラル星人に襲撃された彼女は、地球にたどりつき、そこで衝撃的な事実を知るのであった。

キャスト

  • ライアン・フレック(監督)
  • アンナ・ボーデン(監督)
  • ブリー・ラーソン
  • サミュエル・L・ジャクソン
  • ジュード・ロー
  • クラーク・グレッグ
  • ベン・メンデルソーン
  • ジャイモン・フンスー
  • リー・ペイス

予告編

レビュー

良かった点

主人公キャロル・ダンバースの回想シーン、お笑い要素もあり、ストレスなく楽しめた作品でした。

ストーリー構成がすごくシンプルでわかりやすかったです。

一番良かった点といえば、観客の予想を盛大に裏切ってくれたことですね。

おそらく、ほとんどの人が予想していた展開ではなかったと思います。

まさか、スクラル星人が味方ということを予想できた人は、ほとんどいなかったのではないでしょうか。

エンドゲームにつながる流れも絶妙でしたね。さすがマーベルといったところ。

あとは、フューリーとキャロル・ダンバースの友情ですね。

素晴らしい友情がエンドゲームにつながっていきます。

悪かった点

悪かった点は、とくになかったですね。

僕が、アメコミファンだからというのもあると思いますがw

MCUシリーズを制覇してきた人は、かなり楽しめたのではないでしょうか。

あえてゆうならば、ロナンのシーン。

彼の登場シーンは、もっと出てくるのかなと思ってましたが、ストーリー終盤でロナンが登場して放った一言。

地球にこんな防衛能力はあったのか?

しまいには、必ず彼女=キャプテン・マーベルを手に入れるといって速攻で退散しましたからね。

欲しいのは、テッセラクト=インフィニティ・ストーンじゃないんかい!w

思わずツッコミを入れたくなったシーンでありました。

シールドの若きエージェントとして登場したフィル・コールソン。

登場シーンは、かっこよかったですよ。ただ、存在感が薄すぎましたw

フューリーの眼帯

ストーリー序盤でスクラル星人に襲撃され、交通事故にあったフューリー。

ここで目をやられたかと思ったのですが、ちがいました。

フューリーは、ストーリー終盤で猫のグースに引っかかれて視力を失います。

猫のグースの正体は、フラーケンという化け物です。

ポストクレジットシーンで、無事スペース・ストーンを吐き出します。

スタン・リー

今作のオープニングは、スタン・リーをしのぶ形で始まりました。

スタン・リーは、ストーリー序盤の地下鉄で、雑誌を読んでいる老人役として登場。

キャロル・ダンバースと目が合うと、ニヤリとするシーンも良かったですね。

スクラル星人

スクラル星人の将軍タロスは、めっちゃいいやつで、めっちゃイケメンでした。

顔がイケメンではなくて、性格がです。

ほんとに、スクラル星人ごめんなさいと言いたいところでしたねえw

ローソン博士は、スクラル星人たちを助けようとしていたんです。

スクラル星人は、クリー人に従わなかったために、攻撃されていた側だったという訳です。

彼らが求めていたのは、ローソン博士の開発したコア・エンジン。

なぜなら、コア・エンジン=スペース・ストーンの力があれば、はるか彼方の安住の地に移住できるからです。

エンドロール

スティーブ・ロジャース、ナターシャ・ロマノフが、話しているシーンから。

フューリーが誰にコンタクトをとっていたのかを探ろうとしていたナターシャ・ロマノフ。

彼女が振り向いた先に、キャプテン・マーベルの姿が。

Where is Fury?

といってエンドロールは終わります。