【 マーベルの歴史 】 初のヒット作品ブレイド〜スパイダーマンまでを振り返る

マーベルの歴史

ブレイド

Bladeブレイド

DCコミックスのように、大ヒット映画に恵まれていなかったマーベル。

どれもスーパーマンやバットマンのように、会社の業績を左右するほどのヒットはせず。

落ちるところまで落ちたマーベル。

底まで落ちると後は上がるだけです。

ブラックホールの闇に堕ちたマーベルに救世主が現れます。  

主人公は、吸血鬼のヒーロー。

マーベル原作キャラクターです。

ブレイドは、マーベル原作のキャラクターです。

敵の吸血鬼をウェズリースナイプスが切って切りまくるだけのアクション映画です 。

最終的には制作費4000万ドルの映画「 ブレイド 」は世界で13000万ドルの大ヒット。

マーベル社にとって、記念すべき大ヒット映画の第1号は、救世主ブレイドです。

公開日

1999年5月22日

上映時間

120分

キャスト

  • スティーヴン・ノリントン(監督)
  • ウェズリー・スナイプス

予告編

作品評価

勝手に評価
映像
(3.5)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.5)
リピート度
(3.5)
グロ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

当時のマーベルはブレイドの映画権を手放していたため、ブレイドの大ヒットでマーベルが稼いだ収益は25000ドルのみだったと言われています。

救世主ブレイドは利益をもたらしたというよりも、マーベルブランドを世間に広めたという意味合いが強かった。

エックスメン

X-MENX-MEN

映画製作をしていなかったのかと思いきや、マーベルは3本の映画を公開しました。

キャプテン・アメリカ、ファンタスティック・フォー、パニッシャー。

ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、パトリック・スチュワートらが出演。

全世界興行収入で約3億ドルを記録。

公開日

2000年10月7日

上映時間

104分

キャスト

  • ブライアン・シンガー(監督)
  • ヒュー・ジャックマン
  • パトリック・スチュワート
  • イアン・マッケラン

予告編

作品評価

勝手に評価
映像
(3.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

▶︎ X-MENシリーズ(まとめ)

デア・デビル

Daredevil
デア・デビル

公開日

2003年4月5日

上映時間

103分

キャスト

  • マーク・スティーヴン・ジョンソン(監督)
  • ベン・アフレック
  • コリン・ファレル

コメント

デア・デビルは、スタン・リー原作のキャラクターとして1964年に登場。

1980年代、フランク・ミラーによって人気に火が付いたキャラクターです。  

予告編

作品評価

勝手に評価
映像
(3.0)
脚本
(1.0)
キャスト
(2.0)
音楽(BGM)
(1.0)
リピート度
(1.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(1.0)

X-MEN2

X-MEN2X-MEN2

公開日

2003年5月3日

上映時間

135分

キャスト

  • ブライアン・シンガー(監督)
  • ヒュー・ジャックマン
  • パトリック・スチュワート
  • イアン・マッケラン
  • ハル・ベリー

予告編

作品評価

勝手に評価
映像
(3.5)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

ファンタスティック・フォー

Fantastic Four
ファンタスティック・フォー

公開日

2005年9月17日

上映時間

110分

キャスト

  • ティム・ストーリー(監督)
  • クリス・エヴァンス
  • ジェシカ・アルバ
  • ヨアン・グリフィズ
  • ジュリアン・マクマホン
  • マイケル・チクリス

予告編

作品評価

勝手に評価
映像
(3.5)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.5)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.5)

コメント

マーベルコミックス原作の映画はコンスタントに公開されるようになります。

「 デア・デビル 」「 ファンタスティック・フォー 」も評価はイマイチでしたが、興行的には成功を収めてます。

マーベルにとって救世主のブレイドは大ヒットを記録しました。

ブレイドの件もありマーベルの中では、映画製作について変革を求める声が次第に増えていきます。

その中には、現マーベルスタジオズ社長ケヴィン・ファイギの姿がありました。

彼はのちのマーベルスタジオズを牽引することになる重要人物です。  

1 2 3