『スポーン』リブート版 トッド・マクファーレン監督、主演はジェイミー・フォックスに決定

イメージコミックス

トッド・マクファーレン

1990年代後半、日本で社会現象にまでなったマクファーレントイズの人気キャラクタースポーン。

スポーンの原作はトッド・マクファーレン。


彼はマーベルコミックスの『アメイジング・スパイダーマン』『インクレディブル・ハルク』で作画を務め、

1990年には『スパイダーマン』の原作と作画を務めた人物です。

日本ではコミックが売れるとそれを手がけた漫画家に収益が多く入る仕組みですよね。

マーベルコミックスやDCコミックスのような大手出版社では、キャラクター権利は全て会社の所有物になります。

コミックス作家がどれだけ活躍しても、収益は会社に入り作家たちには利益が還元されなかったのです。

そうした仕組みに不満を持っていたトッド・マクファーレンをはじめとしたコミックス作家たちは、イメージコミックス』という新会社を設立。

新会社イメージコミックスでは、キャラクター権利が作家たち個人が所有するため、収益はコミックス作家たちに入るようになり、以前よりも状況が大きく変わります。

スポーンはイメージコミックスのトッド・マクファーレン原作で出版され、超人気キャラクターとなります。

その後、トッド・マクファーレンは『マクファーレントイズ』という会社を設立し、自身が手がけたフィギュアを販売。

彼が手がけたフィギュアは凄まじい勢いで売れ、マニアの間ではフィギュアの価格も高騰し日本でもスポーンブームが到来。

東京の原宿などで販売されていたのは懐かしいですよね。

スポーン

人気になった原作キャラクタースポーンは、実写版でも公開されます。

スポーン(1997)

映画『スポーン』(1997)は、大ヒットとまではいかず微妙な結果で終わります。

スポーンのテーマはです。原作は『愛』をテーマにヒットしました。

まるで『北斗の拳』です。ユリアを求め、ケンシロウ、ラオウ、シンが争ったようにテーマが『愛』なのです。

原作が人気だから映画も大ヒットするかと言われると違う気もしますが、スポーンはそんな良い例ではないでしょうか。

スポーン続編

近年になり、トッドマクファーレンが新スポーン制作に向けて脚本を書き始め、自ら監督とプロデュースを行うことを発表。

映画『スポーン』が再び映画として戻ってきます。

スポーンのリブート版は、R指定作品。

トッドマ・クファーレンは、デッド・プール以上の激しい描写が多く登場すると言及しています。

主演は、ジェイミー・フォックスが演じます。

主人公は、元CIAエージェントのアル・シモンズ。

まとめ

撮影はすでに開始されており、3部作になる予定。

トッド・マクファーレンは、監督未経験なので、おそらく盛大にコケるか大ヒットになるかの2択なのでは?

予算自体もそれほど高くなく1200万ドル程度。

コアなファンも多いので意外とヒットするかもしれません。