▶︎▶︎映画・アメコミ情報の無料メルマガ

アメコミファンの勢力図。マーベル女子とは?

アメコミの2大勢力であるマーベルとDC。

ここにダークホースコミックスが続きます。

今回はツイッターから見えてくるアメコミファンの種類と勢力図について簡単に分析してみました。

完全なる勝手な分析です。あなたがどの層に属すのかわかってもらえたら嬉しいです。

原作コミックスファン

タイトルの通り、原作コミックスからアメコミを好きになった層。

原作のマーベルコミックス、DCコミックス、ダークホースコミックスを読んでアメコミファンになったので、アメコミにかなり詳しい。

DC映画(DCEU)はこの順番でみるべし

◎特徴◎

特徴

中途半端なアメコミ知識のファンに対してかなり厳しい。ツイッターでもにわかファンと呼ばれる層と日々バトルを繰り広げている。半端な知識では論破できない。原作知識を武装して挑む必要あり。保守勢力である。

MCUとDCEU以前からのファン

MCUのアイアンマン以前、DCEUのマンオブスティール以前の映画からファンになった層。

ブレイドや、インクレディブル・ハルク、スパイダーマン、X-MEN、バットマンやダークナイトシリーズ、グリーン・ランタンといった映画からアメコミを好きになったファン。

特徴

比較的温厚なファンが多い。SNSではあまりバトルを繰り広げない草食系。近年登場した新人類である。中立的スタンスが多い印象。

MCUとDCEUからのファン

マーベル映画のアイアンマン、DC映画のマンオブスティールからファンになった層。

ファンの割合的には一番多く勢力では一番大きい。

温厚なファン、詳しいとされる人からは知ったかと言われるファン、マーベル女子を叩く過激なファンに分類される。

特徴

とにかくマーベル女子を叩く。あまりアメコミに詳しくないファンを叩く。ただ、原作ファンからは『MCU、DCEUの映画からアメコミを知った若造が!!』と叩かれる。叩くほうも叩かれるのを度々目にします。最も勢力が強い層なので、今後のアメコミブームを牽引していく重要なリーダー勢力であります。

ロキ信者

マーベル映画に登場する人気キャラクター、ロキの熱狂的ファンを指す。ロキ推しの人たちであります。

彼らは、ロキをロキ様と呼ぶことが多い。ロキ様 仏さま。女性層からの支持が高く結束力も強い。

特徴

敵に回すと厄介である。SNSでは論破力を兼ね備えており、結束すると強い(特に海外では)敵に回さない事を祈る。新人類とは一線を画す力を持つ勢力であります。

コミコン東京(2018)

今年もやってきました。

トム・ヒドルストン、ジェレミー・レナ、エズラ・ミラーが来日します。

セバスチャン・スタン、アンソニー・マッキーは来日中止。

2018 東京コミコンにトム・ヒドルストンがゲスト来日!コミコンを楽しもう!

スポーン世代

日本でスポーンが社会現象になった時に、ファンとなった層。

スポーンを愛しており、近年のMCU、DCEU作品にはあまり興味がない人もいれば、好きな人もいる。

我が道を行く感じですかね。

リブート版『スポーン』で主演を演じるのはジェイミーフォックスに決定。トッドマクファーレンとスポーンを知ろう。

特徴

SNSでは、あまり話題になる事がない。絶滅危惧種の天然記念物例えるならばオオサンショウウオ。若い世代には少なく、おじさん世代に多いのが特徴である。

若い世代からは『スポーン?何それ?すっぽん?』そんな状態であります。

個人的にもスポーン世代であり、スポーンの大ファン。フィギュアの完成度は凄まじい。

いくつのフィギュアを購入したものか。若い世代にもスポーンの魅力を知ってもらいたいものである。

スポーンはまだ死んでいない。

マーベル女子

近年、勢いを増してきた勢力。マーベル女子は大きく分けて2種類に分類されます。

比較的アメコミ作品に詳しいマーベル女子とアメコミ作品を全く知らないマーベル女子。

SNSで日々叩かれている。叩かれるマーベル女子は、大抵が後者。

もはや叩かれるのが日課である。マーベルロゴがかわいい。トムホランドかわいい。アイアンマンって何?ジョーカーって何?ティッシュ一枚くらいに薄いのが叩かれる要因。

特徴

マーベルファン、DCファンから標的にされることが多い。標的にされたら最後。ひたすら叩かれます。とにかく好きな理由が、メディアで取り上げられる機会が多く、後も力をつけていく事が予想される。最近は叩かれすぎて免疫力が大幅にアップしているマーベル女子も出現している。

X-MEN世代

タイトル通り、X-MENが大好きな層。

マーベル映画『X-MEN』シリーズはこの順番でみるべし X-MEN アポカリプスの続編 『ダークフェニックス』のあらすじ&キャスト。ジーングレイが暴走化!強さはX-MEN最強。

2000年に公開された『X-MEN』は、現在までマーベルを代表する映画シリーズとして君臨。コアなファンもかなり多い。

特徴

男性、女性層にもファンが多いのが特徴。

X-MENシリーズは、MCU(マーベルシネマティックユニバース)とは別物であり、マグニートー、プロフェッサーX、ウルヴァリン、サイクロップスといったミュータントが数多く登場。

『マーベルやDCも好きだけど、やっぱりX-MENが好き!』という人はかなり多い。

SMUシリーズ

X-MENシリーズとは異なる、SMU(ソニー・マーベル・ユニバース)が始まりました。

SMUは、ヴェノムからスタートします。

ヴェノムは、控えめにいっても最高でしたよ。

【ネタバレあり】スパイダーマンの宿敵 『ヴェノム』の続編とSMU(ソニーマーベルユニバース)構想について ソニー・ピクチャーズ タイトル未定のマーベル映画2作品を2020年に公開と発表、そのうち1つはSMUヴェノム続編の可能性濃厚 SMU(ソニー・マーベル・ユニバース) ヴェノムについて、カーネイジは続編に登場か

原作と映画

結論、どちらから入っても問題なし。

『映画ではこうだったけど、原作ではどうだったのか?』と調べたり、原作を読んだりすると新しい発見もあるので、おすすめ。

ヨーロッパや北米・南米においては、アメコミ=コミックスという認識が一般的なので、コミックス⇒ファン、逆にアジア圏では、映画作品⇒ファンとなる人が多いのが特徴。

近年マーベルファンの男女比率は、1:1の割合。

数年前と比較すると女性ファン比率が40%近く伸びてます。

そのほとんどが映画からファンになった層と思われます。

現在、マーベルコミックス編集者の半数が女性で構成されているので、今後は女性向けヒーローも多く登場することでしょう。

2019年公開『キャプテンマーベル』は大注目であります。

アベンジャーズ4に登場するキャプテンマーベルの強さはMCU最強か。MCU初の女性ヒーロー単独作品。主人公キャロルダンバースについて。

スタン・リー逝く

マーベルの巨匠、スタン・リーが天国へ旅立ちました。

今後も天国で温かく見守ってくれることでしょう。

マーベルの巨匠 スパイダーマンの生みの親 スタン・リー氏が逝く、カメオ出演はアベンジャーズ4が最後

スタン・リーのカメオ出演は有名ですよね。

来年公開のアベンジャーズ4が、最後のカメオ出演になる可能性が濃厚です。

アベンジャーズ4の正式タイトルはエンドゲームに決定。MCUフェイズ3 最終章で最重要人物はキャプテン・マーベル!

まとめ

マーベル女子はメディアが作り上げたものですが、DC女子も増えてほしいですよね。

色々と分類すると終わりが見えないので大まかに分けただけです。

気が向いたらもっとわかりやすく追記していきます。

ツイッターでは案の定、たくさんのDMやコメントがきてプチ炎上しましたが、全然もーまんたい。

どう受け取るかは人それぞれです。あんまり真意を汲み取れない人も中にはたくさんいますが、それはそれでいい。

勝手に批判してくれたまえ。

アメコミ好きなら原作知らなかろうが、詳しくなかろうが関係ないんです。

アメコミが盛り上がれば、それでいいと思ってます。

インフィニティウォーが公開されてサノスが登場しました。

MCU マーベル映画の名言と名シーン/ アベンジャーズ インフィニティウォーまでを振り返る

インフィニティウォー 今後の展開と考察。衝撃のラストとは。

サノス女子はまだ現れないの?

マーベル映画(MCU作品)はこの順番でみるべし/ MCU フェイズ2/ ⑦~⑫まで マーベル映画(MCU作品)はこの順番でみるべし/ MCUフェイズ3 マーベル映画(MCU作品)はこの順番でみるべし/ フェイズ1①~③まで マーベル映画(MCU作品)はこの順番でみるべし/ MCUフェイズ1 ④~⑥まで

 ↓ ↓ ↓