デッド・プール(デップー)の魅力と歴史、語りかけスタイルはスタン・リーが原点

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

デッド・プールは、マーベルの中でも異色といってもいいでしょう。

今回は、デップーの魅力と歴史について触れていきます。

画像の引用元:IMDb公式サイトより 

デッド・プール

Deadpool

公開日

2016年6月1日

上映時間

108分(R指定)

キャスト

  • ティム・ミラー(監督)
  • ライアン・レイノルズ
  • エド・スクライン

予告編

制作費

マーベルが制作している映画作品のほとんどが、制作費2億ドルというとてつもない予算です。

しかしながら、デッド・プールの制作費用は、6000万ドルにも満たない低予算です。

それにもかかわらず、同年に公開されたバットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の興行収入を超える大ヒットを記録。

映画化の裏話

デッドプールの映画化には、ライアン・レイノルズ、ティム・ミラーといった人物の活躍が大きい。

映画化にふみきれなかったマーベルが、デッド・プール公開を決めたのには、ちょっとした裏話があります。

ティム・ミラーは、のちに、デッド・プール(2016)の監督を務める人物。

彼が作ったデッド・プールのCG映像がネットに流出し、大反響となったのがきっかけで、マーベルが重い腰をあげたのでした。

流出させた人物は、今でも判明していないですが、ティム・ミラーじゃないですかね(笑)

デッド・プール2

Deadpool2

公開日

2018年6月1日

上映時間

120分(R指定)

キャスト

  • デヴィッド・リーチ(監督)
  • ライアン・レイノルズ
  • ジョシュ・ブローリン
  • モリーナ・バッカリン
  • ザジー・ビーツ

予告編

スタン・リー

デップーのように、観客に話しかけるキャラクターは、過去のマーベルキャラクターにはいませんでした。

ジョークやマーベル作品への皮肉を観客に語りかけますが、この語りかけスタイルはセンスがあって素敵ですよね。

そのスタイルのルーツ的存在ともいえる人物がスタン・リーです。

マーベル映画に、カメオ出演することでも有名ですよね。

編集長時代のスタン・リーは、コミックスの中から読者に語りかけるメッセージを多く投稿し、自らもキャラクターとなって登場しています。

観客に語りかける独特のスタイルは、スタン・リーが原点でして、彼自身が何十年も前にコミックスの中で取り入れて、現代のデッド・プールに活かされているのです。

スタン・リー逝く

いつものようにスクリーンに登場していたスタン・リーの訃報を聞いて驚いたことでしょう。

天国に旅立ちました。

きっと、天国から見守ってくれることでしょう。

カメオ出演は、エンドゲームが最後になりますね。

デッド・プールの歴史

ニュー・ミュータンツ#98

初登場は、1990年。

生みの親は、ロブ・ライフェルドファビアン・ニシーザです。


コミックスの中では『ニュー・ミュータンツ#98』でヴィランに雇われた傭兵として登場しました。

Xフォース


続編である『Xフォース』にも登場します。

映画『デッド・プール』でX-MENに対する皮肉を連発しているデップーをみることができます。

1996年ライターがジョー・ケリーに代わると、バイオレンスジョークを連発するデップーの強烈なキャラクターイメージが形成されます。

マーベルキャラクターは、ライターが交代して連載が続けられます。

アメコミの連載は分業体制でして、それゆえに、担当が多く入れ替わります。

デッド・プールも、担当ライターが多く交代しています。

デッド・プールは、当初から強烈なキャラクター像だったので、ライターが交代されても、キャラクター像がブレずに人気となった希少な存在なのです。

むしろ、担当ライターが交代するにつれて、デッド・プールの特殊能力がグレードアップされていきます。

『マーベル vs カプコン3』(2011)

『デッド・プール』(2013)

上記、2つのゲームが発売されたことで、デッド・プールの認知度は急上昇します。

まとめ

X-MENとの関連もありますが、デッド・プールは、単独作品として楽しむといいでしょう。

グロが苦手な人は、見ないことをおすすめします。