デッド・プール(デップー)の魅力と歴史について、語りかけスタイルはスタン・リーが原点

このデッド・プールというキャラクター。

マーベルの中でも異色といってもいいでしょう。

今回は、デップーについて解説していきますよ。

デッド・プール

デッド・プール(2016)

公開日

2016年6月1日

上映時間

108分(R指定)

キャスト

キャスト

ティム・ミラー(監督)
ライアン・レイノルズ
エド・スクライン

予告編

制作費

マーベルが制作している映画作品のほとんどが制作費2億ドルというとてつもない予算。

デッド・プールにかけられた制作費用は6000万ドルにも満たない低予算です。

それにもかかわらず、同年に公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の興行収入を超えるメガヒットを記録。

デッド・プール映画化の裏話

デッドプールの映画化には、ライアン・レイノルズ、ティム・ミラーといった人物の活躍が大きい。

映画化に踏みきれなかったマーベルが、デッドプール公開を決めたのにはちょっとした裏話があります。

ティム・ミラーはのちに『デッド・プール』(2016)の監督を務める人物。

元々は、CG制作の会社を経営していたティム・ミラー。

彼が作ったデッド・プールのCG映像がネットに流出し大反響となったのがきっかけで、マーベルが重い腰をあげたのでした。

流出させた人は今でも判明してないですが、ティム・ミラーじゃないですかねw

これ絶対に確信犯だと僕は思ってますよw

デッド・プール2

デッド・プール2(2018)

公開日

2018年6月1日

上映時間

120分(R指定)

キャスト

キャスト

デヴィッド・リーチ(監督)
ライアン・レイノルズ
ジョシュ・ブローリン
モリーナ・バッカリン
ザジー・ビーツ

予告編

マーベルの巨匠

スタン・リー

デップーのような映画をみている人たちに話しかけるぶっとんだキャラクターは、過去のマーベルキャラクターにはいませんでした。

デッド・プールがジョークやマーベル作品への皮肉を映画をみている私たちに語りかけますが、この観客に語りかけるスタイルはセンスがあって素敵ですよね。

そのスタイルのルーツ的存在ともいえる人物がスタン・リーです。

よく聞く名前ではないでしょうか。

マーベルのレジェンド。アメコミ界の巨匠です。

この人なしに、現在のマーベルはなかったことでしょう。

カメオ出演することでも有名な元気なおじいちゃん。

かなりお茶目でかわいいおじいちゃんです。もう映画にでたくてでたくて仕方がないんでしょうね。

編集長時代のスタン・リーは、コミックスの中から読者に語りかけるメッセージを多く投稿し、自らもキャラクターとなって登場しています。

デップーの斬新な語り口スタイルは、スタン・リーが原点といってもいいでしょう。

みている側に語りかける独特のスタイルは、スタン・リー自身が何十年も前にコミックスの中で取り入れており、現代のデッド・プールに活かされているということです。

スタン・リー逝く

いつものようにスクリーンに登場していたスタン・リーの訃報を聞いて驚いたことでしょう。

天国に旅立ちました。

きっと、天国から見守ってくれることでしょう。

カメオ出演は、アベンジャーズ4が最後になりますね。(濃厚)

マーベルの巨匠 スパイダーマンの生みの親 スタン・リー氏が逝く、カメオ出演はアベンジャーズ4が最後