死霊館(アナベル)シリーズはこの順番で見るべし(時系列も解説)

死霊館シリーズ

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

「 死霊館 」ユニバースは、「 死霊館 」、「 アナベル 」シリーズと、スピンオフ作品から成ります。

本記事では、ユニバースの魅力と、作品をさらに楽しむためのポイントを解説します。

なお、観賞中、怪奇現象が起きても責任は負えません。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む

事前知識

死霊館シリーズ

©死霊館シリーズ

公開順

  1. 死霊館
  2. アナベル 死霊館の人形
  3. 死霊館 エンフィールド事件
  4. アナベル 死霊人形の誕生
  5. 死霊館のシスター
  6. ラ・ヨローナ 泣く女
  7. アナベル 死霊博物館
  8. 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

時系列順

  1. 死霊館のシスター
  2. アナベル 死霊人形の誕生
  3. アナベル 死霊館の人形
  4. アナベル
  5. アナベル 死霊博物館
  6. ラ・ヨローナ 泣く女
  7. 死霊館 エンフィールド事件
  8. 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

死霊館

死霊館

©死霊館

公開日

2013年10月11日

原題

The Conjuring

上映時間 

112分

キャスト

  • ジェームズ・ワン(監督)
  • ヴェラ・ファーミガ
  • パトリック・ウィルソン

予告編

公式サイト

なし

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(4.0)

考察レビュー

死霊館

©死霊館

「 考えてもゾッとする。話しても信じてもらえない 」

「 信じるよ。初めから話して 」

1968年に、アナベル・ヒギンズという7歳の少女の霊が人形に乗り移るという事件がありました。

エド(教会公認の悪魔研究家)とロレイン(透視能力者)のウォーレン夫妻は、心霊現象の研究家。

彼らが語らなかった最も邪悪な事件。 

これは実話である。

舞台は3年後、ロードアイランド州の、ペロン家の夫婦と5人の娘が引っ越した野中の古い1軒家。

翌朝に変死する飼い犬。

3時7分で止まる時計。

妻の増えるアザや、娘たちの奇怪な行動。

偶然見つけた地下室。

作家の京極夏彦が「 いるの いないの 」で、見なければ見えない、という幽霊の怖さを書いていますが、この事件では、見ざるを得ません。

ジェームズ・ワン監督は、あえて古典ホラーの手法を取り、「 呪われた家 」を描いています。

見せすぎない、さじ加減が、良い塩梅です。

何が1番怖いかというと、実際にあった話をベースにしていることですね。

今作は、時系列だと4番目になります。

アナベル 死霊館の人形

アナベル 死霊館の人形

©アナベル 死霊館の人形

公開日

2015年2月28日

原題

Annabelle

上映時間 

98分

キャスト

  • ジョン・R・レオネッティ(監督)
  • アナベル・ウォーリス
  • ウォード・ホートン
  • アルフレ・ウッダード

予告編

公式サイト

なし

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(3.0)

考察レビュー

アナベル 死霊館の人形

©アナベル 死霊館の人形

「 考えてもゾッとする。話しても信じてもらえない 」

「 手とか足の位置が変わっていたり、うつむいてた顔が上がったり、ある日別の部屋に移動していたわ 」

これは実話である。

「 アナベル 」シリーズの1作目。

時系列3番目。

1969年、サンタモニカ。

ジョンとミアの若い夫婦は、隣家の惨殺事件を目撃します。

主犯のメンバーは、ハリウッド女優シャロン・テート事件。

詳細は「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年)」他)を起こしたカルト教団。

今作では、ペレズ神父がアナベル人形の引き起こす恐怖の連鎖から、ジョンとミアを助けようと奔走します(「 ラ・ヨローナ~泣く女~ 」にも登場)

前作、大学で講義をしたエド・ウォーレンによると、恐怖の定義とは、差し迫った危機により動揺して不安に陥ることだそうです。

ペレズ神父「 恐怖を作るのは自分自身です 」

私「 いえ。それは、映画監督の役目でしょう 」

今作の監督は、前作で撮影監督を務めた、ジョン・レオネッティ。

彼は「 チャイルドプレイ3 」の撮影監督でもあります。

監督ごとの、テイストの違いを感じられるのもユニバースの魅力の1つですね。

死霊館 エンフィールド事件

死霊館 エンフィールド事件

©死霊館 エンフィールド事件

公開日

2016年7月9日

原題

The Conjuring 2

上映時間 

133分

キャスト

  • ジェームズ・ワン(監督)
  • ヴェラ・ファーミガ
  • パトリック・ウィルソン

予告編

公式サイト

死霊館 エンフィールド事件

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

考察レビュー

死霊館 エンフィールド事件

©死霊館 エンフィールド事件

「 死霊館シリーズ 」2作目にして、ジェームズ・ワンの本領発揮。

時系列7番目。

深夜に観賞してたら、鏡ごしに白目のシスターが移り、首を絞めるシーンで、妻が起きてきて通り過ぎ、口から心臓が飛び出しました。

これは実話である。

ウォーレン夫妻が、怖がりながらも二人三脚で、悪魔退治に挑む姿にエールを送りたくなります。

ユニバースに登場するか、しないかによって作品の盛り上がりが全然違いますね。

もっとも信ぴょう性の高い心霊現象として有名なエンフィールド事件。

悪魔の使い、ヴァラクが登場(「 死霊館のシスター 」ではメインのホラーキャラに)

実在した住人のペギー・ホジソンは晩年まで、エンフィールドの館に住み続け、2003年に居間の椅子で、息を引き取ったそうです。

その40年前に前住人のウィルキンスが亡くなった椅子で。

総合的に、ユニバースでもっとも完成度が高い作品だと思います。

エンドロールでは、実際にエドの行ったインタビューの録音(悪魔との対話シーン)と写真が公開されています。

アナベル 死霊人形の誕生

アナベル 死霊人形の誕生

©アナベル 死霊人形の誕生

公開日

2017年10月13日

原題

Annabelle Creation

上映時間 

110分

キャスト

  • デヴィッド・F・サンドバーグ(監督)
  • ステファニー・シグマン
  • タリタ・ベイトマン
  • ルル・ウィルソン
  • フィリパ・クルサード

予告編

公式サイト

アナベル 死霊人形の誕生

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(2.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(3.0)

考察レビュー

アナベル 死霊人形の誕生

©アナベル 死霊人形の誕生

「 アナベル 」シリーズ2作目。

時系列2番目。

1945年、人形職人の夫妻が、愛娘を交通事故で亡くしたことが始まり。

マリンズ玩具工房で作られたアナベル人形は、限定品100体。

人形工場で大量生産されるグッドガイ人形(チャッキーの原型)よりもレアですね。

それから時が流れて1957年、この夫妻が、孤児院の少女たち6人と付き添いのシスターを家で受け入れることに。

封印されていたアナベル人形を発見した少女。

それ以降、奇怪な事件が続発します。

「 あっ! 」と声が出るシーンも。

B級ホラーの常套手段ではありますが、音で驚かせるのは反則ワザですよね。

それでも観賞するときは、ヘッドフォン着用をオススメします(笑)

少女が、「 呪怨(2000年) 」の伽倻子のようなアクロバティックな動きをします(「 エクソシスト(1973年) 」の悪魔に憑かれた少女が元祖?)

エンドロールで、アナベル人形のアップが映されます。

息を止めてじーっと見つめてください。すると……!?

ところで、あれって本物?

いえ。

本物のアナベル人形は、ラガディ・アンという可愛らしい布製の抱き人形だそうです。

現存するウォーレン夫妻の、オカルト博物館に厳重に保管されているのです。

死霊館のシスター

死霊館のシスター

©死霊館のシスター

公開日

2018年9月21日

原題

The Nun

上映時間 

96分

キャスト

  • コリン・ハーディ(監督)
  • タイッサ・ファーミガ
  • デミアン・ビチル
  • ジョナ・ブロケ
  • ボニー・アーロンズ

予告編

公式サイト

死霊館のシスター

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(3.0)

考察レビュー

死霊館のシスター

©死霊館のシスター

1952年、ルーマニアの聖カルタ修道院が舞台。

スピンオフ1作目で、時系列1番目。

今作では、黒魔術によって呼び出された悪魔の化身ヴァラクの起原が明かされます。

ホラー色が強く(とは言っても死霊館ユニバースは、ホラー初心者向けです)、ややグロ描写が多め。

映像と音がクリアになった印象を受けました。

見所は、アイリーンの初々しさでしょうか。

「 死霊館 」シリーズでは、欠かせないウォーレン夫妻のロレイン役を演じるベラ・ファーミガの妹、タイッサ・ファーミガが主演のアイリーンを務めています。

余談ですが、最新作の「 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。 」には、エド・ウォーレン演じるパトリック・ウィルソンの兄、ポールも出演しています。

ピエルタン村の案内人であるモーリス青年の、悪魔に憑依された実際の映像が、「 死霊館 」に出て来るビデオ映像と繋がります。

ラ・ヨローナ 泣く女

ラ・ヨローナ 泣く女

©ラ・ヨローナ 泣く女

公開日

2019年月20日

原題

The Curse of La Llorona

上映時間 

93分

キャスト

  • マイケル・チャベス(監督)
  • リンダ・カーデリーニ
  • レイモンド・クルス
  • パトリシア・ヴェラスケス

予告編

公式サイト

ラ・ヨローナ 泣く女

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(3.0)

考察レビュー

ラ・ヨローナ 泣く女

©ラ・ヨローナ 泣く女

スピンオフ2作目。時系列6番目。

1673年、メキシコ。息子二人を川で溺死させている母。

1973年、ロサンゼルス。

「 ラ・ヨローナ 」がさらいに来るぞ、とは中南米で子供を諭す時の常套句だそうです。

アメリカでは「 良い子にしていないと、ブギーマンが来るぞ 」とするのが主流で、「 ハロウィン(1973年)」「 来る(2017年)」などでも、登場します。

日本だと、鬼が来て山に連れて行かれちゃうぞ、といったところでしょう。

いわゆる子どもたちに恐怖を想起させるための代名詞。

IT イット(2017年) 」では、登場人物たちの恐怖の対象が、それぞれの「 それ 」となって登場していましたね。

イットと言えば、白いドレスの泣き女(ラ・ヨローナ)の驚かし方が、ITのそれ。

脚本家(ゲイリー・ドーベルマン)が同じなのですね。

「 説明できないことが存在する 」ことをアナベル人形に教わったペレズ神父の紹介で、呪術医(科学と宗教に背を向けた、元聖職者)が登場。

うさん臭さも含め、なかなか楽しめますよ。

白いドレスが、ウォーレン宅の死霊博物館に保管されているシーンが、次作でチラッと映ります。

アナベル 死霊博物館

アナベル 死霊博物館

©アナベル 死霊博物館

公開日

2019年9月20日

原題

Annabelle Comes Home

上映時間 

106分

キャスト

  • ゲイリー・ドーベルマン(監督)
  • マッケナ・グレイス
  • マディソン・アイズマン
  • ケイティ・サリフ
  • パトリック・ウィルソン
  • ヴェラ・ファーミガ

予告編

公式サイト

アナベル 死霊博物館

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

考察レビュー

アナベル 死霊博物館

©アナベル 死霊博物館

「 アナベル 」シリーズ3作目、時系列5番目。

ユニバース最大の魅力は、実話ベースであること。

さらに、アナベル人形と、死霊館シリーズの主役のウォーレン夫妻の存在でしょう。

今作は、その三本柱が揃っているので、それは面白いはずです。

ウォーレン夫妻、曰く、人形は媒体、悪魔は人間に巣食う。

とはいえ、アナベル人形の存在感が尋常じゃないですね。

メアリービル墓地での、人形が霊を呼び寄せまくりシーンも実話ベースであるとか。

ウォーレン家の保管室は、世界有数のオカルト博物館で、毎週、保管室を清めていて、全ての品に恐ろしい過去があるとか。

そこへやってきた最も邪悪なもの。

アナベル・カムズ・ホーム。

見どころは、ウォーレン夫妻の娘ジュディの活躍。

夫妻は出張中のため、恐怖のホーム・アローン。

とはいえ、ベビーシッターと友人のダニエルも、ともにステイホームすることに。

ダニエルが、死霊博物館(邪悪なアイテムの保管室)に忍び込み、あれこれ触れまくるのには、ドキドキします。

それだけは、触れてはイケナイ、というものに触れてしまうのは、ゴシックホラーの定番ですね。

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

©死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

公開日

2021年月20日

原題

The Conjuring The Devil Made Me Do It

上映時間 

112分

キャスト

  • マイケル・チャベス(監督)
  • ヴェラ・ファーミガ
  • パトリック・ウィルソン
  • スターリング・ジェリンス
  • ルアイリ・オコナー

予告編

公式サイト

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(4.0)

考察レビュー

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

©死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

死霊館シリーズ3作目、時系列8番目。

監督は「 ラ・ヨローナ 」のマイケル・チャベス。

この夏は、死霊館ユニバース全作品を通しで観たためか、正体不明の肩の重さに悩まされていました。

最新作は、劇場で鑑賞。

1981年、アメリカ。

悪魔に憑依された、アーニー・ジョンソン青年は、家主を22回刃物で刺して、法廷で「 悪魔のせい 」だと主張します。

これも、やはり、実話です。

ウォーレン夫妻は、被告の悪魔の存在を立証する役目を引き受けることに。

ドアを叩く音を含めた音響効果や、視覚的な演出は、やはり劇場ならではの迫力でした。

単作で観るよりも、1作目から繋げて観たら、面白さは倍増しますね。

死霊館シリーズとジェームズ・ワンへのリスペクトが、しっかりと感じられました。

ウォーレン夫妻の馴れ初めのシーンでは「トゥルー・ロマンス(1993年)」の純愛ぶりを思い出しました。

さて、死霊館尽くしで両肩に取り憑いた、正体不明の何かを取り払いに、教会…ではなく、整体へ行くとします。

まとめ

死霊館ユニバースの魅力は、一見繋がりのなさそうな作品やシリーズが繋がることで、怖さ・面白さが深まるところにあります。

まずは、公開順に。

そのあとは、時系列で鑑賞するのがオススメです。

観賞中に体調不良を感じたら速やかに教会……ではなく病院へお急ぎください。