【 ハーレイ・クイン 】バーズ・オブ・プレイ、制作費は7500万ドルでDCEUシリーズ最低予算!

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

DC最新作 バーズ・オブ・プレイ(Birds Of Prey)について紹介していきます。

アメコミキャラクターといえば、原作キャラクターから実写版キャラクターという流れが一般的。

しかし、ハーレイ・クインの場合は、アニメから原作へ逆輸入された珍しいキャラクターなのです。

ジョーカーの恋人としても有名ですよね。

スーサイド・スクワッドに初登場したハーレイ・クイン。

ジョーカーとハーレイ・クインのシーンは、大幅にカットされた残念な作品でした。(しかも駄作)

とはいえ、駄作といいながらも僕は、めちゃくちゃ期待してました。

今作は、ハーレイ・クイン単独作品ということもあり、注目が集まります。

サクッとみていきましょう。

作品情報

公開日

2020年2月7日(全米公開)

日本公開は未定

上映時間

発表まち

キャスト

キャスト
  • キャシー・ヤン(監督)
  • マーゴット・ロビー
  • メアリー・エリザベス・ウィンステッド
  • ロージー・ペレス
  • ジャーニー・スモレット=ベル
  • エラ・ジェイ・バスコ
  • ユアン・マクレガー
  • クリス・メッシーナ

ぼくは、メアリー・エリザベス・ウィンステッドが大好きです。

ファイナル・デッドコースター、10 クローバーフィールド・レーンにも出演している女優さん。

ティザー動画

公式サイト

バーズ・オブ・プレイ

最低予算

View this post on Instagram

That’s A Wrap! 💋

A post shared by @ margotrobbie on

今作の制作費は、DCEUシリーズ最低予算です。

マーゴット・ロビーの、VOGUEインタビュー内容をシンプルに箇条書きにしました。

 

要約
  • 制作コストは、わずか7500万ドル
  • シャザムような視覚効果はなし
  • R指定の可能性あり

 

予定どおり、予算内での撮影が進んだ模様。

予算かければいいってもんじゃないですよね。

理想は、安くて高クオリティー。

シャザムの制作費9000万ドルを、はるかに下回る低予算です。

とはいえ、DCとしてコケる訳にはいきません。

R指定の可能性

R指定の可能性についても言及されています。

マーゴット・ロビーは制作にも関わっており、バーズ・オブ・プレイをスタジオに売り込んだ時、すでにR指定構想を描いていたそうです。

 

 

ビジュアル公開

View this post on Instagram

Miss me? 💋HQ

A post shared by @ margotrobbie on

マーゴット・ロビーは、Instagramにハーレイ・クインのビジュアルを投稿。

スーサイド・スクワッドに登場した雰囲気と似てますね。

今作の方が、個人的には好きです。

 

 

ハーレイの写真をもっとみたい人は、上のツイート記事からどうぞ。

ヴィラン

今作のヴィランは、ブラックマスク(本名は、ローマン・シオニス)でして、ゴッサムシティのギャングリーダーです。

ヴィランを演じるのは、ユアン・マクレガー。

原題

View this post on Instagram

😆

A post shared by @ margotrobbie on

原題が長すぎると話題に。

Birds of Prey (And The Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn

たしかに長いな。

邦題は、今のところ未定。

まとめ

スーサイド・スクワッドは、超駄作だったので、今作は期待したいところです。

ハーレイといえば、ジョーカーなので、ファンとしては共演して欲しい気持ちはありますよね。

果てして、どのような作品に仕上がるのか。

注目です。

DCEUシリーズについて、まとめました。