さあ、映画ライターになろう

DC映画「 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 」疑問点とエンドロールを考察、今後のジョーカー登場について考えてみた

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

IMAXで「 ハーレイ・クイーン 」を見てきました。

結論から先に言うと、良作でした。

見た直後に感想レビューを書くのは久しぶりです。

自分の書きたいことは極力抑えつつ、説明していきますね。

ネタバレを含みますので、ここからは自己責任でお読みください。

サクッといきましょう。

▶︎ ハーレイ・クイン(レビュー①)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(作品情報)

Birds of preyハーレイ・クインの華麗なる覚醒

公開日

2020年3月20日(DCEU初のR指定)

上映時間

108分

キャスト

青文字は劇中キャラクター

  • キャシー・ヤン(監督)
  • マーゴット・ロビー
    ハーリー・クインゼル
  • メアリー・エリザベス・ウィンステッド
    ヘレナ・バーティネリ
  • ロージー・ペレス
    レニー・モントーヤ
  • ジャーニー・スモレット=ベル
    ダイナ・ランス
  • エラ・ジェイ・バスコ
    カサンドラ・ケイン
  • ユアン・マクレガー
    ローマン・シオニス
  • クリス・メッシーナ
    ビクター・ザーズ

予告編

公式サイト

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

ハーレイ・クイン(事前知識)

  • ジョーカーの元恋人
  • ジョーカーをプリンちゃん(愛称)と呼ぶ
  • アーカムアサイラム病院の精神科医
  • 心理学に長けている
  • サイコパス

冒頭にハーレイ・クインのナビボイスが入ります。

前作を見てない人も理解できるように簡単な説明が入るので、安心して見てください。

 

 

 

ネタバレ・感想レビュー

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

好きだった点

  • ハーレイ・クインのアクション
  • 冒頭の経緯説明

前作のスーサイド・スクワッドでもハーレイのアクションシーンはありましたが、今作はこれでもかという程にアクションが重視されていました。

冒頭からイラストとハーレイボイスでこれまでの経緯が簡単に説明されます。

これは前作の「 スーサイド・スクワッド 」を見ていない人にとっては、めちゃくちゃ助かる優しい演出でした。

嫌いだった点

ユアン・マクレガーが「 ふぅぅ!」と言うたびに、「 フーフー!うるせえな 」と思いました。

最後のキラーボイスはいらなかったなあ。

「 へっ!? 」と思いましたが銃弾がなくなり、脱出不可能なのはわかるけど、あれはさすがになくないですかね。

これは説明がないとさすがにわからない(笑)

彼女については後ほど触れます。

印象に残ったシーン

特に印象的だったシーンは2つ。

  • 拘置所に押し入るシーン
  • スケートボードで激走するシーン

本物の銃ではないところがまた良き。

本物の銃弾ではないけれど、ぶっ飛ばすには十分な威力です。

クライマックスのローラースケートカーチェイスは最高でしたね。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。