【 DC単独作品 ジョーカー 】DCEUシリーズとの関連性、ジョーカー誕生の秘話が明かされる

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

 

パブロくん

DCからジョーカーが公開されるよ。最新情報をみていこう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより

 

作品情報

Joker

公開日

2019年10月4日

キャスト

タイトル
  • トッド・フィリップス(監督)
  • ホアキン・フェニックス
  • ロバート・デニーロ
  • ザジー・ビーツ
  • ダグラス・ホッジ
  • ブレッド・カレン

予告編

公式サイト

ジョーカー

コメント

新たなジョーカー像を見せてくれるのか。かなり注目ですね。

SNS上でもしばしば話題に挙がるんですよね。

歴代ジョーカーで一番は誰かと。正直誰でもいいですけど(笑)

各ジョーカーを演じた俳優たち、みんな素晴らしいジョーカーでした。

あえてインパクトが強烈だったジョーカーを挙げるならヒース・レジャーですね。

理由は、完成度が一番高いからです。

ジャック・ニコルソンジョーカーはそんなに狂気を感じなかったですね。

ジャレッド・レトのジョーカーは、出番自体が少なすぎて判断材料にはならなかったです。

今作の監督は、トッド・フィリップス。 

ホアキン・フェニックスのほかに、ロバート・デニーロ、ザジー・ビーツも出演。

DCEUとの関連性

今作は、DCEUとの関連は一切ありません。

完全な単独作品です。

どうせならDCEU作品としてジョーカーをみたかったですね。

DCEUジョーカーは、ジャレッド・レトが引き継ぐかたちに。

ジャレッド・レト版ジョーカー単独映画も進行中です。

ハーレイ・クイン単独映画も企画中との情報がありますので、しばらくは目が離せません。

誕生秘話

今作は、ジョーカーの誕生秘話が中心に描かれますが、原作やDCEUとは完全に異なるオリジナルストーリーで描かれます。

ジョーカーといえば、ハーレイ・クインがセットでついてるイメージですよね。

今作で登場するかは、今のところ情報はありません。

話変わりますけど、スーサイド・スクワッドが駄作だったのは、ジョーカーの登場シーンを大幅カットしたことが原因かなと。

あれほどカットしまくるなら、最初からジョーカー単独作品を公開するべきだったんですよ。

ワンダーウーマンで盛り返していなかったらDCヤバかったですわ。

撮影風景

これは、かなりいいではないですか。ジョーカー感がでてますね。

どちらかというと風貌がヒース・レジャーのジョーカーに近いですね。歴代ジョーカーがでそろいましたね。

ホアキン・フェニックスが狂気のジョーカーを演じられるのか。

原作において、圧倒的な人気を誇るジョーカー。

ヴィランでありながら、これほど人気があるのもめずらしい。

歴代のジョーカー役を演じてきた俳優たちは、演技の猛者たちであります。

ジョーカーを語るうえでは、必ず名前を知っておかないといけない俳優たちですね。

シーザー・ロメロ、ジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレッド・レト、ホアキン・フェニックスです。

まとめ

ジョーカー単独作品が公開されると聞いて、楽しみにしているアメコミファンが相当いると思います。

正直めちゃくちゃ楽しみですね。

DCEUと無関係とはいえ、DC映画ならシリアス路線をつらぬいて欲しいものです。

マーベルに勝てる要素はそこでもあるからです。

新バットマンの公開が控えていまして、新バットマン役は、ロバート・パティンソンが濃厚。

ダークナイト3部作(トリロジー)のように、新バットマンは、3部作構想なので、ジョーカー登場に期待です。

果たして狂気のピエロが観客を震え上がらせるのでしょうか。

DCEUシリーズについて、まとめました。