「 バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ 」考察レビュー

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
  • URLをコピーしました!

ゾンビマン
今回は、ペンネーム@LEDMAXIさんからの投稿レビューです。

ゲームとホラーへの原点回帰したReイマジネイション。

全米では評価されるが、ゲーム発祥の日本では賛否両論か?

ホラー映画の面白さを2次元のゲームで、リアル体験させてくれた金字塔を思い起こそう。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
©︎バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

公開日

2022年1月28日

原題

Resident Evil: Welcome to Raccoon City

上映時間

107分

キャスト

  • ヨハネス・ロバーツ(監督)
  • カヤ・スコデラリオ
  • ロビー・アメル
  • ハナ・ジョン=カーメン
  • アヴァン・ジョーギア
  • トム・ホッパー
  • リリー・ガオ
  • ニール・マクドノー
  • ドナル・ローグ

予告編

公式サイト

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
©︎バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

1996年「ばぁ~いおはざ~どぉ 」このCMワードに何度震えたことか。

僕はPLAYSTATIONかセガサターンを悩み、結局はPSを購入した。

そもそも、ジョージ・A・ロメロの「 ゾンビ 」好きな僕にとって、バイオハザードは素晴らしいゲームであった。

「 勝つ 」ではなく「 無事に脱出 」が結果であり、「 死 」はそのもの。

ダメージはそのまま操作性に反映する。

それまで疑問だったRPGの理不尽を払拭してくれた。

その後に、ゲームはリメイクも含め、現段階でシーズン7までヒットしている。

映画はゲームを本編とするなら、スピンオフ的な展開。

新主人公のアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)で全6作がバイオハザードシリーズとして展開された。

ゲームの熱烈ユーザとして、実写版の初回作は、名称だけの単なるゾンビ・パニックに思えてならなかった。

しかし、パート1以降、ゲームに登場するキャラクターが登場し、ゲームの世界と親和性を高めたことで、シリーズとして大成功となった。

ただし、一般認識の弊害として「 バイオハザード 」はアクション・ホラーとして印象づいた。

それを踏まえ、今作はゲームに即した原点回帰を積極的に展開し、物語もゲームの「 バイオハザード 」と「 バイオハザード2 」の展開を主軸に再構築されている。

そもそも、この2ゲームは、基本的に同じ時間軸で展開してることを融合推察し、ゲームシーンの間合いの埋め込みで、映画の物語を紡ぎ併せている。

しかも、ゲームそのものが、初期作品を時代的にリメイクしており、リメイク世界も融合させている。

往年のゲームファンにとって、ゲームの中で見たシーンやアイテム・仕掛けの配置が嬉しい。

大きく深い「 バイオハザード 」製作陣への憧れと畏敬が伝わってくる。

だからこそ、日本人が構築したゆえの日本人的感慨と、欧米人が感じた世界観と感慨の差違もある。

この「 差違 」を否定するのか受容するのか?

それが日本での評価の分かれ目になるだろう。

僕は非常に愉しんで、今後のシリーズ化も期待したい。

逆説的に、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の登場により、ユニバース展開もアリに思える。

まとめ

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ
©︎バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

本編でゲームの「 バイオハザード3 」と「 バイオハザード:CODE:Veronica 」を示唆している。

だからこそ続編を期待したい。

ウィルス進化による人類の脅威や強制進化は、新型コロナワクチン陰謀論者にとって「 映画が未来予測している 」なんて材料にされないことを願う。

夢で終わらせない! ちっぽけな願いでも。

バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次