エンドゲームに登場するキャプテンマーベルの強さはMCU最強、MCU初の女性ヒーロー単独作品【 主人公キャロルダンバース 】

ここからは、主人公キャロル・ダンバースについて深ぼりしていきましょう。

実は、今作で彼女のことをキャプテン・マーベルと呼んだシーンは一度もなかったのに気付きましたか?

初めてキャプテン・マーベルと呼んだのは、ファー・フロム・ホームでのピーター・パーカーです。

ぼくの記憶が正しければ(笑)

キャロル・ダンバース

本名:キャロル・ダンバース(Carol Danvers)=キャプテン・マーベル

原作コミックス初登場は1968年です。

キャロル・ダンバースがどのようにキャプテン・マーベルになったのか?

エピソードを一から説明すると日が暮れてしまうので、ザックリ説明すると

 

  • キャロル・ダンバース 空軍士官として初登場(1960年代)
  • クリー人 ウォルター・ローソン(Captain-Ma-vell)と出会い恋に落ちる
  • 地球がクリー星人とスクラル星人との戦争に巻き込まれ世紀末状態に
  • 爆発事故に巻き込まれたキャロル・ダンバースは負傷し、ウォルター・ローソンとDNAが融合
  • 超パワーを手に入れる

 

ウォルター・ローソンは、クリー人星のスーパーヒーロー キャプテン・マー・ベル(Captain Ma-vell)です。

マーベルではなくマー・ベルです。

2人のキャプテン・マーベル

マーベルコミックスとDCコミックスの両方に、キャプテン・マーベルが登場します。

マーベル、DCに同じ名前のヒーローがいるということですね。

これはかなり、まぎらわしい。

 

パブロくん

Marvel、DCにキャプテン・マーベルが登場するから、頭をスッキリ整理しておくといいよ。期間を区切るとわかりやすいよ。

1940~1952年
フォーセット・コミックス時代
コミックス名:キャプテン・マーベル
主人公   :キャプテン・マーベル
~1度、廃刊

1972~2011年
DCコミックス New52以前
コミックス名:SHAZAM!
主人公   :キャプテン・マーベル

DCコミックスがキャプテン・マーベルの版権を取得。同時期にMarvelが会社名を商標登録していたため、コミックスのタイトルをキャプテン・マーベルにできなかった。

2011~現在
DCコミックス New52以降
コミックス名:SHAZAM!
主人公   :SHAZAM!

2011年以降は、DCコミックスも主人公の名前をShazamへと改名。

紆余曲折があり、

Marvelコミックス⇒キャプテン・マーベル
DCコミックス⇒シャザム

という流れに落ち着きます。厳密にいうとキャプテン・マーベルはDCの方が先なんです。

DCのキャプテン・マーベルは、シャザムとして単独映画が公開されました。

シャザム感想レビューも読んでみてね。

ウォルター・ローソンとキャロル・ダンバースのDNAが融合し、 彼女はミズ・マーベルとなります。

NASAで働いた後に、ピーター・パーカー(スパイダーマン)と同じデイリー・ビューグル社で働く。

ミズ・マーベルという名前を経てキャプテン・マーベルを名乗るようになります。

 

今作のキャプテン・マーベルは、マーベル史上初となる女性単独作品であると同時に、マーベル史上初の女性監督を起用した作品でもあるのよ。

ミシェルちゃん

 

 

猫の正体

予告編の最後に登場した猫。

原作ではこの猫ちゃんの名前は、チューイー。

キャロル・ダンバースに忠実な猫で、エイリアンです。

かわいい姿に騙されてはいけません。今作での名前はグースであり、真の姿はフラーケン。

キャロル・ダンバース 強さ

  • 超人的パワー
  • 音速の飛行能力
  • 超感覚
  • 予知能力
  • 毒素耐久
  • 宇宙空間で生存可能エネルギーブラスト

もうねスーパーマンです。

ケヴィン・ファイギもキャプテン・マーベルは今までとは次元の違う強さになると言及していました。

強さはMCU最強レベルです。

X-MENシリーズで登場するジーン・グレイといい勝負ですね。

スクラル星人との関係

クリー人とスクラル人は、戦争中です。

クリー星は、銀河三大列強のうちの1つ。

クリー星は、地球調査の為、キャプテン・マー・ベルをスパイとして地球に潜入させます。

スクラル星人は、擬態能力を持ち姿かたちを変えられます。

スクラル星人は1人ではなく大量に存在し、原作でヒーローに擬態したりとかなりやっかいなヴィラン。

スクラル星人は、人の姿を完コピする擬態能力を持ちます。

本編をすでにみた人であれば、わかると思いますが、スクラル星人は味方でした。

スタン・リー逝く

我らが師匠スタン・リーの訃報に驚いた人も多い事でしょう。

キャプテン・マーベル、エンドゲームまでのカメオ出演は撮影済み。

実質的にエンドゲームでの出演が最後です。

フェイズ4

エンドゲームは、歴代興行収入において、ついにアバター超え(3000億円)を達成し、歴代1位に君臨。

これは、マーベルのブランド価値をさらに高めるでしょう。

また、フェイズ4で公開される作品は、コミコン(サンディエゴ)で正式に発表されました。

フェイズ4で公開されるMCU作品は、計5本でして、TVドラマシリーズも配信されます。

本数が多いので、整理しておきましょう。

フェイズ4作品について、まとめてます。

まとめ

キャプテン・マーベルがアベンジャーズの新たなリーダーとなるのでしょうか。

フェイズ3を最後に今まで登場した多くのキャラクターが卒業することになります。

フェイズ4では、全く新しいキャラクターたちを多く登場させたいとマーベル側も言及しています。

今後の中心人物になっていくのは間違いなくキャプテン・マーベルでしょう。

今後のMCUシリーズに注目です。

キャプテン・マーベル 感想・レビューも読んでみてね。