「 ロボコップ 」シリーズの順番はこれ!モデルは宇宙刑事ギャバン

ロボコップシリーズ
  • URLをコピーしました!
侍星人
今回は、ペンネーム@柏原ヒロキさんからの投稿レビューです。

殉職した警官がサイボーグとして蘇り、悪の組織と戦うSF映画の金字塔シリーズ「 ロボコップ 」

斬新な設定と激しいバイオレンス描写が話題となり、第3作まで製作された。

その後、リメイク作品や続編が企画される等、今なおファンから根強い人気を誇る。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ロボコップ

©︎ロボコップ
©︎ロボコップ

あらすじ

物語の舞台は近未来デトロイトシティ。警察の運営を任されていた巨大企業は、多発する凶悪犯罪に対抗するロボット開発を進めていた。任務中に殉職した警官が、サイボーグ「 ロボコップ 」として蘇る。

公開日

1988年2月11日

原題

RoboCop

上映時間

103分

キャスト

  • ポール・バーホーベン(監督)
  • ピーター・ウェラー
  • ナンシー・アレン
  • ロニー・コックス
  • カートウッド・スミス
  • ミゲル・フェラー

予告編

公式サイト

なし

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ロボコップ
©︎ロボコップ

今作の監督は「 トータル・リコール 」、「 氷の微笑 」等、過激な表現で知られるポール・バーホーベン。

ロボコップの造形は、特撮ヒーロー「 宇宙刑事ギャバン 」がモデルです。

その為、一見すると単純なヒーロー映画と思われますが、実際はダークなバイオレンンス作品になっています。

そのギャップが魅力の1つですが、私はそれが原因で子どもの頃トラウマになりました。

今作は荒廃した近未来のデトロイトを、民間企業オムニ社に買収された警察が管轄しているというディストピアが舞台です。

劇中でオムニ社が新たな企画として提案したのが、サイボーグ警官ロボコップ。

その過程で人間の死体が必要となります。

死体として利用されたのが、マフィアの一味によって殺害された今作の主人公(警官マーフィー)です。

マーフィーの死亡シーンは、映画史に残る残酷な場面だと思います。

ロボコップの戦闘シーンは、80年代ならではのCGを殆ど使わない手法ですが、現代でも通用するスタイリッシュな格好良さがあります。

一方で、ロボコップが人間だった頃の記憶に葛藤するシーンが、物語全体に漂っています。

だからこそ、ラストではカタルシスを感じる事ができます。

ロボコップ2

ロボコップ2
©︎ロボコップ2

あらすじ

治安が悪化し続ける犯罪都市デトロイトシティ。市民の命と安全を守るため奮闘していたロボコップ。麻薬組織が牛耳る工場を突き止めたロボコップは、襲撃により体を解体されてしまう。何とか生き延びたロボコップは復讐を誓うのであった。

公開日

1990年7月27日

原題

RoboCop2

上映時間

117分

キャスト

  • アーヴィン・カーシュナー(監督)
  • ピーター・ウェラー
  • ナンシー・アレン

予告編

公式サイト

なし

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ロボコップ2
©︎ロボコップ2

第2作目は「 ヌーク 」という新型の麻薬が流行し、大人だけではなく子どもの犯罪まで横行する近未来のデトロイトが舞台です。

おまけに前作でロボコップを作ったオムニ社は、「 ロボコップ2 」という新たなサイボーグ警官の制作に耐え得る人間の死体として、犯罪者を利用しようとしていたという荒廃し切った世界観です。

今作の見所はラストのロボコップ vs ロボコップ2の新旧対決です。

バイオレンス描写は健在ですが、メカ同士のバトルやギミックを活かしたアクション等、ロボットを扱うSF映画としての良さが詰め込まれた作品となっています。

ロボコップが、人質をとった犯人に対して銃を下ろす振りをしながら、銃弾の反射角度を瞬時に計算して撃ち返すシーンは特に格好いいです。

ロボコップが人間だった頃の妻と再会するシーンは、何とも言えない切なさがあります。

ちなみに今作では、メインテーマが変わっており、ロボコップの配色も水色がかったものになっています。

1 2
ロボコップシリーズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次