「 ジャッキー・チェン 」モンキーシリーズの順番はこれ!

モンキーシリーズ
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

1976年に香港で「 少林寺木人拳 」が製作され、3年間で10作のジャッキー・チェンの「 拳シリーズ 」が生まれました。

日本では、79年に「 酔拳 」が公開され、ヒットしたことにより「 蛇拳 」「 笑拳 」が続けて公開され大ブレイク。

この3作は「 モンキーシリーズ 」とも呼ばれます。

今回は「 拳シリーズ 」のうち「 モンキーシリーズ 」3作を紹介します。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ドランク・モンキー 酔拳

ドランク・モンキー 酔拳
©︎ドランク・モンキー 酔拳

あらすじ

練習嫌いなクンフー道場のドラ息子ジャッキー。ダメ息子を見兼ねた父親はクンフーの達人を召喚。達人と出会ったジャッキーは「酔拳」の極意を学んでいく。

公開日

1979年7月21日

原題

Drunken Master

上映時間

111分

キャスト

  • ユエン・ウーピン(監督)
  • ジャッキー・チェン
  • ユエン・シャオティエン

予告編

なし

公式サイト

なし

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ドランク・モンキー 酔拳
©︎ドランク・モンキー 酔拳

カンフーアクションの型といえばブルース・リーでしたが、それを覆したジャッキー・チェンの日本初上陸作。

ジャッキー演じる主人公のウォン・フェイフォンは、清朝末期に実在した広東の武術家です。

コミカルでいたずら好きな設定のジャッキー版フェイフォン以前は、高潔で威厳のある人物として定着していたそうです。

今作は、子どもの頃、テレビの再放送で観ただけだったのに、成人してからの宴会では瓶ビール片手に酔拳を演じて、大ウケしたことがあります。

酔えば酔うほど強くなる。

否、酔うほど面白くなる?

道場の館主である父ウォン・ケイインに追い出され、酔八仙(酔拳)の師匠となるソウ・ハッイーに預けられ、1年間みっちり修行でしごかれます。

師匠に「 酔拳を覚えるには酔うのが一番 」と言われ、2人で飲みながら、唐詩を詠み合うシーンが乙でした。

香港では、学校で唐詩を暗唱するんですね。

クライマックスは、父の命を狙う殺し屋ティエ・シンと、修行帰りのフェイとの一騎打ち(この格闘シーンだけで心地よく酔えます)

酔っているようで酔っていない。

柔と剛、虚と実を駆使し、師匠の教えを自己流にアレンジしたジャッキーの技に見惚れたまま、終劇。

スネーキーモンキー 蛇拳

スネーキーモンキー 蛇拳
©︎スネーキーモンキー 蛇拳

あらすじ

蛇拳の達人である老人と知り合った青年は、老人に蛇拳を伝授される。鷹拳使いの武道家が蛇拳の使い手を次々と倒し、遂に最後の蛇拳使いである老人を見つけて闘いを挑んだ。窮地に陥った老人を救うため、青年は我流の猫形蛇拳を編み出し武道家を撃退する。

公開日

 1979年12月1日

原題

Snake in the Eagle’s Shadow

上映時間

97分

キャスト

  • ユエン・ウーピン(監督)
  • ジャッキー・チェン
  • ユエン・シャオティエン
  • ウォン・チェンリー

予告編

公式サイト

なし

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

スネーキーモンキー 蛇拳
©︎スネーキーモンキー 蛇拳

モンキーシリーズ2作目。

香港での制作と公開は、今作が先です。

道場門下生のチャン・フー(ジャッキー)は、ひょんなことで老人バイ・チャオティエン(ユエン・シャオティエン)に助けられ、蛇拳を教わることに。

蛇拳とは、中国の伝統武術にある形意拳のひとつで、動物の動きをヒントにあみだされたもの。

ヴィランの鷹爪派の殺し屋シャンクアン(ウォン・チェンリー)が、タオパイパイにしか見えませんでした。

ドラゴンボールには、ジャッキー・チュンというキャラが登場するくらいですから、作者の鳥山明にも大きな影響を与えたのでしょう。

格闘ゲーム「 バーチャファイター 」にもそっくりなキャラや、「 酔拳 」を使う老人キャラがいましたね。

映画作品への影響といえば、師匠役を演じたユエン・シャオティンの息子ユエン・ウーピン監督が、後年「 マトリックス 」の武術指導でハリウッドデビューを果たします。

息の合った師弟コンビのかけ合いは、石丸博也(ジャッキー)と小松方正(シャオティン)の吹き替え版で楽しみたいですね。

少年時代は、ほとんど吹き替え版で観ていたので、懐かしさがよみがえりましたよ。

「 お師匠さまは熱いお茶がお嫌いなんだよ、入れ替えたのさ 」

クレージーモンキー 笑拳

クレージーモンキー 笑拳
©︎クレージーモンキー 笑拳

あらすじ

クンフーを学びたい若者(興隆)は空手道場の用心棒となった。次々に道場破りを倒していった興隆は人気者に。道場は繁盛していた矢先、悪逆な政府が雇った殺し屋に爺さんが殺されてしまう…。

公開日

1980年4月19日

原題

The Fearless Hyena

上映時間

98分

キャスト

  • ジャッキー・チェン(監督)
  • ジャッキー・チェン
  • ジェームス・ティエン
  • ヤム・サイクン

予告編

なし

公式サイト

なし

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

クレージーモンキー 笑拳
©︎クレージーモンキー 笑拳

モンキーシリーズ3作目、ジャッキー・チェン初監督作。

「 ルパン三世 」のモンキー・パンチが日本公開版に合わせた作画を描いています。

日本版では、Dr.スープによる独自の主題歌「クレージーモンキー」や挿入歌「モンキーマン」が流れます。

作曲家はキース・モリスン(昔は外国人だと思い込んでいました)

主人公シンロン(ジャッキー)は、行意門派の開祖である祖父(ジェームズ・ティエン)の仇を打つために、祖父と同門のチェンから奥義「 笑拳 」を学びます。

復讐のために修行に励むシーンは、まるで「 ロッキー(1976)」のようでもありますが、ジャッキー独自のユーモアと本格アクションが見どころですね。

基本の型、四股立ち、前屈の動作で、昔、自分も空手を習いに道場へ通っていたことを思い出しました。

ジャッキーのアクションは、基本を極めているからこそ編み出されるのだと思います。

体の動きと感情の動きを一体化させ、攻撃と防御に心の喜怒哀楽を体で表現する。それ即ち笑拳の極意なり。

ユーモアとカンフーの塩梅が良い感じに高まりクレイジーな金的で敵を叩きつけた後、なぜか「 子連れ狼 」のような演出がされたまま、終劇。

まとめ

シリーズは、このあと、日本公開順に、「 拳精 」「 少林寺木人拳 」「 龍拳 」「 蛇鶴八拳 」「 天中拳 」「 成龍拳 」と続きます。

ジャッキー映画の礎ともいえる今シリーズ。

中国3000年の歴史を背負った、ジャッキー拳法を堪能しましょう。

モンキーシリーズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次