【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

猿の惑星シリーズはこの順番で見るべし【 おすすめ映画シリーズ 】

猿の惑星。

世代を超えて愛される名作シリーズです。

シリーズは、旧5部作、リブート版(ティム・バートン版)、新3部作の計9本。

世代によって好き嫌いが分かれますが、昭和世代であれば旧5部作、平成世代であればリブート版、新3部作になじみがあるかと。

おすすめ順は、旧・新を公開順にみる ティム・バートン版をみる

ただ、旧5部作まで見てられないぜという人は、新3部作だけみても問題なし。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

猿の惑星

PLANET OF THE APES

公開日

1968年4月13日

上映時間

112分

キャスト

ランクリン・J・シャフナー(監督)
チャールトン・ヘストン
ロディ・マクドウォール
キム・ハンター

コメント

半世紀前の映画ですが、めっちゃ面白いですよこれ。

小さい頃にめっちゃみてました。

猿と人間の立場が逆という発想は、小さいながらに衝撃を受けた記憶があります。

原作は、フランス小説です。

なんといってもクライマックスのオチ。最高です。

予告編

続・猿の惑星

BENEATH THE PLANET OF THE APES

公開日

1970年8月29日

上映時間

95分

キャスト

テッド・ポスト(監督)
チャールトン・ヘストン
ロディ・マクドウォール
キム・ハンター

コメント

前作の続編です。

これも小さい頃に何度もみました。

記憶にあまり残ってないという事は、あんまり面白くなかったということでしょう(笑)

予告編

新・猿の惑星

Escape from the Planet of the Apes

公開日

1971年7月31日

上映時間

98分

キャスト

ドン・テイラー(監督)
ロディ・マクドウォール
キム・ハンター
ブラッドフォード・ディルマン

コメント

前作の続編。

コーネリアスとジーラ(2人とも猿)は、宇宙船で1973年の地球にタイムトラベル。

そこでは、人間に飼育される猿の姿がありました。

旧5作のパート1に続いて好きな作品。

テーマは戦争です。

予告編

猿の惑星・征服

CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES

公開日

1972年7月22日

上映時間

93分

キャスト

J・リー・トンプソン(監督)
ロディ・マクドウォール
ドン・マレー
リカルド・モンタルバン

コメント

コーネリアスとジーラの間に生まれた子供は、のちのシーザー。

新3部作にも登場するシーザーですね。

この作品のテーマは、人種差別です。

作品ごとにテーマがありますよね猿の惑星は。

予告編

最後の猿の惑星

BATTLE FOR THE PLANET OF THE APES

公開日

1973年7月21日

上映時間

86分

キャスト

J・リー・トンプソン(監督)
ロディ・マクドウォール
クロード・エイキンス
ナタリー・トランディ

コメント

前作に続き人種差別をテーマとして扱っています。

シーザーの反乱は、核戦争にまで発展。文字通り猿が人間を支配する惑星になっています。

旧5部作の最終章でして、個人的には、猿の惑星 → 新・猿の惑星 → 最後の猿の惑星 → 猿の惑星・征服 → 続・猿の惑星の順に好きですね。

予告編

旧5部作
  • 猿の惑星
  • 続 / 猿の惑星
  • 新 /猿の惑星
  • 猿の惑星 / 征服
  • 最後の猿の惑星