「 マトリックス4(レザレクションズ)」を考察(あらすじ&キャストも紹介)

マトリックス レザレクションズ
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

映画史はマトリックス前と、マトリックス後に分けられます。

21世紀型映画の先駆けとして、多くの作品に影響を与え続けてきました。

今作では、どのようなレザレクション(復活)を見せてくれるのでしょうか。

事前に前作までの復習もしておきたい。

あわせて読みたい
「 マトリックス 」シリーズの順番はこれ!(解説&考察付き) 映画ライフ楽しんでますか? マトリックスシリーズと言えばキアヌ・リーブス、キアヌ・リーブスと言えばマトリックス。 彼がマトリックスシリーズで稼いだギャラは、驚...
©︎マトリックス シリーズ

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

マトリックス レザレクションズ

マトリックス レザレクションズ
©︎マトリックス レザレクションズ

公開日

2021年12月17日

原題

The Matrix Resurrections

上映時間

148分

キャスト

  • ラナ・ウォシャウスキー(監督)
  • キアヌ・リーブス
  • キャリー=アン・モス
  • ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
  • ニール・パトリック・ハリス
  • ジェイダ・ピンケット・スミス
  • ジェシカ・ヘンウィック
  • ジョナサン・グロフ
  • ジェイダ・ピンケット・スミス

予告編

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

マトリックス レザレクションズ
©︎マトリックス レザレクションズ

元祖マトリックスから20年。

かつて、衝撃の映像とクールなビジュアル、ドラゴンボールのようなバトルに魅せられた一人です。

MCUやDC映画も、マトリックスがあったからこそ生まれたと言えます。

あわせて読みたい
アベンジャーズ映画の順番はこれ!MCUフェーズ5、6はマルチバース・サーガへと続く 今回はイチからマーベル映画〜MCUシリーズを振り返っていきます。 本記事を読むことで、下記のことが分かります。 MCU以前のマーベル映画エンドゲームまでのMCUシリーズ...
©︎MCUシリーズ

普段、前評判は気にしませんが、今作に対する賛否両論には思うところがありました。

世界は、「 仮想現実 」と「 真実の世界 」に分けられます。

赤を選ぶか、青を選ぶか。

運命を決めるのは、自分自身だと教えてくれたのは、運命の案内人モーフィアス、あるいは救世主のネオでした。

映画の評価を決めるのは他人ではなく、自分自身。

観るのがイヤなら青の錠剤を飲んで、変わらぬ日常を送ればよいだけ。

真実を知りたければ、赤カプセルを服薬してネオやトリニティ、ザイオンのその後を目撃すれば良いのです。

今作ではファンを大事にしながらも、マトリックスをアップデートしようとする気概と展開に胸アツでした。

冒頭から、トリニティーの壁を駆け回る、あの名シーンが懐かしさを蘇らせ、今作から観る人はマトリックス新世代の目撃者となるでしょう。

今作最大のサプライズは、マトリックスのセルフパロディー。

これまでの三部作を引き継ぎながらも、それを覆すという離れ業を使っています。

劇中で「 あのマトリックスとは何だったのか。そして、これからのマトリックスは 」という議論がなされているのが斬新でした。

ネオが長髪の「 ジョン・ウィック 」スタイルであったり、エージェント・スミス他に、マイナーチェンジが行われていることへの説明もあります。

嬉しかったのは、ネオとトリニティーの「 レザレクション(復活)」ですね。

20年の時を経て、「 オール・ユー・ニード・イズ・キル 」のようなラブストーリー的展開、そして、彼らが2回目のチャンスを得たこと。

監督が両親と友人を亡くしたことが、今シリーズを復活させたキッカケだそうです。

仮想現実という映画の世界では、空を飛ぶことだって、最愛の人と出会いなおすことだって可能なのです。

まとめ

マトリックス レザレクションズ
©︎マトリックス レザレクションズ

観るか、観ないか。面白いか、そうでないか。

決めるのは自分自身。

三部作のあとでも、今作からでも楽しめますよ。

物語を深掘りしたい人は、「 アニマトリックス(2003年)」がオススメです。 

マトリックス レザレクションズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次