「 インクレディブル・ハルク 」考察レビュー、アボミネーション登場

インクレディブル・ハルク

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

MCUシリーズ2作目であり元祖アメコミヒーロー「 超人ハルク 」の実写化。

エドワード・ノートンがMCUを演じた最初で最後の作品としても味わいがあります。

単独としてのハルクシリーズ続編は、今のところ作られていません。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク

©インクレディブル・ハルク

公開日

2008年8月1

原題

The Incredible Hulk

上映時間

112分

キャスト

  • ルイ・レテリエ(監督)
  • エドワード・ノートン
  • リヴ・タイラー
  • ティム・ロス
  • ティム・ブレイク・ネルソン
  • タイ・バーレル
  • ウィリアム・ハート

予告編

公式サイト

インクレディブル・ハルク

作品評価

作品評価
映像
(3.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

感想・考察レビュー

インクレディブル・ハルク

©インクレディブル・ハルク

プロレスラーのハルクホーガンの名前の由来となるぐらいに、超人的な破壊力を持ったハルク(廃船の意)は、科学者ブルース・バナーが、実験的な超兵器の試験中にガンマ線を浴びることで誕生します。

人間の隠し持った獣性を解放して、暴れまくるハルクのアクションこそ今作の醍醐味ですね。

ヴィランのアボミネーションと肉弾戦を繰り広げるクライマックスは、まるでリアル「 ファイトクラブ 」でした(エドワード・ノートンだけに)

心拍数200を超えるとハルクに変身してしまうため、怒りの感情を制御しようと武道の達人に呼吸法を教わりますが、その達人がヒクソン・グレイシー本人なのには驚きました(笑)

彼に武術を授かれば、きっと変身しなくても最強でしょうね。

ところで、ブルースの力を抑えるために、研究をしてくれたサミュエル・スターンズ博士は、アボミネーションと化したエミルに殺されてしまいますが、

その際、博士は不敵な笑みを浮かべ、血液を受け止めた頭部が奇妙にうごめきます。

原作では、ハルクのライバルともなるヴィランの「 リーダー 」に変化する伏線と思われるシーンですが、その姿を目にすることが出来るのは、いつになるでしょうか。

まとめ

今作ではハルク誕生の秘密が明かされ、ラストでトニー・スタークが、アベンジャーズ結成を仄めかします。

フェーズ1を楽しむためにも、「 アイアンマン 」に続いて見ておきたいですね。

クライマックスは、ハルクと共に叫びましょう。

ハルクスマッシュ!

バナーの血液混入ソーダを飲んでしまうスタン・リーもお見逃しなく。