「 ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー 」考察レビュー、略はGotG

ジョンさん

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@あるなんさんからの投稿レビューです。

他のMCU作品と違い、ヒーローチームのスペース・オペラとなっております。

テンポよいストーリーでユーモアあふれる楽しい映画です。

劇中に使用されている音楽は懐メロで、サントラも評判の映画です。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

©ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

公開日

2014年9月13

原題

Guardians of the Galaxy

上映時間

122分

キャスト

  • ジェームズ・ガン(監督)
  • クリス・プラット
  • ゾーイ・サルダナ
  • デイヴ・バウティスタ
  • ブラッドリー・クーパー
  • ヴィン・ディーゼル
  • リー・ペイス
  • マイケル・ルーカー
  • カレン・ギラン
  • ジャイモン・フンスー
  • ジョン・C・ライリー
  • グレン・クローズ
  • ベニチオ・デル・トロ

予告編

公式サイト

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(5.0)

感想・考察レビュー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

©ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

主人公の1人であるピーター・クイルことスター・ロードが母親の死を受け入れて本当の仲間を手に入れることがテーマです。

全編通して、ユーモアと懐かしい音楽とノリノリの素晴らしい作品でした。

今作のヴィランであるクリー星の悪党ロナンが狙っているオーブを、こそ泥のピーターが先に盗み出します。

ロナンの企みに巻き込まれる最中、ガモーラやロケット、グルート、ドラックスと仲間になります。

ロナンはオーブを奪い、ザンダー星を滅ぼそうとしますが、ピーターはそれを阻止すべく、ヨンドゥ(宇宙海賊)やザンダー星のノバ軍の協力を得てロナンの艦隊と対決します。

最後に5人はロナンからオーブを取り返しその力を使ってロナンを倒します。

冒頭でピーターの母が死の間際に手を差し出しますが、ピーターは握れませんでした(母の死を拒否)。

しかし、オーブの力を使う際にガモーラが差し出した手は、母の手と重なりますが、握り返すことができました(母の死を受け入れる)。

最後にピーターが母の手紙を読みテープを流すシーンはウルっと来ました。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス

©ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス

公開日

2017年5月12

原題

Guardians of the Galaxy Vol. 2

上映時間

136分

キャスト

  • ジェームズ・ガン(監督
  • クリス・プラット
  • ゾーイ・サルダナ
  • デイヴ・バウティスタ
  • ヴィン・ディーゼル
  • ブラッドリー・クーパー
  • マイケル・ルーカー
  • カレン・ギラン
  • ポム・クレメンティエフ
  • エリザベス・デビッキ
  • クリス・サリヴァン(英語版)
  • ショーン・ガン
  • シルヴェスター・スタローン
  • カート・ラッセル

予告編

公式サイト

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(3.0)
総合評価
(4.0)

感想・考察レビュー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス

©ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス

「 大切なものは、意外と近くにあるんだね 」がテーマの今作品は、ピーターの父親の話でもあります。

ザンダー星を救ったことにより、ヒーローチームとして有名となった彼らは、ある仕事を請け負いますが、ロケットが悪さをして追われる羽目に。

途中ピーターの父と名乗るエゴに会い、彼についていきます。

エゴは、自分は「 神(セレスティアル)」であり、ピーターは神の子だと説明します。

ピーターは、自分が神の子であり夢だった父とのキャッチボールもして気分は上々です。

しかし、エゴは宇宙征服を企んでおり、母もエゴが殺したことを知ったピーターは、ガモーラの妹ネビュラ、ヨンドゥとマンティスをGotGに加えチーム力でエゴを倒すのでした。

エゴは倒される直前に、ピーターに神の力を失うぞと脅しますが、ピーターは「 それがどうした?」と言い返します(生みの父と決別)。

エゴの星から脱出する時に、ヨンドゥは自己を犠牲にしてピーターを守り亡くなります。

ピーターは、エゴから守り育ててくれた自分の父親として「 大切なものは意外と近くにある 」とヨンドゥの最後を悲しみました。

その場にいたガモーラとネビュラも、仲直りして姉妹の絆を深めました。

まとめ

MCUシリーズの中でも屈指の名シリーズとされるGotGですが、原作のアメコミではそんなに人気ではなかったとのこと。

今では第3作が作成予定で、ジェームス・ガン監督の続投も決定して待ち遠しい作品の1つです。

早くGotGチームのみんなが再び「 ノリで世界を救う 」ところが見たいですね。

私は4人のクリスの中でプラットが一番好きですね。