「 スパイダーマン ホームカミング 」考察レビュー

スパイダーマン ホームカミング

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

新しいスパイダーマンシリーズ第1弾。

アベンジャーズに本格加入する前のヒーロー活動を追った作品です。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

スパイダーマン ホームカミング

スパイダーマン ホームカミング

©スパイダーマン ホームカミング

公開日

2017年8月11

原題

Spider-Man Homecoming

上映時間

133分

キャスト

  • ジョン・ワッツ(監督)
  • トム・ホランド
  • マイケル・キートン
  • ジョン・ファヴロー
  • ジェイコブ・バタロン
  • ローラ・ハリアー
  • ゼンデイヤ
  • ドナルド・グローヴァー
  • タイン・デイリー
  • マリサ・トメイ
  • ロバート・ダウニー・Jr

予告編

公式サイト

スパイダーマン ホームカミング

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(5.0)

スパイダーマン ホームカミング(感想・考察レビュー)

スパイダーマン ホームカミング

©スパイダーマン ホームカミング

過去2代のスパイダーマンと今作では、スーツやストーリー性が圧倒的に異なる。

なので、全く別物として捉えて見るのが1番いい。

あえて過去2代と比較して考えると、主人公ピーター・パーカーがとても幼い。

初代や2代目は、世界を自分の力で救うことに対して、責任感や信頼を大前提に活動を行うのに対して、今作では特別な力を手に入れたことに舞い上がり、自分勝手に行動してしまう。

見ていて「 それはやりすぎでは?」と思ってしまうような行動もあるが、物語を通して彼は大きな成長を遂げる。

今作はヒーローとしてのピーター、1人の人間としてのピーターの成長ムービーだ。

ピーター役はオーディションで選考。

最終選考にはティモシー・シャラメも残っていたのは有名な話だが、監督いわくトム・ホランドに決定したのは、彼の圧倒的な身体センスが決め手だった。

実際、派手なアクションシーンも、ほぼトム・ホランド自らスタントマンなしで演じており、体を自由自在に動かせる筋力や柔軟性は、若手俳優陣の中でも頭1つ抜けているだろう。

スパイダーマンは彼の出世作となったわけだが、作品の魅力はもちろん、トム・ホランドとピーター・パーカーの出会いはある意味運命的なものを感じてしまった。

まとめ

ベストシーンは、ネッドが椅子をコロコロしながらピーターの手助けをするシーン。

とてもキュートで好きだった。

認めてもらいたい、とアピールするために無茶なことばかり繰り返すピーターを叱るアイアンマンが大人で、ピーターのお父さんのようにも思えた。

父のように寛大な心で最終的には彼を受け入れる。

彼なしではピーターが成長することはまずなかっただろう。