【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

【 おすすめ韓国映画 】「 アシュラ 」極悪市長 パク・ソンべが最高すぎる

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

最近、夜全く寝れないので眠りに落ちるまでブログを書いてます。

11月はライター案件・ちこしあブログの記事合わせて12万4000字ほど書きました。

もはや筋トレと同じです。

はい、というわけアシュラ見ました。

めっちゃ面白かったですよ。

ではサクッといきましょう、

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

Asura The City of Madness

公開日

2017年3月4日(R15指定)

上映時間

133分

キャスト

  • キム・ソンス(監督)
  • ファン・ジョンミン
  • チョン・ウソン
  • チュ・ジフン
  • クァク・ドウォン
  • チョン・マンシク

予告編

公式サイト

なし

作品評価

作品評価
撮影・映像
(3.0)
ストーリー
(3.0)
キャスト
(3.5)
音楽
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(3.0)

グロいシーンが多いです。

ジャンル的には「 インサイダーズ 」系の話しかと思いきや、完全に「 哀しき獣 」に近い。

 

 

ネタバレ・感想レビュー

好きだった点

極悪非道の市長 パク・ソンべはマジで最高だったな。

こんな市長いるはずないのに(笑)

ファン・ジョンミンは、いつも癖のある演技するので、おすすめです。

直近で紹介した映画だと彼は「 コクソン 」で霊媒師を演じてました。

市長の自作自演で、パク・ソンべが集会を邪魔する男の刃物にダイブして、頭が血まみれになったシーンめちゃくちゃ笑いました。

嫌いだった点

検察なのに主人公を殴りまくるト・チャンハク(チョン・マンシク)をぶん殴ってしまいたかった。

印象に残ったシーン

ラストの葬儀会場でのシーン。このドギョンもはや、もののけ姫。

完全に一致(笑)

パク・ソンべは、ドギョンに脳天ぶち抜かれてお逝きになります。

ドギョンの『 ケツでも舐めてろクソ野郎 』は最高でしたね。

最後はなんでこうなった状態でしたよ。

パク・ソンべが殺し屋たちを葬儀会場に招集して、検察側 vs 殺し屋の一騎打ちバトルが始まり、人が死んで悲しいムードに包まれていた葬儀会場が修羅と化します。

今作は、とにかく刺す、撃つ、切る、裏切り、隠蔽、なんでもありです。

ツイッターの声

 

 

まとめ

この映画は面白かったですね。

ドギョンを演じたチョン・ウソンは、「 監視者たち 」でクールな殺し屋を演じていましたが、今作では刑事役、

キム・チャインを演じたクァク・ドウォンは、「 コクソン 」で田舎の刑事役でしたが、今作では検察役でした。

韓国映画強化月間は終了しましたが、おすすめ作品は随時追加していきますね。

おすすめ韓国映画のバックナンバーはこちら。

これより我ら修羅に入る!(アシュラだけに)