【 DCEUシリーズ 】「 スーサイド・スクワッド 」考察レビュー、際立つハーレイ・クインの存在感

スーサイド・スクワッド

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム( @Yoko )さんからの投稿レビューです。

ヴィラン集結した「 スーサイド・スクワッド 」

DCEUシリーズ第3弾となる今作は、スーパーマンがいなくなってしまった世界が描かれています。

スーパーヒーロー不在の世界を守るのために集められたヴィラン。

彼らの活躍に注目です。

▶︎ DCEUシリーズ

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

スーサイド・スクワッド(作品情報)

スーサイド・スクワッド

©スーサイド・スクワッド

公開日

2016910

原題

Suicide Squad

上映時間

123

キャスト

  • デヴィッド・エアー(監督)
  • ウィル・スミス
  • マーゴット・ロビー
  • ジャレッド・レト
  • ヴィオラ・デイヴィス
  • ヨエル・キナマン
  • カーラ・デルヴィーニュ

予告編

公式サイト

スーサイド・スクワッド

作品評価

勝手に評価
映像
(3.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(3.0)

 

スーサイド・スクワッド(感想レビュー)

スーサイド・スクワッド

©スーサイド・スクワッド

好きだった点

ヴィラン集合ということで、やはりキャラクターに注目してしまいます。

みんな刑務所に入っているけれど、完全な悪者ではなくて、どこか心に傷を負っています。

ただし、キャプテン・ブーメランには心におった傷はなさそうでしたが。

そんな彼らが集まって魔女と戦おうとしますが、一癖も二癖もある彼ら。

もちろん、まとまるわけありません。

悪者達のまとまらないバラバラ感が、私は見ていて面白かったし楽しかったです。

悪役達ですからまとまってしまったら面白くありません。

好き勝手に自由気ままに生きる彼らが、なんだかんだんで悪を倒す。

そんな展開がいかにも悪者の集団ぽくって私は好きでした。

残念だった点

物語とは関係ないのですが、ハーレイ・クインのために登場するジョーカー。

他のジョーカー作品には彼の背負った過去や傷などが見えるのですが、今作のジョーカーには闇の部分が見えません。

単なる悪者のようで、そこがもったいないなと感じてしまいました。

メインキャラクターではないので仕方ないのかもしれませんが、もう少しジョーカーのキャラクターを大切にして欲しかったです。

見どころ

ヴィランの中でも飛び抜けて存在感を見せたハーレイ・クイン。

彼女の単独作品が公開されるほど、今作では存在感を放っていました。

スーサイド・スクワッドの中でも1番自由に生きている彼女。

皆と連携しようなんて考えていませんが、1番純粋な心の持ち主に見えます。

ただただジョーカーが大好きで、彼のためならなんでもできるハーレイ・クイン。

その純粋さが、戦うことを決めたデッド・ショットに影響したのだと思います。

バラバラなチームをまとめていたのは、案外彼女なのかもしれません。

スーサイド・スクワッド(考察レビュー)

スーサイド・スクワッド

そろそろ続編の声が聞こえてきます。

今作のエンドクレジット後に流れたシーン、「 チームを解体しろ 」とブルース・ウェインがウォラーに言いました。

続編となる物語は、今作の「 スーサイド・スクワッド 」の直接的な続編ではないようです。

別の物語として描かれます。

監督はあのジェームズ・ガンです。

マーベル作品で監督を務めた彼が、DC作品をどんなストーリーにしてくれるのでしょうか?

今からとても楽しみです。

ハーレイ・クインやアマンダ・ウォラー、フラッグ大佐などの続投も決定。

さらに魅力的なキャラクターが加わり、ますます期待が膨らみます。

映画は2021年公開予定。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

限定コラムは公式LINEにて配信中

公式ライン

お友達に追加する

 

まとめ 

スーサイド・スクワッド

ヴィランが暴れ回った映画「 スーサイド・スクワッド 」

彼らは、政府の隠蔽工作のために利用されただけでしたが、その存在感は充分にアピールできました。

ハーレイ・クインというキャラクターが誕生したのも、この作品のおかげです。