【 エンドゲーム 】太ったソー役はクリス・ヘムズワース自身が望んだものだった

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

ソー役を演じるクリス・ヘムスワーズは、エンドゲームでの雷神ソーの変化について語っています(varietyインタビュー)

世界興行収入を塗り替えたエンドゲーム

太った雷神ソーの姿をみて、驚いた人も多かったことでしょう。

神様なのに太るんですね(笑)

エンドゲームの衝撃ランキング トップ5入りです。(ぼくのなかで)

まさか、太ったままサノスと戦うとは。これは予想できなかったなあ。

今回は、太った雷神ソーのエピソードを紹介していきます。

リボウスキ・ソー

エンドゲームのメイクアップ、ヘアーメイクにかかった時間は、3時間です。

撮影のたびに、3時間もかかるんですね。

クリス・ヘムスワーズ自身、この3時間を苦痛に感じなかったとのこと。

とはいえ、雷神ソーの上半身スーツは重さが40キロにもなるため、これはさすがに疲れたと言っていましたね。

クリス・ヘムスワーズは、太ったソーをリボウスキ・ソーと呼んでいます。

リボウスキという言葉は、コーエン兄弟のコメディ映画ビッグ・リボウスキからきています。

この映画に登場する主人公は、太ったソーにソックリ。

もともと太ったソーは、本来の痩せたソーに戻る予定でしたが、太ったまま戦うという設定に。

共演者たちは、撮影の合間に太ったソーを抱きしめたりして、からかったそうです。(デブでかわいいから)

楽しそうな撮影風景が頭に浮かんできますね。

 

 

太った原因

ソーは、サノスを倒すことができず、結果として、ヒーローたちが死んでしまいました。

指パッチン後、すぐに弱ったサノスを仕留めましたが、時すでに遅し。

サノスは、インフィニティ・ストーンをすでに破壊していたのでした。(粒子レベルでは存在している)

ソーは、罪悪感を感じていたんだと思います。

自暴自棄になり、引きこもり、酒びたりの生活を続けること5年。(サノスの死から5年

ソーは、激太りした訳ですね。

こんな生活を5年も続けていたら、誰でも太りますよね。

太った雷神

エンドゲーム中盤で、痩せたソーに戻る設定でしたが、太ったままの設定でいくよう働きかけたのは彼自身でした。

彼は、太ったソーの演技を楽しめたと語っています。

まとめ

残念なことに、クリス・ヘムズワースは、ソー役を引退します。

とはいえ、今後、登場する可能性は高いのでは?

なぜなら、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに同行しているからですね。

激太りソー vs サノスのバトルは、見応えありましたね。

動けるデブってやつです。