マーベル映画『X-MEN』シリーズはこの順番でみるべし

X-MENシリーズは、MCUよりも複雑でして、頭を整理して見ないと混乱してしまいます。

複雑化している主な理由は、途中で歴史改変が起こっているからですね。

今後、X-MENシリーズがMCUの世界観と合わさると、さらに複雑化することが予想されます。

今のうちに復習しておくといいでしょう。

引き続き、サクッとみていきましょう。

X-MEN ファースト・ジェネレーション

X-Men First Class

公開日

2011年6月11日

上映時間

131分

キャスト

  • マシュー・ヴォーン(監督)
  • ケヴィン・ベーコン
  • マイケル・ファスベンダー
  • ジェームズ・マカヴォイ

予告編

コメント

X-MEN ZEROの不評によって、マグニートーに焦点をあてた作品はボツになりました。

しかし、現代を舞台にするX-MENの時間軸を、過去のX-MEN結成前に戻してストーリーを描く新たな構想が練られます。

舞台は、1960年代のキューバ危機。

人類とミュータントの対立が描かれます。

主な登場人物は、チャールズ(のちのプロフェッサーX)と若き日の青年エリック(のちのマグニートー)

人類とミュータントの共存は不可能と悟ったマグニートーは、人類に牙をむきます。

最終的には、プロフェッサーXとマグニートーは決別。

ポイント

シリーズの時系列としては、X-MEN結成までを描く1番最初の作品

 

 

ウルヴァリン SAMURAI

The Wolverine

公開日

2013年9月13日

上映時間

126分

キャスト

  • ジェームズ・マンゴールド(監督)
  • ヒュー・ジャックマン

予告編

コメント

ウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ2作目でして、舞台は1945年の長崎から始まります。

日本軍により捕虜となっていたウルヴァリン(ローガン)が主人公。

米国のアメコミ映画、娯楽映画を含めて、長崎への原爆投下を直接的に描いたのは、これが初めての作品かと。

この作品は、X-MEN3部作目(ファイナル・ディシジョン)の続編として制作されました。

ウルヴァリンは、暴走したジーン・グレイを殺してしまいます。(ファイナル・ディシジョン)

ジーン・グレイを殺してしまった罪悪感から逃れるため、ウルヴァリンは世間から逃げるような生活を始めたのでした。

ポイント

ファイナル・ディシジョンの続編

X-MEN フューチャー&パスト 

X-Men Days of Future Past

公開日

2014年5月30日

上映時間

131分

キャスト

  • ブライアン・シンガー(監督)
  • ヒュー・ジャックマン
  • ハル・ベリー
  • アンナ・パキン
  • エレン・ペイジ
  • ニコラス・ホルト
  • ピーター・ディンクレイジ
  • イアン・マッケラン
  • パトリック・スチュワート
  • ジェームズ・マカヴォイ
  • マイケル・ファスベンダー
  • ジェニファー・ローレンス

予告編

コメント

ここにきてブライアン・シンガー監督が電撃復帰。

1973年の過去と2023年の未来が、目まぐるしく交差する頭が疲れる映画になっていますね。

ミュータント殲滅のために作られたロボット・センチネル軍団に、人間とミュータントは、滅亡の危機に追いやられます。

ここでの滅亡の危機とは、X-MENの未来の話です。

人類とミュータントを救うには、センチネルが開発された過去を消し去るしかないということで、1970年代にウルヴァリンの意識が送り込まれます。

ポイント
  • ファイナル・ディシジョンとファースト・ジェネレーションのそれぞれの続編
  • 時系列としては、ファイナル・ディシジョンの数年後の未来