さあ、映画ライターになろう

Disney+ (ディズニープラス) 映画「 ローン・レンジャー 」ネタバレ感想レビュー、ゴールデンラズベリー賞作品

ローン・レンジャー

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@Yoko)さんからの投稿レビューです。

ジョニー・デップ、アーミー・ハマーがそれぞれトントとローンレンジャー を演じた西部劇の友情ストーリー。

2013年に公開された作品ですが、この頃は、ジョニー・デップの方がアーミー・ハマーよりも人気だったのかもしれません。

今ではその人気も逆転してしまっているような気もしますが、トントとローンレンジャーの少し変わった友情を楽しむことができます。

それでは「ローン・レンジャー 」のレビューをどうぞ!

▶︎ 映画ライター投稿記事(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

The Lone Rangerローン・レンジャー

公開日

201382

上映時間

149

キャスト

  • ゴア・ヴァービンスキー(監督)
  • アーミー・ハマー
  • ジョニー・デップ
  • ルース・ウィルソン
  • ヘレナ・ボナム=カーター

予告編

公式サイト

ローン・レンジャー

ネタバレ・感想レビュー 

ローン・レンジャー

好きだった点

実は人気テレビシリーズのリメイクだった「 ローンレンジャー

TVシリーズは1949年~1950年代にかけて放送されたので、今の若者はもちろん知りません。

よって、リメイクというよりは、新たな作品として観賞した人も多かったはずです。

私も初めて今作で「ローンレンジャー 」を見たのですが、個人的には面白いと感じました。

笑えるようで笑えないジョークの連続。

そしてジョニー・デップ。

話題が尽きないジョニー・デップですが、不思議なキャラクターを演じさせたら彼の右に出る役者はいないかと。

ジョニー・デップは、今作の演技で彼の持つ魅力を出し切っていました。

真面目だけれど、それがおかしくて、ちょっと抜けているトント。

そんなトントは、ジョニーのハマリ役の1つなような気がしました。

嫌いだった点

上映時間が149分ですが、ちょっと長い。

何回かある物語のポイントまでが長くて、間延びしたような感じがしてしまいました。

私はトントとローンレンジャー 2人のジョークが好きでしたが、この手のジョークが合わない人もいるかもしれません。

見どころ

西部劇好きなら一目でわかるモニュメントバレーが、何度も登場します。

時代設定は1869年でして、当時を描いた西部劇のように、西部の広大な大地を堪能できます。

テキサスの町、鉄道の様子など、しっかり当時が再現されています。

その分、製作費がかさんでしまったのでしょうが、西部開拓時代にタイムスリップできる作品になっています。

考察・疑問点

製作費が21800万ドルもかかっていますので、数億ドルの赤字作品になってしまい、興業的に失敗。

ゴールデンラズベリー賞5部門でノミネート、最低リメイク賞を受賞してしまっています。

ディズニー作品+パイレーツ・オブ・カリビアンの監督&ジョニー・デップ作品ということで、観客の期待値が上がり過ぎたのかもしれません。

▶︎ パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ(まとめ)

Youtubeチャンネル

今年からYoutubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 映画グッズの通販情報
  • お得な割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

まとめ 

ローン・レンジャー

興行的にはイマイチな「 ローンレンジャー  」ですが、私は面白いと思いました。

ジョニー・デップが演じたトントは、彼の魅力がつまっています。

↓ ↓ ↓ ↓

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。