【 ディズニープラス 】「 フローラとユリシーズ 」考察レビュー、子役のマチルダ・ローラーに注目

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@けんけん@エンタメ・書籍専門要約ライター)さんからの投稿レビューです。

平凡なリスがスーパーヒーローになって正義のために戦うというヒーローアクションと思いきや、ハートウォーミングなファミリーコメディでした。

スーパーリスが悪いやつらをバッタバッタとなぎ倒すシーンは全くありません。

ヒーローは僕らの心の中にいると思えるとホッコリするドラマ。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

フローラとユリシーズ (作品情報)

フローラとユリシーズ

©フローラとユリシーズ

公開日

202131

原題

Flora & Ulysses 

上映時間

95

キャスト

  • レナ・カーン(監督)
  • マチルダ・ローラー
  • アリソン・ハニガン
  • ベン・シュワルツ
  • ベンジャミン・エヴァン・エインズワース

予告編

公式サイト

フローラとユリシーズ

作品評価

五つ星
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

 

フローラとユリシーズ (感想レビュー) 

フローラとユリシーズ

©フローラとユリシーズ

物語はフローラがコミックショップの中古本を売りに出すシーンから始まります。

10歳と言えば、ヒーローは現実には存在しないと分かる年頃です。

ヒーローを夢見ることはやめて、現実的になろうと決意するフローラ。

ジョージ(フローラの父)は漫画家でしたが、今は落ち目になり、家電量販店で働いている。

フィリス(フローラの母)はロマンス小説家でして、別居して以来、小説が書けなくなっている。

ヒーローにはなれないと自覚した後は、現実的になれる職業に憧れます。

小説家も漫画家も憧れの職業ですが、夢を叶えてもそれを維持していくのは厳しい。

夢見がちな10歳のはずなのに、フローラはすっかり現実的というより悲観的になって「 期待するな観察しろ 」という言葉を自分に言い聞かせています。

これマインドフルネスとか禅などの教えです。

10歳で悟りとは達観しすぎだと思います。

本当は夢見る気持ちはまだあって、コミックのヒーローたちの幻がウロウロしています。

ひょんなところからリスがスーパーヒーローになってしまい、そこからフローラと家族の運命が変わっていきます。

嫌いだった点

ヒーロー、家族の再生の物語と言うと、それがメインのように感じますが、内容のほとんどはドタバタコメディと言っていいでしょう。

父からのアメコミの刷り込みで、ヒーローには絶対使命があると。

フローラはユリシーズの使命を探すことを決心する。

ユリシーズが特殊能力があるリスであるのは間違いないのですが、スパーヒーローで使命があるというのは、あくまでフローラの思い込み。

ユリシーズはリスとして本能のままに生きているだけ。

なので最初の頃はユリシーズの本能と、世間のものさしが合わずにやることなすこと裏目に。

悪気はないのに、気がついたら世間から追われる立場に。

コメディなんだけど、追い詰められていく様は「 ランボー 」の第1作や、「 テルマ&ルイーズ 」「 アウトサイダー 」、

あるいは「 キングコング 」「 フランケンシュタイン 」のように、図らずもお尋ね者になるパターンで追い詰められいきます。

なんとも気の毒なユリシーズですが、ドタバタしてるうちに最終的には丸く収まる感じです。

見どころ

スーパーリス・ユリシーズのCG。

CGなのを忘れてしまうほどナチュラルでした。

日本でも動物が登場するドラマもあるのですが、いかにも作り物で残念な感じなのは否めません。

その点、ディズニーはマーベルの「 ガーディアンオブギャラクシー 」のアライグマ・キャラ「 ロケット 」のCGもナチュラルで違和感がありませんでした。

マーベルの技術が今作にも活かされています。

マーベルコミックスの世界観と、CG技術があってこその作品ですね。

前回のディズニープラスのオリジナルは「 フェアリーゴッドマザー

シンデレラの魔法使いの妖精が、夢見ることを忘れた中年女性と家族に奇跡を起こす物語でした。

今作の続編があるのならば、本格的に敵と戦うスーパーヒーロー・ユリシーズの活躍を見たいなと思いました。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

フローラとユリシーズ

©IMDb

スパイダーマンX-MENが実写化されて以来、すっかりマーベルヒーローが日本にも定着して、マーベル世代として育った人も多いでしょう。

そんな人に捧げる物語です。

大人になっても、やっぱり夢は手放したくないですね。