映画ライフ楽しんでますか?

「 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 」考察レビュー

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@柏原ヒロキさんからの投稿レビューです。

ハリー・ポッター 」に登場する魔法学校ホグワーツの教科書「 幻の動物とその生息地 」の著者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーを主人公に据えたシリーズ第3弾。

魔法界と人間界の支配を企む闇の魔法使い・グリンデルバルドが、遂に今作から本格始動!

それを止められるのは、最強の魔法使い・ダンブルドアが率いる変わり者たちによる極秘チームだった。

このレビューでは今作の面白さの秘密に迫ります。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
©︎ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

公開日

2022年4月8日

原題

Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore

上映時間

143分

キャスト

  • デビッド・イェーツ(監督)
  • エディ・レッドメイン
  • ジュード・ロウ
  • マッツ・ミケルセン
  • アリソン・スドル
  • ダン・フォグラー
  • エズラ・ミラー

予告編

公式サイト

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
©︎ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

映画「 ファンタスティック・ビースト 」シリーズは、全5部作まで計画されています。

前作「 黒い魔法使いの誕生 」では、本シリーズの悪役であるグリンデルバルドが、本格的に表舞台に現れたシーンで幕を閉じました。

その時点でファンタビシリーズは、今作が最終作になる予定だったそうです。

私もそのつもりでしたので今作「 ダンブルドアの秘密 」が全5部作の中での3作目という位置づけになったことを知り、

本格的な悪役との対決描写は、少なくスケールの小さいストーリーになるのだと考えていました。

しかし、いざ鑑賞すると最終作といって差し支えない程、直接的なグリンデルバルドとダンブルドアの対決描写があります。

前2作から提示されてきたクリーデンスとダンブルドアの関係の「 謎 」や、不死鳥の「 伏線 」も明らかとなります。

今作でグリンデルバルドは「 とある方法 」で悪役であるにも関わらず、公的に処罰されない権利を得ます。

魔法省も迂闊に手を出せない厄介な敵となりました。

だからこそダンブルドアは、魔法動物学者ニュートや非魔法族のジェイコブなど、魔法界では変わり者と呼ばれる人を集め極秘チームを結成します。

極秘チームという設定からも分かる通り今作は、「 ある大きな陰謀 」をパワーではなく「 とんち 」で未然に阻止するという、スパイ映画の様な構造を持っています。

そのプロセスに各キャラクターの個性が光る演出や、魔法動物たちの活躍もしっかりとあり、鑑賞中は楽しく上手い脚本だなと感じました。

まとめ

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
©︎ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

今作のサブタイトル「 ダンブルドアの秘密 」が語られる場面。

主人公ニュートのセリフに注目してみてください。

鑑賞後にその場面からの展開とラストを思い返してほしいです。

実は今作は「 罪と赦し 」を描いた希望的なメッセージ性を含んだ作品なのだと気付かされます。




ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる